公務員こそ炎上される者になれ。ホリエモンの『自分のことだけ考える』(感想)

SPONSORED LINK

 

ハル(@harumizuki423)です。

実はぼく、Twitterでプチ炎上(約10,000リツイート)を起こした経験があるんですけど、あなたは炎上を起こしたことはありますか?

 

「炎上」と言えば、お笑い芸人・絵本作家のキングコング西野さんや、ブロガー・作家のはあちゅうさんと、なんと言っても元祖炎上といえば、ホリエモンの愛称で有名な堀江貴文さん。

堀江さんは、以前に「寿司職人が何年も修行するのはバカ」などの発言でも大炎上していましたが、そんな堀江さんの新刊を本屋で見かけたので衝動買いしました。

これです。

「炎上される者になれ!」

強烈なキャッチに見事につかまれました。一般的には「炎上は避けるもの」と考えられているんじゃないでしょうか、見事な常識リバース!

この本を読んで、「炎上」の正しい理解についてお伝えしていきたいと思いました。

 

 

公務員時代に感じていた周囲の「炎上」へのリスク回避感

役所の職員ってFacebook結構やってますけど、Twitterやってないですね。

「Facebookは実名だからまだ炎上しにくいけど、Twitterは危ない」っていう価値観のせいか、自治体でTwitterアカウントが無いところが多いです。

Twitterをやっていない自治体は、大災害時にホームページのサーバーがダウンしたらインターネット上で情報を届けることができなくなります。

(ホームページに載せてるだけじゃどこにあるかわからないし)Twitterがないとリアルタイムで情報を発信できません。報道メディアは地域のことを事細かく伝えてくれません。自治体は自分たちのSNSで住民や他の自治体に被害状況を伝えたり、助けを呼ぶ時代になっています。(が、なっていないのでアップデートが必要)

 

「Twitter=炎上」という「間違った思い込みをしている管理職」が組織内にいると、SNS世代の若手職員がいくら「Twitter必要です!」と言っても、「Twitterはさぁ…炎上するんだろ?ダメよ〜ダメダメ」と言ってハンコを押してもらえないとTwitterアカウントを作ることができません。住んでいる場所によって、SNSで情報を得られない、平等じゃないんです。

あなたが住んでいる自治体は、Twitterやってますか?

普段から双方向コミュニケーションをしているアカウントですか?

一度チェックしておいてください。

 

 

「ポジティブな炎上=議論」という視点が抜け落ちている

炎上には、「おでんツンツン男」や「大型冷蔵庫に入るコンビニ店員」などのネガティブなものもあれば、みんなが知るべきことが広まったり、建設的な議論のきっかけとなるポジティブなものもあります。

堀江さんはこの本で、炎上に対する姿勢について次のように言っています。

 

僕に対する批判は多いが、僕の発言は「社会のために役立つ」という視点から一度もぶれたことはない。(本書より引用)

しっかりとした議論、問題提起になるのなら炎上は大歓迎。だから炎上はコスパが良い。(本書より引用)

 

議論が起こっている時は、参加者が集まるので発信者からすると最高のPRタイム。

役所が政策をおこなっていて、ポジティブな炎上が起きていないのって、参加不在で興味を持たれていない、十分に伝わってないのではないでしょうか。それか、議論になるとめんどくさいから参加してほしくないかです。

 

 

 

SPONSORED LINK


 

炎上されろ=議論の対象になれ

自治体や会社組織の中で働いているヤル気のある職員で、「話題にならないと意味がない」と管理職に新企画や改善を提案ても、役職の立場をつかわれたり、感情論で言い負かされたり、「イマまでどおりでいいんだよぉ〜」と抵抗されて悔しい思いをしている人がいると思います。

組織をアップデートしていかないとマズイ」と意識高く働いているあなたは組織内で少数派であり、評価されるべき人なのですが、「真面目さ」だけで評価される職員もいます。それを見て違和感を感じたり、メンタルがしんどくなることもあるでしょう。

そんなあなたに、自信をもってこの一冊をオススメします。

ストレスが下がります。

 

 

以上、公務員こそ炎上される者になれ。ホリエモンの『自分のことだけ考える』(感想)でした。

 

P.S

公務員の方でこの記事に共感された方は、今すぐTwitter始めてぼくにDMください。

ハル(@harumizuki423

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター