癒し系の男とは「極寒の日の帰宅後のココア」である

SPONSORED LINK

 

こんにちは、ハルです。

先日、「癒し系になるにはどうしたらいいっすか?」という質問を後輩からもらったので、「癒し系」について考えてみました。

 

「癒し系」ってポジティブな言葉ですよね。

でも、かなり感覚的でわかりにくいもんです。

「癒し系」になれば「あの好きな子から好かれるかな…」とか、「一緒に楽しい時間を過ごせるかな…」といった想像を、男であればついつい胸と◯◯◯が膨らんだりするもんです。

そこで、今回は具体的に「癒し系」とはどういった男なのかをまとめたので、説明していきます。

 

この記事は、こんな人のための記事です

  • 好きな人に振り向いてもらいたいと思っている人
  • LINEの連絡が続かない、返事がなくて悩んでいる人
  • モテる男になって認められたい、自信をつけたいと思っている人

 

 

1. 「相手のために優しいことをする」だけでは、「癒し系」としては不十分

例えば、あなたが好きな「S子」という女性から「ごはん作ってあげるよー」と言われたとしましょう。きっと大喜びで来てもらうでしょう。

S子が家に到着し、ごはんを作り始めます。「一品ずつ出していくからドンドン食べてねー!」と言ってくれています。 お腹が空いているあなたは「やったー!うまそう!S子最高だわ!」と食べ始めます。

「ドンドン作るからねー!」

料理がドンドン運ばれてきて、あなたのお腹が満たされていきます。

そして、あなたの「お腹いっぱい!おいしかったー!」という言葉を聞いてS子は不機嫌な顔をしていながらこう言います。

「もっと食べてよ!作るのが大好きなの!!」というS子。

しかし、お腹はいっぱい……もう食べられません。

求めていないのに、与え続けられても苦しいだけです。

S子は「癒し系」とは言えませんよね。

 

 

2. 「あらかじめ準備しておいて、相手が求めてきたときに対応できること」こそが、癒し系の極意

先ほどの例は、極端だったかもしれませんが、気づかない間に「良かれと思って」相手に与えすぎてしまっていることがよくあるので注意しないとマズイです。

 

 

「相手が何を求めているか」をよく見て準備することが大切

猛暑の中、家まで来てくれた相手に対してアツアツの緑茶を出さないですよね?そんなの拷問です。笑

相手のことを考えたらきっと、冷えた麦茶を入れて「これ飲みな!」と渡すはずです。

極寒の凍てつく日。

仕事帰りで手足が氷のように冷たくなっている彼女を駅まで迎えに行った時に何を渡したら喜ぶでしょうか。

ココアとか温かい飲み物を渡しませんか?

「癒し系」とは、あらかじめ準備しておいて求められたら対応できる人のことです。

 

 

 

SPONSORED LINK


 

終わりに

1. 「相手のために優しいことをする」だけでは、癒し系としては不十分

2. 「あらかじめ準備しておいて、相手が求めてきたときに対応できること」こそが、モテる癒し系の極意

「やってあげてるよ〜。俺といたら癒されるでしょ〜。」という自分本位な態度をとるのではなく、相手が「ほしい!ほしい!」と求めてきた時に「いいよー」と包み込む余裕のある態度に「癒やし」を感じるはずです。ぜひ「癒しの力」を手に入れてくださいね。

 

▼基本的にTwitterにいます

ハル(@harumizuki423

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター