35歳、2児の父、公務員歴14年で退職したHARUって何者?【詳細プロフィール】

SPONSORED LINK

 

ハル
はじめまして。HARU(@harumizuki423)といいます。1982年生まれの奈良県出身、大阪在住。35歳2児の父。14年勤務した公務員を退職し、2018年4月からフリーランスになりました。

 

こういう風に自己紹介しだすと、

「なんで公務員をやめたの??」

「辞めてこれから何するの??」

と思う人もいるかもしれません。

というか、めちゃくちゃ聞かれます!

 

ハル
それも含めて、ぼくのこれまでの半生をダイジェストで紹介しながら説明します。

 

 

***

Contents

少年ジャンプとファミコンに没頭し、ドキドキ!ワクワク!の日々を送っていた小学生時代

毎週月曜日は学校が終わったら『少年ジャンプ』を買いに猛ダッシュ!!

そして、寝食を忘れるほどむさぼりながら読む!!

そんな小学生でした。

 

「晩御飯できたで〜!!」

 

漫画を読んでいる時に母がそう呼んでくる声も聞こえません。

知らず知らずのうちに何回か無視してしまい、鬼ギレされて事態に気づくわけです。

 

てか、少年ジャンプの1990年代の黄金期のラインナップがヤバすぎるんですよ。

  • ドラゴンボール
  • 幽☆遊☆白書
  • ダイの大冒険
  • まじかるタルるーとくん
  • スラムダンク

 

ね?

名作だらけだから、没頭するのは無理もないでしょ??

 

あと、これにもハマりました。当時はファミコン!

魔王を倒すために勇者が冒険しながら成長していくロールプレイングゲーム「ドラゴンクエスト」にハマりました。しかも、次から次に新しいシリーズが発売されるので時間がいくらあっても足りません。

 

 

だから寝ずに漫画とゲームに没頭していました。(笑)

 

 

頭の中は、漫画とゲームでいっぱい。

この頃は、なんの悩みも無い最高の日々を過ごしていました。

 

そんなぼくでしたが、小学校4年生から『スラムダンク』の影響を受けてバスケットボールを始めます。

初恋の子もバスケが好きな子だったので、「もっとバスケがうまくなってカッコいいところを見せられたら好きになってもらえるかも!」と思っていたり。

この気持ちはまさに、スラムダンクの主人公の桜木花道のようで、めっちゃ共感してました。

 

バスケットゴールがある学校の校庭でしかバスケができませんでしたが、

  • 朝、授業が始まる前
  • 給食を5分で食べ終えた後の昼休み時間
  • 放課後

平日は毎日楽しんでいました。

 

「休みの日もシュートの練習がしたい!」と父親に頼み、家の柱にゴールを付けてもらいました。

 

残念ながら初恋の子は、小学校6年生の2学期頃に転校してしまいました。

初恋終了。

 

しかし、その後も毎日練習していたので、我ながら将来はNBAでバスケットボール選手になれると思えるくらいにうまくなってました。

漫画やゲームは子どもの夢を支えるエンジンのようなもの。

人生を豊かにする大切なエンターテイメントだと思いませんか??

 

 

中学校でバスケットボールを続けようと思っていたけど、クソ顧問とケンカして3日で退部

顧問「お前のシュートの打ち方はアカン!!」

ぼく「うるさいねん、入ればええやろ。」

顧問「アカン!もっとスナップをきかせて投げなアカンのや!」

ぼく「関係ないて!好きにさせろや、うるさいねん。」

顧問「なんやその口の利き方は!!!!」

ぼく「やかましいはお前の声やろ!おもろくないから辞めるわ!」

 

バスケットボール選手を目指していましたが、その夢が絶たれた瞬間。

学校の先生の中には対等に接してくれる先生もいましたが、上から目線な先生もいます。

 

先生の3人に2人は、

  • 「これせえ!」
  • 「これしたらアカン!」

って「強制」「禁止」をガンガンしかけてきました。

 

やりたくないのにやらないといけない。

やりたいのにやっちゃいけない。

 

子どもの没頭(自主性)を破壊してしまう原因です。 

子どもに限らず、大人でも没頭できなくないですか??

 

社会人になっても上司に強制禁止を繰り返されることもありますが、それが行き過ぎると、

「やってらない、全部指示出せよ」

「勝手にやったらゴチャゴチャ言ってくる」

「うっとうしいから自分から何もしないほうが良い」

こんな風に反発したり、コミュニケーションとりたくないって思っちゃうことないですか??

 

 

大人への反抗心からロックの道へ

黒夢 / Like @ Angel

 

LUNA SEA / ROSIER

 

ロックバンドも黄金期。

他にも、

  • L’Arc~en~Ciel
  • X JAPAN
  • SIAM SHADE

 

これまた没頭しないわけがないですね。

バスケ部を辞めた後、同級生のユウキから「暇ならギター、一緒にやろう!」と声をかけてもらい、ギターを弾いてみるも、あまりの難しさにイライラ……続かず断念し、ギターは部屋のオブジェと化します。

それを見たユウキが「お前指長いからベースやれば?バンドやりたいからベース弾いて!この曲のベースかっこいいから聴いてみて!」と言ってきたのです。

 

それがこちらの曲

Lies and Truth  / L’Arc〜en〜Ciel

冒頭のサビ終わった後のベースを聞いたぼくは、、、

 

「かっけぇ!!!!」

 

それは、まるで「ドラゴンボールZで悟空が犠牲になりながらもサイヤ人のラディッツを貫いたピッコロの必殺技の魔貫光殺砲」のようにぼくの胸を貫いたのです。

 

すぐにベースを買ってもらえなかったので、仕方なくギターでベースの練習をしました。

毎日努力しながら訴えた結果、中学2年生の時にベースを買ってもらい、寝食を忘れるほどに弾きまくる毎日を送ります。

 

リズム感だけはあったようでドンドンうまくなっていきました。

当時弾いていたのと同じ形のL'Arc~en~Cielのtetsuモデル

当時弾いていたのと同じ形のL’Arc~en~Cielのtetsuモデル

 

この頃には、漫画もゲームもやめて完全に音楽に取り憑かれている状態。

しかし、そんなぼくにボスがやってきました。

 

 

高校受験

 

 

中学2年生の3学期時点で、ぼくの成績は崩壊していました。

五段階評価で3すらろくにない。ほぼ2。

学校の先生の授業がおもしろくなかった…。(というせいにしておこうと思います)

 

 

学校は、友達と「ダウンダウンのごっつええ感じ」のネタをやって大笑いするだけの場所

面談で担任の先生から、ぼくの壊滅的な成績を聞いた母が、ぼくの部屋に入り話かけてきました。

 

母「お前塾に行かな、高校も行かれへんやないか」

ぼく「塾??俺が??」

母「家の近くにあるから。悪いこと言わんから。な?」

ぼく「(究極的におもろくなさそうやけど…みんな高校行くしなぁ。)わかった」

 

 

奥田民生似の個人塾の先生のおかげでなんとか成績は向上し、無事に高校進学

いつも寝ぐせがあり、常にカレーの匂いがする先生でした。

教え方がうまくて眠くならない。

ぼくの壊滅的な成績はなんとか持ち直しました。

 

「とりあえずこれで高校行ける」

とひと安心。

 

ユウキたちとのバンド練習の日のことでした。

ベースを担いで早く家を出て練習に向かいたい…。

でも、母親に見つかるとキレられる…。

母親がトイレに入っている時に出ていこうと判断し、チャンスを待ちます…。

ガチャ…パタン。

 

「今や!!」

 

家を飛び出て自転車に乗り込むことに成功!

それから自転車を走らせて5分のメンバーの家へ。

しかし、どうやってその場所を嗅ぎつけたのかわかりませんが、練習中に母親から電話が入りました。

 

 

電話を取ると…

「ンいqjさfほ:ljdfglsz;:kgjwr@ぽgじょいあlrwghj:あljkdgs:↑ljdgfぽsd↓kgfsdz「p;sdっfdさfdさ!!!!!!!!!!」

 

 

予想通り鬼ギレ状態。

 

 

受話器を取った時から、母が何を言っているのか全くわかりませんでしたが、とりあえず家に帰ってこいということは理解しました。

 

帰ってから話を聞くと、

「受験まで後もう少しなんだから我慢して勉強や!!」と言われました。

ぼくは「なんで好きなことをこんなに我慢してまで受験しないといけないのか?」という疑問が消えませんでした。とりあえず「言うこと聞いてる姿勢」だけは見せていました。

高校に無事進学してからは、軽音楽部に入りました。

顧問の先生は生徒の自主性を尊重してくれる先生で、良い環境の中で3年間部活を続けられました。

部活や地元のバンド活動でライブをしている時、ベースを弾くことでお客さんを楽しませることができることに生きがいを感じていました。

 

 

が!!!

そんなぼくが高校2年生になった時、裏BOSSの登場です。

ドラクエⅢの、魔王バラモスの後の大魔王ゾーマがいることがわかった気持ちに似ていました。

 

 

大学受験。

またかよ…。

 

 

二度の大学受験に失敗し、暗闇の中をさまよった浪人・専門学校時代

高校の附属的な大学には、行きたい学部が無かったので進学を希望せず。

「文系で一番カッコいいのは法学部…弁護士カッコええやん…!!」という超単細胞的な動機から法学部を目指しました。

受かってめっちゃ勉強したらどないかなるやろと思って現役で受験にのぞみました。

 

そんなバカは当然、現役時代に大学受験全部落ちるわけです。

 

その日の夜、家族会議が開かれました。

「一年予備校に行って勉強して、また来年受けたらええやんか、な?」と母。

そうして、予備校に通って浪人生活が開始。

そして、勉強して受験した結果…!

 

 

浪人しても大学に全て落ちるわけです。

 

 

家の中の雰囲気の暗いことこの上無し。

 

まるでお通夜。

 

ぼくはバカだから東京で音楽やるか、手に職つけるなら美容師になりたいと思うようになりました。それを親に相談したところ、

 

両親が重い口を開き…

「それでメシが食えるんか?公務員の専門学校なら行ってええぞ、他はアカン。」

と言いました。

 

予備校で唯一の友人のカズアキも希望の大学に全て落ち、進路をどうするか迷子状態。そのカズアキに「大阪の梅田の近くの大阪法律専門学校に見学しに行くんやけど」と言ったら、「お前そこに行くなら、俺も行くわ!」と即答。

 

 

このバカなテンションのカズアキがいるのが救いでした。

 

 

これで公務員になれなかったらもう家を出て働くしかない。。。

 

 

 

ある日、カズアキから「服買いに行くから付いてきてくれ」と言われ、大阪の難波・心斎橋に行った時に、高確率で黒いスーツの人が話しかけてきてこう言いました。

「お兄さん、うちで働きません??」と話しかけてきたのです。

 

ホストの勧誘でした。

 

この時、「こんな価値無しの自分でもニーズがあるのか?」と開き直り、「公務員試験に全部落ちたらホストになって、美容師になるために学校にいく学費を貯める!」と決意。

開き直ったぼくは、毎日朝は8時から夜は10時まで勉強。

学生時代で一番勉強した2年間だと言えます。

そして、力を振り絞って公務員試験を受験したところ……

見事、希望の役所に合格したのです!

 

 

社会の崖っぷちにいたクソガキが世の中の「安定のレール」に乗った

採用後は、経理を3年、道路管理と苦情を聞くのに3年、精神保健福祉業務での相談・現場対応兼自殺対策の業務で4年間。

 

特に精神保健福祉と自殺対策を担当していた部署では、分野が精神保健ということもあり、人間のしんどい部分と向き合う仕事をしました。道路管理と合わせて7年間ほど苦情や相談電話を聞き続け、それまで仕事で没頭できたことはありませんでした。見た目も中身も異端児なバカだったのですが、ついにぼくは天職に出会います。

 

役所に入って10年勤務し、初めて人事異動の希望が叶い、31歳の時から約3年間7ヶ月の間、県のPR業務の担当になったのです。

この部署は法律の縛りもなく、役所の中でも特に自由な職場でした。

 

 

睡眠や食事以外のほとんどの時間は広報PRを学び、実践していたと言っても過言ではなかった

学んだことはA4の紙にまとめてファイリング

その姿はまるで、トイレに行きたくても我慢しながら「ドラクエ」をやり続ける小学生のようでした。

 

▼担当していた主な業務内容

  • 地域活動をしている住民のミニドキュメンタリー番組の制作
  • SNSへの投稿(Twitter・Facebeook)
  • イベントや政策のPR記事をホームページへに記事を書く

 

 

▼情報を伝えるために身につけた主なスキル

  • ドキュメンタリーのストーリー構成
  • 記事のライティング
  • 写真・動画の撮影と編集

 

 

▼休みの日もひたすら独学とセミナーでスキルアップ

  • フリーランスのパイオニアの安藤美冬さん(@andomifuyu)と、ライターの塩谷舞さん(@ciotan
  • お笑い芸人であり絵本作家のキングコング西野さん(@nishinoakihiro
  • ブロガー・作家のはあちゅうさん(@ha_chu

 

著書や、ネットのインタビュー記事をとにかく読んでは、マインドマップ型でメモしてファイリングし、時間のある時にインプットしてそれを仕事で実践。

とにかくトライアンドエラーを繰り返していました。

 

 

広報PRに注いだ時間は10,000時間超えていた

「10,000時間以上努力すれば、その業界の上位20%の人材になれる」という10,000時間理論があることを後で知りました。

「没頭」こそが全て。

30歳を超えても人は、好きなことに没頭できる。

小学生の時の『少年ジャンプ』とファミコンに没頭していた時以来の気持ちが蘇りました。

人に伝える仕事が、とにかく楽しくてオモロい。

特に「人」を伝えるための究極のPR手段は、ストーリーだと理解しました。

なぜかというと、ドキュメンタリー番組を見終わった時、出演した人のことを好きになっている自分に気づいたからです。

 

ドキュメンタリーTV番組の『情熱大陸』。

この番組は、何ヶ月もかけて密着取材して、出演者の一番良いところをギュギューッと絞り出しています。 医療、ラーメン屋、役者、モデル、歌手……ジャンル問わずおもしろいので、いつも淹れたコーヒーがさめてしまうくらい無言で見入ってしまったり。

「写真と記事」だと、その人の味が出ないこともありますが、「映像」は出演者の人間性の体感度が高いのでめちゃくちゃおもしろい。

 

 

ストーリーを作れる人は、AIやロボットに負けない

人間は、AIには計算速度・処理能力、正確性では勝てません。

じゃあ、何なら負けないでしょう??

 

ぼくは、人間とAIの差は「体温」だと思っていて、具体的にいうと物語(ストーリー)がつくれるのは人だけだと信じています。

なぜこう思えるのかというと、AIはコンピューター、計算機にすぎないからです。それに、「世界初!AIが作ったストーリー」というタイトルの記事を見たとしても興味が湧いてこないんですね。

 

「効率性」を重視するAIに、人のアナログで非効率な感情をうまく表現できるとはとても思えないのです。

 

  • 自分が好きなまちや社会をもっともっと良くしたい
  • 自分が好きなことに挑戦したい

 

そんなふうに思っている人の思いや行動が、それを見た人の心に感謝・感動、応援の気持ちを生みます。

 

 

情熱大陸は、週1回しか放送されないし、出演者は有名人……無名だけどすごい人の存在を伝えたい

ぼくが伝えたいのは、

「無名でもすげぇことをやっている人」です。

 

例えば、奈良県内のある地域で暦野球大会」をはじめたシニアの方がいます。

その方は、経済効果を何千万円と生みだしていますが、世の中に十分に知られていません。大会を開催すると、他のまちからすごい数の選手がやってきて宿泊したりご飯を食べたり、お土産を買うじゃないですか。

「地域にめちゃくちゃ貢献しているのに知られてないってなんなんだろう?もっとこういう人が認められる社会であってほしい!」と思うんです。

PRのノウハウは学校で習わないのでみんな自分のPR方法がわかりません。だからすげぇこと」をやっているのに、PR力が無いだけて埋もれてしまう。

このことに、強い違和感を抱くわけです。

 

 

▼挑戦者にPR力がないために起こる負のサイクル

知られるチャンスが少ないから理解されにくい。

仕事が得られず稼げない。

社会やまちのためにがんばっている起業家やフリーランスが生活できない。

「雇われている方がリスクが少ない」と思った人(大学生含め)が挑戦しにくくなる。

社会やまちが元気にならない。

働き方・生き方に多様性が生まれない。

この流れを断ち切るために、ストーリークリエイターとして活動していこうと決心しました。

 

 

誰もが発信者になれる時代が到来し、やりたいことが35歳にして見つかった

役所の中で勤務できたからこそ、いろんな社会問題があることを理解できました。

社会問題を少しでも解決していきたい…!

社会問題を解決するには、コミュニティ(チーム)が必要です。

 

そこで、ぼくは「ルイーダプロジェクト」を考えました。

 

この「ルイーダ」はドラゴンクエストⅢで出てくる「ルイーダの酒場」からきています。この酒場は「勇者が魔王を倒すために一緒に旅に出る仲間を探す場所」のことです。

リアルな世界でいう「魔王」は「社会問題」。

その社会問題を解決するために立ち上がろうとする挑戦者のネットワーク形成ができていないことと、実際に集まる場所(お店)がないことが課題です。

 

実際にフリーランスとして活動している友人も、地方で起業家やフリーランスと出会えないし、プロジェクトも作れてないと言っています。「ルイーダ」という場所をつくり、多様なメンバーがつながって、まちを元気にするプロジェクトをドンドン生み出していけたらおもしろいじゃないですか。

 

大学生のうちから稼ぐことを学び、組織に属さなくても好きなことを仕事にして生活していけるようになってから就職してほしい気持ちがあります。

 

会社や役所に入っても、上司と部下の上下関係があるからです。

 

上司と対等に意見を言い合うには、「いつ辞めても自分はメシを食っていける」という気持ちがないと、言いたいことも言えずに我慢したり、言いなりになってしまいますから。

 

このプロジェクトを考えたルーツは、ぼく自身が子どもの頃から好きなことに没頭することを受験や就職に阻まれてきたことです。

「安定した企業や役所に入ること」を目指してがんばることが正しい選択という偏った社会の常識が、子どもたちや若者の可能性を小さくしているのです。

 

 

テクノロジーが発達・普及したことにより時代は大きく変わり、AIやロボットがこれからドンドン従来の職業を奪っていきます。

 

「安定した企業や役所」なんてものはもう存在しないのです。

 

こういう多様性重視の時代では、オール3ではなく「自分にはこの武器がある!」と言えるほど、何かに没頭することが必要です。

ぼくは、何かに没頭している人、挑戦している人が好きです。

武器を持ったもの同士で、社会問題に立ち向かいたい。

それに自分が「この人すげぇ!」って思った人のストーリーを発信して、もっと多くの人に伝えたい。その人の魅力が多くの人に伝われば、もっと活動しやすくなると確信しています。

 

 

「ルイーダプロジェクト」を支えるのは地元愛だから、ぼく一人では絶対にできない

ぼくは奈良出身で、高校から大阪の学校に通っていました。

35歳の今まで奈良と大阪の一部のエリア以外で生活したことがありません。

そんなぼくが「東北や北陸地方を元気にしたい!」と心から思えるかというと、正直そうは思えません。

でも、奈良や大阪、関西は確実に元気にしたい。

ぼくがこんなふうに思うように、「東北や北陸、九州を元気にしたい!」と思っている人がいるはずだと思い、Twitterでこんなアンケートをとってみました。

全国でこの「ルイーダプロジェクト」を展開することができれば、日本全体が元気になっていくはずだと信じています。

「ルイーダ」同士を「ルーラ」したいし、そこでいろんな人と出会えれば最高です。ワクワクしてきます

※ルーラ・・・ドラクエの魔法。地点ごとのある場所に移動することができる。

 

SPONSORED LINK


 

 

フリーランスになっての大きな挑戦、著書『グッバイ公務員』の書籍化のためのクラウドファンディングを達成!

学生時代〜公務員退職後までを綴った『グッバイ公務員』の書籍化プロジェクトを6/23〜7/31までの38日間実施したところ、115人から609,806円の支援を獲得することができました!!

 

▼クラウドファンディングに挑戦したいあなたへのオススメ記事

関連記事:初のクラウドファンディングを達成できた理由

 

この挑戦により、出版社も決定!!

現在、リターンと、出版準備をおこなっているところです。

 

ハル
長い記事になりましたが、読んでくれてありがとうございます。ぼくはこれからストーリークリエイターの活動をおこないながら、いつか「ルイーダプロジェクト」を実現し、誰もが挑戦でき、主人公となれるようにしていきたいなと思っています。気軽にDMなどいただければ嬉しいです。

 

 

このブログのテーマはこの大きく分けて次の3つ

  1. 公務員
  2. ドキュメンタリー・ストーリー作品
  3. 自己啓発(メンター、アクティブ・ラーニング)

 

自分の人生ストーリーの発信の仕方がわからないという人、

自分を客観視できず目標設定や課題整理が難しい人、

ストーリークリエイターになりたい人、

成長意欲があり、会社を辞めて好きなことで生きていきたい人、

好きなことでどう稼いでいけばいいのかわからない人、

 

そんなふうに思っている人に向けて記事を書いていくので、よろしくおねがいします!

 

 

仕事依頼はこちらからどうぞ

関連記事:記事・映像制作の仕事依頼、発信方法で悩んでいませんか?

 

 

▼SNSでも発信しています!!

HARUのTwitter

HARUのInstagram

毎日配信しているYouTubeチャンネル「日刊ハルハルハ」

 

 

▼「公務員ってどんな仕事?どんな業界?」などの興味がある方へ

HARUの学生時代〜公務員時代〜退職までの軌跡『グッバイ公務員』

「いつか誰かが」ではなく「今自分たちが!」古都・奈良の公務員 高松明弘

 

 

▼あなたのビジネス、PRを応援する月刊マガジンもぜひ!!

『月刊ハルハルハ』最強のコンテンツは、”人生”だ—。 

▼HARUの仕事一覧はこちら

記事・映像制作の仕事依頼や発信方法で悩んでいませんか?

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター