自伝51話分の印刷会社用の原稿データはどう準備する?『グッバイ公務員』書籍化へ

SPONSORED LINK

 

ハル(@harumizuki423)です。

ぼくは18日間ほぼ寝ずに自伝を書いたことがあるんですが、あなたは自伝や小説を書いたことありますか?この記事を読んでいるということは、書籍化するために準備されているのかもしれません。

 

実はこのたび、10歳から35歳までの学生時代と公務員時代のことを綴った『グッバイ公務員』のストーリーを書籍化したい。「本を出したい!」という「中学1年生の夏休み明けの2学期」のような心境のため、昨日の朝にこんなツイートをしました。

 

その後、しくじり/ジャーナリスト地蔵のとしえもんさん(@hanari_inc)をはじめ、多くの方に応援リツイートしていただきました。 印刷会社用に原稿データを用意したことないぼくからすると、激弱ひよこジャンル(ピヨピヨ)ですから。みなさんの応援ありがたいっす…!

 

 

その後、於ありささん(@okiarichan27)からリプライが…!

 

Adobeの「インデザイン」!?\(^o^)/??

 

DTP…あぁ!!

県民だよりとか市民だよりを作る時に使うソフトか!(誌面を作る係ではなかったので使ったことない)

 

 

 

SPONSORED LINK


 

ネットで「インデザイン」を検索してみた

AdobeのCreative Cloudっていうのが最新?

これ毎月月額契約するプランのやつや…!

あ、CS6っていう古いバージョンのダウンロード版なら17,000円程であるんか!

と思っていたら…

 

 

印刷会社さんがどのバージョンの「インデザイン」を使ってるかどうかで変わる!

てか、月額で「インデザイン」契約しても普段使わへんしなぁ…とありささんのツイート内容に納得したので、明日印刷会社さんに相談してみようと思いました。

ライターの浜田みかさん(@Mika_Ham1977)も丁寧に教えてくれました😂感謝っす!

 

 

知って、覚えて、行動して、それから考えるという「知覚動考(ともかくうごこう)」という姿勢でやっていきます。考えてたらきり無いっすからね。

今回のような、激弱ヒヨコジャンルの難題がやってきたら、すみませんが助けてください。書籍化マジでやりたいので。ぼくは、PRや動画編集、ライティングなど、違うことの関係でお返しできたらいいなぁと感じました。

人の縁と、Twitter最高っす!

つづく!

 

ハル(@harumizuki423

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター