流されない生き方に必要な「失敗しない自己投資」のやり方(その1)

SPONSORED LINK

 

ハル
「自己投資した方が良いよ」とか「もっと本を読んだ方が良いよ」と言われて、「どんなふうに自己投資したら良いんだろう?」って悩んでいませんか? こんにちは、ストーリークリエイターのハル(@harumizuki423)です。

 

▼将来の自分のチカラになるものにお金や時間を使って成長していかないと、「流されない生き方」はできない。

自分がおくりたい理想的なライフスタイルを考えた時、専門力と人間力の2つがポイントとなります。「人に言われたことをやる」というよりも、「新しいことを学び、自分で考え、専門力を活かして行動する人材」になる必要があります。

 

ハル
ぼくは、以前に株式会社アクティブ・ラーニングの代表の羽根拓也さんのセミナーを受けて自己投資の必要性を実感しました。羽根さんは、アメリカのハーバード大学から「優秀指導証書(Certificate of Distinction in Teaching)」を授与されるほどの人材育成プロデューサーです。そのセミナーや羽根さんの本で得た知識や、これまでの経験で役に立てればと思い、記事を書くことにしました。それでは、よろしくおねがいします。 

 

 

SPONSORED LINK


 

浪費と自己投資の違い

浪費とは…

明確な目的がないまま、なんとなくお金や時間を使ってしまっていること。

自己投資とは…

将来の自分のチカラになるようにお金や時間を使うこと。

まず、浪費との違いを意識することがすごく大事です。

 

 

自己投資を始める前に「効果的な学習方法」を理解しておこう

ちょっとここで質問なんですけど、「大人になるにつれて物覚えが悪くなってきてる」と思っていませんか?

続けてもう1つ質問させてください。

「メタボリックシンドローム」っていう言葉を覚えていませんか? おそらく多くの方は「メタボ」と言っていたり、お腹が出ている人をイメージできるはずです。

こんな歴史的にもまだ浅いヨコ文字を覚えられているのであれば、記憶力はあります。大丈夫です。

 

 

学ぶことはスキル。記憶のメカニズムは「接触回数×印象」

「さ〜らりとした〜♪」というメロディーを聞くと、「う〜め〜しゅ〜」ってなりますよね。テレビのコマーシャルで何回も何回も情報を発信されると、刷り込みによって記憶定着が起こります。

新しいことを覚えたいのであれば、その情報に関して「脳内占有率」を一定以上にしてあげると記憶学習が物理的に発生するんです。「脳内占有率」を上げるカギは、Times(接触回数)とImpression(印象)の2つです。

どのくらいの回数その情報に接触すればいいのか、また、受け取る時に強い「笑い」や「驚き」といった印象があれば記憶に残りやすいのかということがわかると効果的に学習ができ、意図的に成長が可能になります。

学ぶことは、「スキル」なんです。

 

ぼくは、学びたいテーマの学習をする時は、A4の用紙にこんなふうにメモを取って読み返しやすいようにしています。ファイリングして一枚15秒くらいで「接触回数」を稼いでいます。

 

▼メモのコツは、この2つです。

  1. 自分が分かれば良いのでキレイに書かない
  2. コレはすごい!と思ったことをメモに残す

 

 

変わりたい、成長したいのであれば、まず「テーマ」を決めること

「脳内占有率」を一定以上に上げてあげると、記憶学習ができるといいましたが、大事なのはテーマを何にするかですよね。

例えば、「もっと人前で話せるチカラをつけたい!」ということであれば、「プレゼン力」がテーマになりますし、「海外に行って仕事したい」のであれば「語学力」がテーマになります。

 

 

テーマを決めたら、一歩踏み出して関連する情報を取りに行こう

「変わりたい」って思ったキッカケってありますよね。それはなんですか? 「バカにされて悔しいから見返したい」というのもモチベーションになるんですけど、時間が経ったら「まぁいいや」と鎮火しちゃうものです。なので、絶えず「マキ」を追加してモチベーションの火が消えないようにしてあげる必要があります。

効果的なのは、目に見えるところに「テーマ」に関する雑誌を置いたり、壁に情報を貼ったりするのが良い。つまり「脳内占有率」を上げやすい環境づくりを工夫をするということです。

 

▼一人だとマネジメントが難しい!という場合は、ぼくの月額1000円コンサルを利用してみませんか。挑戦ストーリーを設計して、その発信方法まで一緒に考えます▼

関連記事:あなたのストーリーを発信して”信頼”をゲットしていきませんか?【ストーリーコンサル】

 

 

次回に続きます

ハル
効果的な自己投資のやり方について、長くなってきたので今回の記事はこのへんで。自己投資は能動的、アクティブに行っていくことで効果が高まります。その理由や実践手順などを次回の記事で紹介したいと思います。それでは、また! 

 

 

▼株式会社アクティブ・ラーニングの代表の羽根さんの本もオススメです

 

 

▼Twitterでも「流されない生き方」に必要なことをツイートしています

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職し、 #情熱大陸 を倒すために #ストーリークリエイター に。フリーランスや起業家・企業に月額1000円でPRコンサルをしたり、ドキュメンタリー制作の活動しています。