1度きりの自分の人生の「成功」を目指すための「断る力」を大事にしていきませんか

SPONSORED LINK

 

こんにちは!ハル(@harumizuki423)です。先日TwitterのDMで「ある相談」を受けたんですが、「これはみんな悩んでるんじゃないかな?」と思ったので記事にしたいと思いました。

 

(相談内容)

ハルさんこんにちは!ぼくはある地域団体に所属しています。参加は任意なんですが、ブツブツ文句を言いながら参加している人が多いです。「そんなに嫌なら断ればいいのに」と思うんですね。今みんなに足りないのは「断る力」ではないでしょうか。ハルさんは「断る力」を持つにはどうしたら良いと思いますか?考えをお聞きしたいです。よろしくお願いします。

 

「みんながやっているから自分もやらないと…」と思ってしまう人も多いのではないでしょうか。今回はこの「断る力」を持つにはどうしたらいいか、仮の登場人物「コージくん」のストーリーを交えながら「断る力」に関する考えをシェアしたいと思います。

 

 

若手営業マン、「良い人」のコージくん(仮名)のストーリー

社会人3年目、25歳、彼女ナシの「コージくん」。

新卒採用で勤め始めた社内の上司や先輩からの指示に忠実に従っているので、「アイツはよく動くやつだ」と一定の評価を得ています。

しかし、「コージくん」は内心、

「また引き受けちゃったよ…」

「言われたら断れないんだよな…」

と、思っています。

 

「コージくん」は、学生の頃から自分の意見を主張するのが苦手でした。

周りの目を気にしてしまうタイプで、「頼む!」とお願いされるとついつい断れずに引き受けてしまうのでした。

社会人になってからもそれは変わらず、社内の飲み会やイベントの幹事も「やっといて」と言われると「わかりました!」と引き受けてしまいます。

「コージくん」には、好きな人がいました。

それは、同じ会社の1歳年下の、ショートカットで性格はサバサバ、ボーイッシュな「サオリちゃん」です。

入社当時から「私は◯◯だと思います!」と自分の意見をハッキリ持ってイキイキと働いている姿に心惹かれていました。

しかし、業務中は忙しくなかなか話す機会がありません。

 

しかし、「コージくん」にチャンスが訪れます。

会社の飲み会の帰りにたまたま2人で電車で帰ることになったのです。

「コージさんって、指示されたことを文句言わずやってますよね」

「うん…まぁ良いように使われてる気もするんだけどね」

「そう思うなら、断ればいいのに」

「昔からこうで、断るの苦手なんだよね…」

「…」

彼女からすると、「良い人」だけど、「自主性」のない「コージくん」には魅力を感じにくいのでした。

「サオリちゃんって自分の意見しっかり言ってるよね」

人生の時間って有限ですから…自分が成長できると思えることならやろうと思いますね」

「すごいな…自分を持ってるよね」

「自分のスキルというか、得意なことで期待に応えられるかどうかも考えちゃいますね…期待に応えられないかもしれないのにやりますって言うのは、ある意味責任がないじゃないですか…あ、駅につきましたね、じゃあまた…失礼します」

プシュー…

 

(こんな自分じゃ、サオリちゃんに好きになってもらえないよなぁ…)

 

 

いかに他人や集団の流れに引っ張られずに自分の人生を生きるか

「この本…気になるな…」

「コージくん」は、ある一冊の本に出会いました。

コピーライターの梅田悟司さんの著書「言葉にできる」は武器になる。でした。

「自分の内なる言葉に向き合う」

周りの環境にしても、結局は自己責任。

自分の人生はどうなったら成功なのか?

そのためには自分はどう考え、行動するべきなのか?

有限の人生の時間で、どんなふうに自分は成長していきたいのか?

 

「コージくん」は、

「これからは自分の◯◯したい!という気持ちを大切にしよう…そのためにはしたくないことは断るようにしよう!」と決意し、少しずつ自己表現をしていくようになりました。

 

すると、リアルの場やSNSなどのオンラインの場を問わず、少数ですが自分の理解者ができたのです。

(自分のことをわかってくれる人がいる……なんてありがたいんだ!)

「サオリちゃん」からも、こう言われるようになりました。

「最近、コージさん変わりましたよね…その方が好きですよ」

おしまい。

 

 

 

SPONSORED LINK


 

***

一人だけ「嫌です」「それは違うと思います」と声を上げるのはとても勇気がいることではないでしょうか。学校やバイト先、会社…集団の流れに引っ張られやすいものです。

自分もそうですが、断られた時って「なんで??」ってなりませんか? だから「断りたい理由」をしっかり説明するのが大事だと思うんですね。そのためにも、自分の「内なる言葉」に向き合って「本当は◯◯したいと自分は思っているんだ」ということを理解して、それを大事にしてもらいたいなと思います。

 

 

自分の「人生の成功」を目指すためにも、「断る力」大事にしていきませんか。

基本的にTwitterにいます

ハル(@harumizuki423

 

 

関連記事:言葉は、大航海の旅の最大の相棒だ。『「言葉にできる」は武器になる』の感想

 

▼公務員として働くことに興味が有る人は、著書『グッバイ公務員』もチェックしてもらえるとうれしいです!

『グッバイ公務員 はじめに』 | note

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職し、 #情熱大陸 を倒すために #ストーリークリエイター に。フリーランスや起業家・企業に月額1000円でPRコンサルをしたり、ドキュメンタリー制作の活動しています。