世界に1人しかいないあなたの人間性は詳細プロフィール記事で理解してもらおう

SPONSORED LINK

 

ハル(@harumizuki423)です。

この記事は、

  • SNSのアクティブユーザーとつながりたい
  • 自分自身をPRしていきたいけどどうすればいいかわからない

と悩んでいる人のための記事になります。

 

 

 詳細プロフィールの効果はとんでもなかった

2018年2月16日に投稿した「35歳、2児の父で公務員を辞める「ルイーダ」のハルって何者??【詳細プロフィール】」という記事を書いたことをTwitterに投稿したところ、そのリアクション数がすごいことになっていました。

 

リーチ数には興味はない。大切にしているのはエンゲージメント。

f:id:harumizuki_jpn:20180321151624p:plain

エンゲージメントが約1,400に。

「単に届いているだけ」では意味がなくて、双方向コミュニケーションを重要視しています。

このツイートをみて、

  • ブログの記事を見てみよう
  • 参加したい!
  • 応援したい!
  • めっちゃ共感!

そんな気持ちを引用リツイートやリプライなどで表現してくれていることがすごくうれしいです。ありがとうございます。

 

 

 

 

SPONSORED LINK


 

詳細プロフィール記事を書いてみてわかったこと

詳細プロフィールを書くと、

  • 共通の趣味
  • 価値観
  • 似た体験

などについて濃く書けばかくほど共感のリアクションをいただけました。

このほか、レターポットやDMでの双方向コミュニケーションもできました。

詳細プロフィールを書くことであなたがこれまで何を経験してきたか、どんな思いを持っているのかを可視化できて「人となり」を濃く理解してもらえるようになります。

ブログで単発記事、特にノウハウ系の記事を書いても「内容」は読んでもらえるけど、「記事を書いた人」まで濃く理解してもらうことはなかなかできません。だから、記事の最後に「この記事を書いたのは私です」と詳細プロフィール記事へのリンクを貼って見られるようにしておくとめちゃくちゃ良いです。

あなたの詳細プロフィール記事ができたら教えてください。

読みにいきます。

 

 

▼ぼくは基本Twitterにいます。

ハル(@harumizuki423

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

ストーリークリエイター。公務員歴14年で退職し、「ストーリー」を武器にAI時代の生き抜き方を実践するノマドワーカーへ転向。 奈良をおもしろくするプロジェクト「編集奈良」と、そのメディア「ならマガ」 で活動中。