フリーランスが人脈を作る際に必要不可欠な2つのポイント

SPONSORED LINK
現役公務員のヒロさん
公務員を辞めてフリーランスとして活動を志望しています。ハルさんはどのようにして人脈づくりをしていますか?

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • フリーランスの人脈づくりのイメージがわかる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

フリーランスで活動していて

知り合いがいないことほど

不安なことはありませんよね。

 

ぼくも最初は知り合いが

ゼロでした。

 

でも、活動を通じて

どんどん知り合いができて

オンラインでもリアルでも

仲良くしてもらっています。

 

イベントも一緒にやったり。

フリーランス1年目に

仲良くなった人たちのことは

特別感がありますね。

 

今回は、フリーランスとしての

人脈づくりについて説明していきます。

 

SPONSORED LINK


 

【いきなり結論】SNSとブログでアウトプットしまくると「会いたい」と言ってもらえる

自分の専門分野の知識やノウハウを

これまでの体験を含めてSNSやブログで

発信していると、

 

「この人おもしろい」

「価値観や趣味が合いそう」

 

と思ってもらえて

イベントに誘ってもらうことに

つながりますし、

 

逆にこちらから

アプローチしてみるといいです。

 

カジュアルにつながりやすいのは

TwitterInstagramですね。

 

ブログ記事はストック資産になり

検索エンジンからも見てもらえるので

SNSとブログはセットでやったほうがいいですね。

 

 

スナックキャンディ京都のオーナーのぬまっちさんを通じての紹介が多い

ぼくは幸運なことに、

同じタイミングで独立した

元公務員同士のぬまっちさん

@tatsu_tatsu_n)の

おかげで知り合いが増えていってます。

 

カフェ&バーを経営していて

本もたくさんお店にありますし、

ぼくの本も置いてくれてます。

 

本を置くだけじゃなく、

ぼくと本の紹介を

してくれてるおかげで、

広く知ってもらえることが多くて感謝しています。

 

 

関西以外のエリアから

ぼくに会いに来てくれる人がいたら

キャンディ京都で集合させてもらったり

Win-winで付き合いをさせていただいてます。

 

リアルの場で、

仲を深めることも大事ですね。

 

 

 

まとめ

  • まずはSNSとブログでアウトプットする
  • リアルの場所で交流を深める
  • コミュニティを持っている人・イベンターでおもしろい人にアプローチする

 

ぼくは基本的には

オンラインでもしっかり発信し、

リアルで深めるというスタイルです。

 

このブログに掲載している

ぼくの自己紹介記事をきっかけに

会いたいといってくださる方もいます。

 

ブログ記事は寝てる間も働いてくれる

大事なスタッフです!

 

発信を怠ると

活動の幅が広がっていかないので

これからもどんどん発信していきます。

 

参考にしていただけると嬉しいです。

それでは今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

 

あわせて読みたい

【公務員退職希望者向け】あなたにあった働き方を一緒に考えます

悪い習慣を変えたい!プラスの習慣を身につける方法・マインドとは

【公務員の退職】上司に辞表を出す時期は?いつまでにいうべき?

 

 

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

ハルって誰?(自己紹介)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター