【クラウドファンディング】宣伝チームの必要性とは

↓ 豪華プレゼントがもらえるLINEメルマガ ↓

クラウドファンディング挑戦前のアキさん
クラウドファンディングに挑戦しようと思っています。でもプロジェクトに共感してくれる仲間がいなくて困っています。

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • クラファン宣伝チームの必要性がわかる

 

 

元奈良県庁職員、

公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

 

ぼくは去年の夏に

はじめてクラウドファンディングに

挑戦したところ115人から支援を受けて

おかげさまでプロジェクトを達成し、

その後「グッバイ公務員」という本を全国出版しました。

 

 

クラウドファンディングに挑戦していると

ホンネをさらけ出せないとか、

孤独を感じることもあります。

 

 

そういう時こそ、

仲間が必要です。

 

 

今回は、クラウドファンディングを起こす時の

宣伝チームの必要性について説明させていただきます。

 

SPONSORED LINK


 

【いきなり結論】クラファン宣伝チームを作ろう

クラウドファンディングに

チャレンジする時は必ず

宣伝チームを作りましょう。

 

 

「グッバイ公務員」を

約3ヶ月かけて執筆した後、

「この本って客観的に読んだら

どんな感想が返ってくるんだろう?」って思ったんです。

 

 

元々作家でもなんでもない

無名の元公務員フリーランスですから

自信満々なわけもありません。

 

なので、

Facebook上に秘密のグループを作り、

無料で全ページ読んでもらえるようにしました。

PDFでアップロードして)

 

 

すると、

「これ面白い!」

「誤字があったよ」

「ここ専門用語や業界用語が多くてわかりにくい」

など、

次々とアドバイスをしてくれました。

 

 

クラウドファンディングに

挑戦している期間は

ものすごく孤独です。

 

 

相談できる人がいないと

かなり不安です。

 

 

あと、

「これぐらいで伝わるだろう」

っていう甘えも生じてしまうので、

宣伝チームに相談してアドバイスを

もらいながら進めていってはどうでしょうか。

 

 

それでは、今回はこのへんで。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

 

あわせて読みたい

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

9800円の豪華プレゼントがもらえるLINEメルマガ




LINEメルマガ登録で無料プレゼント!
自己理解の最強ツール
「自分史の教科書」

「やりたいことがわからない」「目標はあるけど継続できない」というあなたの”人生の軸”を再発見し、心から達成したい目標を形にする画期的な教材です。(定価9800円)期間限定で無料でプレゼントキャンペーン中!




▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター