パワハラも撃退。いつでも仕事を辞められるスキルの効果。

SPONSORED LINK

 

ハル
会社勤めとか役所勤めとか色々形があると思うんですけど、いつでも辞められるスキルを持つのって大事だと思いませんか?こんにちは、ストーリークリエイターのハル(@harumizuki423)です。

 

ハル
今回の記事は、パワハラも撃退できる、いつでも仕事を辞められるスキルの効果について書きます。よろしくお願いします。

 

 

SPONSORED LINK


 

 

動画で視聴される方はこちらから

もし、動画の内容を見て、「良い!」と思ったら高評価・チャンネル登録いただけると嬉しいです。

 

現在、実施中のクラウドファンディングの支援者の方から、ある1通メッセージをもらったことからこの記事を書こうと思った

クラウドファンディングに支援をいただくとリターンが色々あるんですけど、「トークショー開催権利」を買ってくれた方で、「ぼくからどんな話を聞きたいんだろう?」っていうことに、興味を持ったんです。

 

これ、ぼくはめっちゃ大事なことだと思います。

 

「いつでも辞められるスキルを持とう」っていうことは。

どんな業界で働いているとしても。

 

 

なぜ、いつでも辞められるスキルを持っておかないとヤバイのか

例えば、あなたが新卒でどこかの会社とか役所に入社したとしましょう。やる気があって、ドンドン企画や行動をしていきたいとしましょう。

やる気のある人ほど、ぶつかると思うんです。先輩・上司とね。せっかく入ったところだし、この中で浮いたり仕事しづらくなったら嫌だなって思わないですか?

議論したいのに、意見したら「偉そうなやつだ!」って言われるような風土がある組織だと、なかなかモノを言っていけないんですよね。

ぼくも正直いうとそういう気持ちなったことありました。生活もあるし仕事しづらくなるのは嫌じゃないですか。

 

例えば、ものすごいパワハラの人がいたとするじゃないですか?

生活があるからとか、せっかく入ったから辞められないってなっちゃうじゃないですか?我慢しなきゃって。

でも、いつでも辞められるスキルがあれば、パワハラは通用しないんですよ。

 

だって辞められるから。

 

 

いつでも辞められるスキルがあるから議論できたり、場合によっては、言い返すことができると思いませんか?

ここがめっちゃ大事なんです。こういうことも伝えていきたくて、『グッバイ公務員』という本を書いてます。

 

こういうメッセージをもらって「自分に対してこういうニーズもあるんだ」とわかったんです。客観的に。そんな話できたらおもろいなって。

これから社会人になる学生がもしこの動画を見ていてたら、辞められるスキルを持ってからできるだけ入社して、パワハラとか受けたら「お前何言ってんねん」って感じでガンガンいけたらめっちゃ面白くなるはずだと思いませんか?

 

 

フリーランスでやっていく中ですごく大事だと思うのは実績と数字

例えばブロガーだと、仲良くさせてもらってるやぶなおさんっていう岡山のリア充ブロガーがいるんですけど、やっぱり月間何万PVとか、わかりやすい数字を持ってるんで、すごく強いんですね。仕事もとってはるし。

今転職しようと思っている人は、実績・数字をなるべく作ってから辞めたほうが良いと思いますブロガー志望する人がいたら、言ってくれたらやぶなおさんを紹介することができるんで言ってください。

あなたはどんな風にして、いつでも仕事を辞められるスキルをつけていきますか??

 

 

▼クラウドファンディングプロジェクトが、あと4日で終了します

公務員14年やってたんですけど、『グッバイ公務員』という

・公務員になるまでの話

・なってから感じたこと

・なぜ辞めたのか

・これから何するのか

をまとめた本の書籍化を目指しています。

 

現在の状況:達成率50%!! 60人の方から支援をいただいています!

 

▼クラウドファンディング支援者のみなさんからのコメント

ご支援本当に嬉しいです!ありがとうございます!

興味のある方は、下のリンク先の記事からチェックしていただけると嬉しいです!

 

▼クラウドファンディングプロジェクトページはこちら

プロジェクトページ:誰もが自分の思いをゴマ化さず、自分の人生を自分で決定できる社会にしていきたい!

 

 

最後に

ハル
「なんとなく大学」と進学したり、「なんとなく就職」という波に流されていませんか?あなた自身を守るためにも、いつでも辞められるスキルを持つことの必要性を感じてもらえたら嬉しいです。

 

▼これまでのクラウドファンディング挑戦日記の一覧はこちら

関連リンク:クラウドファンディング

 

 

▼Twitterでは、「流されない生き方をするには何をすれば良いんだろう?」という人に向けてツイートしています

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼