奈良公園の鹿のフンは誰が掃除しているのかand人気のフン土産はこれだ

SPONSORED LINK

 

ハル
こんにちは、ハル(@harumizuki423)です。最近、ニュースで奈良公園の鹿が奈良女子大へ集団暴走したってやってましたね。(笑) 奈良をもっとおもしろくするプロジェクト「編集奈良」と、そのメディア「ならマガ」のメンバーにもなったので、奈良のことで記事を書こうと思いました。

 

▼ちなみに「鹿が奈良女子大に集団暴走したニュースをまだ読んでないよー!」っていう人は下のリンク先からどうぞ。

参考記事:【鹿暴走】奈良市で鹿が奈良女子大学を目指して集団暴走!

 

ハル
ぼくが気になったのは、「鹿のフンはいったい誰が掃除しているんだろう?」です。奈良県庁で働いていたものの、知りません。灯台下暗しでした…。それでは、どうぞ。

 

 

 

奈良公園の鹿のフンの量って1日どれくらい出るの?


調べてみたところ、奈良公園の鹿の数は、約1,200頭と言われています。そして、鹿1頭は1日700グラムから1000グラムのフンを出す(黒豆みたいなやつ)とのこと。つまり、1日で計840キログラムから1.2トンのフンが出る計算になります。

 

こんな大量の奈良公園の鹿のフンを誰が掃除しているの?

奈良公園の鹿のフンはコガネムシ(フン虫)が掃除してくれている


コガネムシは、別名フンコロガシとも呼ばれていて、コガネムシのおかげで、【鹿が芝生を食べてフンをする→コガネムシがフンを食べて地中へ運ぶ→芝生の肥料となる→芝生生育→鹿が芝生を食べる】というサイクルが回っているんですね。コガネムシのおかげでフンが早く分解されるのでハエも出ず衛生的。

日本には約150種のフン虫がいて、そのうちの約50種が奈良公園で確認されているそうです。確かに県庁に通勤している時も、掃除している人を見たことがありませんでした…。そういうことだったんですね。

 

 

奈良公園の鹿のフンは堆肥としても利用されている


奈良の鹿愛護会には、鹿苑という奈良の鹿の保護施設があって、ここでは妊娠しているお母さんや凶暴な鹿300頭を保護し、人とのトラブル防止策に努めています。その鹿苑の檻の中の鹿のフンについては「しかっぴ」というネーミングで堆肥として再利用されているんですね。芝を食べているので食物繊維豊かな肥料ができるそう。すごい。

 

 

奈良の鹿のフンは「おみやげ」にもなる

チョコピー型のおみやげが人気

実物のフンのことを言っているのではなく、おみやげやさんをのぞくと鹿のフンの「おみやげが売られているんです。

東大寺への参道にあるおみやげ屋「鹿屋」さんには、鹿のフンのおみやげが販売されています。特にこの「チョコ豆御神鹿のふん」は、その見た目からネタになるのか人気だそう。検索結果でも最も多く出てきました!

「チョコピーでんねん」っていうてるのはさんまさんが元になってるキャラっぽいですね。

 

その他にもいろんな「鹿のフンのおみやげ」があります

奈良土産あざーす。 #大仏キャンディー #大仏プリン #鹿のフン #センス△

じょーたろーさん(@jojotaro0914)がシェアした投稿 –

話が少し変わりますが、この大仏プリンは本当に美味しいので奈良に来たら食べてみてはどうでしょうか。個人的には、大仏プリンソフトクリームも大好きです。

プリンソフトは、奈良市内のまほろば大仏プリン本舗プリンの森か、近鉄新大宮駅近くに新しくできたミ・ナーラの中でも食べられます。

外部参考記事:奈良・本店・かわいいカフェ【大仏プリン】土日は行列の人気店!ならやま大通り

 

SPONSORED LINK


 

***

まとめ

ハル
奈良公園の鹿のフンの奥行きと幅の広さを実感です。(笑) これまでは奈良公園のすぐ近くで働いていたので当たり前になってました。これからは奈良のいろんな不思議をわかりやすく紹介したり「これおいしいよー」とか提案できるようにがんばっていくのでよろしくおねがいしますー。ではでは、読んでいただきありがとうございました!

 

▼こちらの記事も合わせてどうぞ!

関連記事:「いつか誰かが」ではなく「今自分たちが!」古都・奈良の公務員 高松明弘(その1)

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職し、 #情熱大陸 を倒すために #ストーリークリエイター に。フリーランスや起業家・企業に月額1000円でPRコンサルをしたり、ドキュメンタリー制作の活動しています。