最近、頬の筋肉上げてる?自分だからこそ見落としがちな「人相の力」

SPONSORED LINK

 

こんにちは!ハル(@harumizuki423)です。今回は、「学校や会社、コミュニティ内で愛される自分になりたい!」という人に伝えたい内容になります。

 

(このテーマにした思い)

ぼくが20歳の頃は、公務員試験のために勉強する日々。その頃の生活は、自分の人生の底辺だと言っても過言ではありません。余裕もなくヒドイ顔をしていたと思います。そんな経験があるので、その年代の人の日々を楽しいものにできればと思い、この記事を書くことにしました。

 

今回紹介するのは、人相鑑定を仕事にしている「みやゆうさん」(biyouninjya)の体験談ストーリーです。「自分だから見えない自分の人相」を変えることで、周囲のリアクションを変化させる方法をシェアします!

 

 

 

この動画の内容より(みやゆうさんのトーク内容)

ぼく、人相鑑定を仕事にしているんですけど、昨日、強制的にコントロールする方法を見つけまして。

人相を良くするだけでいいんです。

例えば、2000万円もらった時に、1000万円自分がもらうために、誰かに1000万円払わないといけないっていうルールがあったら、「この人楽しいな!」と思える人に1000万円渡すと思うんですよ。別の「この人楽しくない!」って思う人よりも。

これがコンサートのチケットとか、街コンの合コンの誘いとか、旅行のお土産とか、全部、良いことやチャンスって人相が良い人に渡ると思うんですね。

それで実験をしてみまして、駅から駅の区間を悪い人相で歩くのと、良い人相で歩くことをやってみました。

「悪い人相で歩いたら悪いことが起こるかな」って思ってたら、そんなに起こらなくて。

良い人相で歩いたら、開始1〜2分で畑でおばあちゃんが「おはよう」って話しかけてきて、そのまま10分くらいしゃべってたら玉ねぎパンパンに2袋もらえたんですね。

そこからまた歩いてたら、おじちゃんが「おう、元気にしとんか!」って全然知らない人が話しかけてきてくれて。

「いやぁ、この玉ねぎね、こんなにもらったんですよ」って言ったら、長ネギとジャガイモを渡されたんですね。

人相が良いだけで、良いことが起こる確率が上がるので、

 

人相が良い

良いこと起こる

良い人生になる

人相が良い

良いこと起こる

 

「良い人生スパイラル」と言っているんですけど。

ぼくと会った人、全員良い人相にしてやろうと思います。

動画ここまで。

 

 

 

SPONSORED LINK


 

***

ぼくは20歳くらいは特に、マジで人生がおもしろくなくて。勉強ばっかりだし。

「自分の人生何かオモロイこと起きないかなぁ」って思ってたんですよ。でも、今思い返すと、このみやゆうさんが話している内容ってマジで大事だなって思うんです。だってぼくが一緒にいたいなと思う人って笑顔の人なんで。相手の立場に置き換えたら自分が笑顔の方が「こいつと一緒にいたいな」って思いますよね。

効率性とか正確性とか、機械みたいになることをもとめられがちな社会ですけど、ぼくは「思いやり」っていうか、相手の立場や心境をイメージできる力、想像力って大事だと思うんですね。それがやっぱり人間ならではの武器だし、笑顔はコミュニケーションをとる上での入口になるし、大事ですね。

 

 

 

▼基本的にTwitterにいます

ハル(@harumizuki423

 

▼公務員として働くことに興味が有る人は、著書『グッバイ公務員』もチェックしてもらえるとうれしいです!

『グッバイ公務員 はじめに』 | note

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職し、 #情熱大陸 を倒すために #ストーリークリエイター に。フリーランスや起業家・企業に月額1000円でPRコンサルをしたり、ドキュメンタリー制作の活動しています。