ブログを継続できない理由は、「宿題まだやってないの!?」という言葉にヒントがあった

SPONSORED LINK

 

「ブログ続けられないんだよなぁ…」って悩んでいませんか?

こんにちは、ストーリークリエイターのハル(harumizuki423)です。

今回は、『ブログを継続できない男「ヒデトシ」の話』ということで、彼がブログを継続できない理由と、対策をストーリーで書いていきます。ブログを継続できなくて困っているという人は、参考にしてください。

 

***

「ヒデトシくん」は、世界を旅する冒険家で、今はスペインにいます。

彼はある日、「この経験をブログで発信しよう!」と思い、はてなブログの登録を済ませ、その日は自己紹介記事を投稿しました。

「よし!これから毎日投稿していくぞ〜」

この時の「ヒデトシくん」はモチベーションが高く、このように意気込んでいます。

しかし、次の日 、2記事目を書きながら、

「えっと…何を書いたら良いのかな…とりあえず今日あったことを書こう…」

その日のランチでカレーを食べたことを思い出し、そのカレーを食べた海沿いのカフェと、お店の雰囲気について記事を書きました。

そして、ブログ開始3日目。

「ヒデトシくん」は、はやくも「ある感覚」に取り憑かれます。

「今日もブログ書かなきゃ…」

「ヒデトシくん」に立ちはだかったのは、強制・義務という、「やらされ感」。

それはまさに夏休みの宿題をやろうと思っていたところに親から言われる 「宿題まだやってないの!?」という言葉のようです。

その後、ブログの更新は週1回……そして、ついに更新されなくなりました。

「あぁ…自分はなんでブログ続けられないんだ…」

「ヒデトシくん」は、自身の継続力に対して自信をもてなくなってしまいます。

どうすれば、彼はブログを続けられたのでしょうか。

***

 

 

対策.文章を届けるのではなく、自分の特技で誰かの役に立ってやりがいを感じてみよう

ブログを書いている時って、「どんな記事を書こうかな」って思ってしまって、誰のために書いているのかわからなくなってしまいがちなんですね。

でも、書くってことは、偶然にも検索エンジンやSNSを通じてブログにアクセスして読んでくれる人がいます。ぼくは、「その人の役に立ちたい」と考えるようになったら記事を書けるようになりました。

例えば、この「ヒデトシくん」の場合、世界を旅して出会った人たちとの会話を通じて、「日本の常識は世界の中では良い面もあるけど、ちょっと変なところもあるんだよー」と発信して悩んでいる若者のストレスを下げてあげることでも良いと思うんです。

親や先生からもっと「社会のルールに適応しろ!お前はダメなやつだな!」と言われている「ヒロシくん(仮名)」からすると、視野が広がるありがたい内容になるはずです。

 

 

自分のためにがんばるのって限界がある

ぼくは、小学校の時、初恋をしていました。

その名は「晴子ちゃん(仮名)」です。

彼女に好かれるために、「なにか役に立てないかな」と感じていました。

「晴子ちゃん」が物差し忘れちゃった」と言ってきたら、20cmの立派な物差しを「スッ」と差し出し、「これ良かったら使って」と、貸しました。

「晴子ちゃん」が、アニメの「クレヨンしんちゃん」が好きだったのですが、ぼくはそれまで特に「クレヨンしんちゃん」が好きではなかったんですが、清らかな心をもっていたぼく(自称)は、「クレヨンしんちゃん」を見ては巻き戻し、見ては巻き戻して「晴子ちゃん」と、「クレヨンしんちゃん」の話ができるようになりました。

この経験から、人は好きな人のためにならがんばれると思うんです。

 

 

 

SPONSORED LINK


 

まとめ:この記事を書いた経緯と感じたこと

先日polca企画を支援してもらったリターンで、この「ブログを継続できない自分へのストレスを解消できる記事」をストーリー記事で対策方法を書かせてもらいました。

関連記事:300円であなたのストレスを下げます。「ブロガー×polca」の新しい働き方に挑戦

 

今回の記事を書いていて思ったのは、「ブログ毎日書かなきゃ!」と思ってしまうと、強制・義務の感情に取り憑かれてしまうので、「◯◯さんのために書きたい!届けたい!」という自主的な気持ちを大事にした方が良いです。

 

「毎日続ける」というよりは、「あの人に届けたい、伝えたい」と思った時に書く。

そんなくらいで良いのかもしれません。

「◯◯したいからする!」という自主性を大事にして挑戦していきましょう!

 

▼こちらの記事もあわせてどうぞ

関連記事:ブログを継続するコツは「お金」ではなく「快楽」をモチベーションにすること

 

 

▼Twitterで「流されない生き方」に必要なことをツイートしています

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職し、 #情熱大陸 を倒すために #ストーリークリエイター に。フリーランスや起業家・企業に月額1000円でPRコンサルをしたり、ドキュメンタリー制作の活動しています。