言葉は、大航海の旅の最大の相棒だ。『「言葉にできる」は武器になる』の感想

SPONSORED LINK

 

こんにちは、ハル(@harumizuki423)です。

今の時代は、会話以外にもLINEやSNSで自分の思いを伝えるシチュエーションがすごく多いですよね。

 

あなたはこんなふうに悩んでいませんか?

  • どうすればSNSでリアクションをもっともらえるようになるの?
  • プレゼンで人の心を動かすにはどうしたらいいの?
  • 好きな人に大好きな気持ちを伝えるにはどうしたらいいの?

「自分の言いたいことが言葉にならない!」と悔しい思い、歯がゆさを感じているのではないでしょうか。

ぼくは、新しいことに挑戦したいと思っている大学生や挑戦者を応援するために活動しています。こういった悩みを抱えている方が少なくなってほしいと思い、この記事を書くことにしました。

 

 

言葉は、大航海の旅の最大の相棒だ。

コピーライター梅田悟司さんの著書『「言葉にできる」は武器になる』を読みました。

 (電通報HPより)上智大学大学院 理工学研究科修了。広告制作の傍ら、製品開発、雑誌連載、アーティストへの楽曲提供など幅広く活動。カンヌライオンズ、グッドデザイン賞、観光庁長官表彰など国内外30以上の賞を受ける。著書に『企画者は3度たくらむ』(日本経済新聞出版社)など。メディア出演歴に、NHKおはよう日本、TBSひるおび!、Yahoo!トップなど。CM総合研究所が選ぶコピーライターランキングトップ10に2014年/2015年連続選出。横浜市立大学国際都市学系客員研究員。

※BOSSの「世界は誰かの仕事でできている。」も梅田さんがコピーライトしたものです。「仕事は感謝感動を生むもの」という考えをもっているぼくはこのコピーに深く共感しています。

 

 

本の内容を少しまとめてみました

自分の意見や感想を頭の中で「なんとなく」思っている状態で会話を始めたり、文章を書いていませんか??

「自分の考えだから自分で理解できてるよ〜」って思いがちなんですけど、言葉にでてこないっていうことは残念ながらあなたは自分の考えを十分に理解できていません。

 

自分の考えを理解するためには、自分の「内なる言葉」に向き合うことが必要になります。

向き合うための質問は…

  • なんで?
  • それで?
  • 本当に?

3つになります。

頭の中で考えているとゴチャゴチャしてくるので、A4の紙に書き出しましょう

 

考えを書き出したA4用紙を見ると、

  • 何かをしたい理由
  • その行動を通じて得たいこと
  • 常識や建前ではない本当に行動したい動機

が整理されていきます。

 

これまでのプロセスで考えが整理されるので、深い意見を相手に伝えることができるようになります

 

 

 

SPONSORED LINK


 

思いが伝わる会話や文章は、テクニック的なものではなく「内なる言葉」を増幅させることで溢れ出てくる

「言葉にできないのは、言葉にできるほど考えられていないということ。」

「言葉が意見を伝える道具であれば、まず意見を育てる必要がある。」

と、梅田さんが言っています。

「意見を育てる」というプロセスが抜け落ちてしまっていると、どこかから借りてきた言葉や文章を当てはめてしまいがち。

ぼくも、3年7ヶ月間、役所で広報PRの仕事をしていて、SNSに記事を投稿していたんですね。投稿した記事のリアクションに一喜一憂…。

テクニック的なことを増やそうと相当な量のノウハウ本とネット記事を読み漁りました。

これまでのライティングの経験を元にブログ記事を書いたり、Twitterでツイートしたりしてきましたが、「なんかうまく伝わらないなぁ…」と違和感をずっと抱えていました。

トライアンドエラーを繰り返していると、本当の課題はテクニック的な言い回しではなく「いかに自分と向き合いきるか」だということの大切さに気づきました。

伝えたい相手に言葉や文章を届ける前に、自分の考えを心から理解する習慣をつけることで、自分自身が本当にやりたいことはなんなのか、周囲に流されない生き方ができるのではないでしょうか。

人生をかけて成し遂げたいことや、強い志を持っている人は、自然と人の心を動かしていくので次々と仲間が集まっていきます。ワンピースの麦わらのルフィがまさにそんなイメージですね。

言葉の伝え方次第で可能性は無限に広がる。

そう思えると、ワクワクしてきませんか?

 

 

▼基本Twitterにいます

ハル(@harumizuki423

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター