ブログ記事が読まれない…。タイトル改善のための2つのコツとは?

↓ 豪華プレゼントがもらえるLINEメルマガ ↓

フリーランス志望のナカさん
ブログ記事のタイトルってどういう風に考えてますか?興味を引くタイトルをつけるための基本的な考え方について知りたいです。

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • ブログ記事のタイトルの付け方の幅が広がる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

このブログも289記事目になりました。

SNSや検索エンジンでいろんな情報を

日々見ていると思いますが、

記事を読んでもらえるかもらえないか

大事なポイントは、確実にタイトルです。

 

今回は、

興味を引くタイトルの付け方について

説明していきたいと思います。

 

 

SPONSORED LINK


 

その記事は「快感」を増すものか、「負担」を取り除くものか

どんなジャンルや内容を書くにしても

誰からも喜ばれないのは

ただの趣味になってしまいます。

 

ブログを書く際は、

  • 「快感」を増す
  • 「負担」を取り除く

このどちらかを提供するようにしましょう。

 

この2つのパターンによって、

付けるタイトルも変わってきます。

順番に説明していきますね。

 

 

「快感」を増す目的の記事のタイトル設定

新しい考えだったりこれからの未来が明るく感じられる

内容を書く場合、肯定的なタイトルにします。

 

(参考例)

  • Twitterを始めてよかった!ツイートすることで得られた3つのこと
  • 今日から定時に帰る!デキる社員がやってる、3つの仕事術

 

「あ、役立ちそう!」

という印象を受けませんでしたか??

 

特に1日の始まりの朝には

こういうタイトルの記事を

読みたくなりますよね。

 

 

「負担」を取り除く目的の記事のタイトル設定

先ほどの肯定的なタイトルと逆で、

焦りや危険、注意をイメージしてもらう否定的なタイトルにします。

 

(参考例)

  • ・継続できない!運動を続けるための3つコツとは?
  • ・記事を書くスピードが遅い。ブログを速く書くコツとは?

 

※あと、ぼくが見かけたタイトルで

「絶対にやってはいけない!〇〇〜」
「オイオイ大丈夫?〇〇〜」

というのもなかなか

目を引くと感じました。

 

こういう否定的な入口から入って、

内容が肯定的な内容であれば

心理学でいう「コントラスト効果」も出て

ギャップも強く感じられることでしょう。

 

否定的タイトルを付ける際には、

ここに気をつけて使いましょう。

 

まとめ

  1. ブログの記事が読まれるかどうかはタイトルにかかっている
  2. 「快感」を増すか「負担」を取り除くかの目的によってタイトルの付け方は変わる
  3. 否定的なタイトルの場合は肯定的な記事内容でギャップを演出してインパクトを与えよう

 

興味を引くには、

  • 「快感」を増すことができそう
  • 「負担」を取り除けるかも

このどちらかのイメージを

持ってもらう必要があります。

 

それに応じて、

肯定的、否定的なタイトルで

入口を明確にすることが大事ですね。

 

ブログだけでなく、

SNSの一行目のタイトルにも

これは応用できるので、

参考に使ってみてください!!

 

 

それでは、今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

 

あわせて読みたい

何の仕事が向いている?学校では知れない「仕事を決める2ステップ」とは

ツイッターで価値観が近い類友とつながりたい人必見!「必殺ツイート」大暴露

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

下のリンク先で、

はじめに〜第1章(50ページ分)を無料公開中です。

公務員の仕事内容や業界・システムに

疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

9800円の豪華プレゼントがもらえるLINEメルマガ




LINEメルマガ登録で無料プレゼント!
自己理解の最強ツール
「自分史の教科書」

「やりたいことがわからない」「目標はあるけど継続できない」というあなたの”人生の軸”を再発見し、心から達成したい目標を形にする画期的な教材です。(定価9800円)期間限定で無料でプレゼントキャンペーン中!




▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター