ストーリークリエイターHARUの活動ビジョンと支援者募集について

SPONSORED LINK

 

HARU
こんにちは、ストーリークリエイターのHARU(@harumizuki423)です。ぼくは35歳二児の父ですが、公務員歴14年で退職し、今年からフリーランスとして活動しています。フリーで活動している上で壁となるのが、支援者の存在です。ぼくの活動ビジョンや考えをお伝えしますので、もし賛同・共感いただけたらご支援いただければうれしいです。

 

 

ビジョンのキーワードは、「安定を捨てての挑戦」「自分らしい生き方」「ローカル活性」の3つ

公務員を退職するにあたり、就活生やその親、公務員への転職を考えている人などから公務員についての疑問や相談を受けましたし、ぼくの挑戦を応援していただき、約100通のメッセージが届きました。

この経験もありましたし、ぼくが公務員試験を受ける時に公務員に関する情報が全然なくて困ったことを思い出し、学生時代からこれまでのこと、経験を1冊の本にするために執筆しました。

 

その本を、『グッバイ公務員』といいます。

 

出版ノウハウや出版社とのツテもありませんでしたが、自費出版であったとしてもこの本を出すことは社会的に意義があると思い、クラウドファンディングを起こしました。

いろんな印刷会社に見積を取り、積算をし、6/23にプロジェクト開始。

 

それから38日間、自分の活動やPRする姿に共感いただき、115%の達成率で目標達成。

しかも、その姿を見てくれていた奈良のローカル出版社から声をかけていただけるように。書店にも置いてもらえるようにバックアップしていただける申し出があり、現在、一緒に出版準備をおこなっているところです。

 

この本を出そうと思った理由は、大きく2つ。

  1. 公務員への就職や転職で悩んでいる人にとって役に立つから
  2. ローカルの活性化を共におこなう仲間・支援者と繋がりたいから

 

このうちの「1」に関しては、上に書きました。

学生を中心に「こんな本があるんだ!」と気づいてもらい、読んでもらえるようにPRしていきます。このモチベーションからも、本の体裁はあえてトレンドの四六判にせず、新書版にして学生のみなさんが手に取りやすい価格帯に設定します。

 

10/6には、奈良で元公務員×現役公務員のトークショー「公務員解体新書」と題して、それぞれの目線から公務員という職業に対してホンネトークをおこないます。このイベントのゴールは、「自分らしい生き方・働き方」を自己認識してもらうことに設定しています。

 

▼「公務員解体新書」10/6(土) 14:00〜(奈良市内)イベント詳細▼

 

▼Facebookイベントページ▼

 

10月中旬には、自治体の若手職員との交流トークショー、11/30には、関西の大学でのイベントの登壇者としても声をかけていただけているところです。こういう講演活動なども通じ、「安定を捨てての挑戦」や「自分らしい生き方、働き方」についてお伝えしていきます。

学生のパワー、可能性を信じています。

トークショーなど企画していただけるとうれしいです。

 

 

 

出身地の奈良から関西、西日本のローカルを盛り上げていきたい

ぼくの活動のキーワード3つ目として「ローカル活性」があります。

公務員として働いていた経験から、「本当に取り組まなければいけないのはコレだ!」という思いからこのビジョンを創りました。

 

学生をはじめ、いろんな人が働き方や生き方に「違和感」を感じていても、

  • 自分が何をしたいのかわからない。
  • 自分の好きなことや得意なことでどうやって稼いでいけばいいのかわからない。
  • 仲間がいない、同じ立場の集える場所がない。
  • 好きなことで稼いで生活している先人と出会う機会がない。

といった問題をクリアできないと、パイの少ない「椅子取りゲーム」に半強制的に参加することになってしまいます。

 

だからぼくはこれらの問題をクリアできる仕組みをつくりたい。

「安定のレール」と言われている枠以外で、自分らしい働き方、生き方をみんなが選べるようにしたい。

 

それを通じて、まち、ローカルが活性化していくようにする!

これを「ルイーダ(仮)プロジェクト」といいます

 

▼プロジェクトについて詳しくは下のリンク先の記事に掲載しています。

関連記事: 【ルイーダ仮)プロジェクト】ローカル活性と自分らしい生き方を選べる社会へ

 

▼このプロジェクトを具体的に実行するため、先日、オンラインサロン「supreme Lab」を作りました。

関連記事:西日本最強のオンラインサロン 「supreme Lab」を作る

 

 

以上が、ぼくの活動ビジョンになります。

これらの活動に賛同・共感いただけた方は、プロジェクトの支援者となっていただければうれしいです。

よろしくお願いします。

 

 

HARU

 

 

 

HARUの活動を支援していただける個人・法人を募集中

ファンクラブ「HARU FAMILIAR」会員

▼「HARU FAMILIAR」は、HARUの公式ファンクラブです。

ふだんSNSやブログなどを中心に情報発信をしていますが、誰でも読める環境であるがゆえに配信できない内容もあります。しかし、HARU FAMILIARの会員は100パーセント好きでいてくれるみなさんによるコミュニティなので、ホンネや思わぬ内容も配信可能です。

また、会員相互の親睦を深めていきます。

 

【会員特典】

  • 毎月1日に会員限定の電子会報が届く
  • 定期的に開催する会員限定飲み会に参加可能
  • HARUの活動に口出し可能
  • HARUがホンネ、日々何を考えているのかがわかる
  • その他、随時特典が届く

 

入会手順

①まず、「CHIP」というスマホアプリをインストールしてください。(2018/9/9時点、iOSのみ)

CHIPとは…

頑張る人を応援する新しいカタチのファンクラブ。

アーティストやクリエイターなど、あらゆる人がファンクラブを作成して、活動資金を集めることができます。

 

②「HARU FAMILIAR」のページにアクセスして入会をおこなってください。(月額500円)

③HARUが配信する情報に対してコメントでリアクションして楽しんでください。

④メンバー一覧ページにプロフィール画像・メッセージ・SNSアカウントなどを掲載することもできます。

 

 

 

HARUの活動スポンサー

このたび、HARUの活動を支援していただける個人・法人を募集します。

【スポンサーになると?】

  • ブログにバナー広告を掲載します
  • ストーリー記事を制作し、紹介します
  • スポンサー一覧紹介ページをつくり、プロフィール画像・メッセージ・SNSアカウントなどを掲載します

 

 

▼ご質問などは、TwitterのDMや「お問い合わせフォーム」からどうぞ

HARUのTwitter(@harumizuki423

お問い合わせフォーム

 

 

 

polca支援

フレンドファンディングアプリ「polca」にて支援を募っています。

 

【支援いただいた方へのお返し】

  • プロジェクト終了時、支援いただいた方のお名前一覧をブログ記事に掲載
  • リターン特典

 

polca企画ページ

 

 

 

あわせて読みたい

関連記事:【ルイーダ(仮)プロジェクト】ローカル活性と自分らしい生き方を選べる社会へ

関連記事:西日本最強のオンラインサロン 「supreme Lab」を作る

 

 

 

▼SNSでも発信しています

HARUのTwitter

HARUのInstagram

YouTubeチャンネル「日刊ハルハルハ」

 

 

▼あなたのビジネス、PRを応援するnoteの月刊マガジン

『月刊ハルハルハ』最強のコンテンツは、”人生”だ—。 

 

 

▼HARUの仕事一覧はこちら

関連記事:ストーリークリエイターHARUへのお仕事依頼

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター