結果を出す…!フリーランスに必要な時間とお金の投資すべきポイントとは

SPONSORED LINK
フリーランスのトモさん
仕事で結果を出すために重要な時間とお金の注ぎ方は?これまでを振り返ってみての失敗などから教えてください。

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • フリーランスとして結果を出すために必要な時間とお金の注ぐポイントがイメージできるようになる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

自分の人生に変化を起こし、

海外でも暮らしてみたり、

場所にとらわれず自由に働けたらどうでしょう?

 

夢のようですよね。

 

 

公務員時代や、

フリーになってからの当初で

今振り返ってみて、

「失敗したなぁ」と思うのは、

「緊急締め切りのあることに

振り回されていたことです。

 

 

今回は、結果を生み出すため、

自分を成長させるために必要な

マインドや習慣について説明していきます。

 

SPONSORED LINK


 

緊急度と重要度の2つの軸から自分を客観視する

上の図のように、

緊急度と重要度の2つの軸から

4つの領域が作られます。

 

  • 緊急かつ重要
  • 緊急でないけど重要
  • 緊急だけど重要でない
  • 緊急でも重要でもない

 

この図から自分の習慣を

見直しができます。

 

人の時間を奪ってくるのは、

緊急かつ重要な第一領域(①)です。

 

 

具体的にいうと、

  • 締め切り
  • クレーム対応
  • 災害・復旧対応などの緊急なこと

などです。

 

ここに自分が普段

どれだけ時間を注いでいるか。

または、奪われてしまっていないかを

チェックすることが大事です。

 

 

 

 

第二領域の分野をいかに豊かにできるか

結果を出すため、

自分の成長に大事な領域は

どこかというと、

第二領域(②)になります。

 

 

例えば、

  • SNSで自分の理解者を増やしていく
  • ・英会話の勉強をする
  • ・必要な人脈を増やしていく
  • ・ダイエット、ボディメイク など

 

特に締め切りがなく、

上司や誰からも怒られないものです。

 

焦らないので、

「明日からやろう」となりがちでもあります。

 

ぼくはこの習慣を見直す

必要がありました。

 

ここに時間とお金を大量に投入し、

結果を生み出すというマインドが必要です。

 

 

 

15分でもアクションを起こす習慣を身につける

人は、ついつい

大きな目標を立てがちです。

 

そして、大きな目標を立てると、

行動するのが億劫になります。

 

「明日から130ツイートをはじめる」

「明日から15記事ブログを書く」って

めっちゃしんどくないですか?

気が重くなりますよね?

 

これがダメなんです。

 

 

15分でも

アクションを起こすことができれば、

365日で365ツイートの

アウトプットが生まれますよね。

 

車でも動き出すまで、

飛行機なら飛ぶまでが

一番パワーを使いますが、

動き出せばスーッと進んでいく。

 

脳もこれと同じ原理があります。

それを「作業興奮」といいます。

 

 

今をよりよくするために、

15分でもアクションを起こしていきましょう。

 

 

まとめ

  1. 緊急かつ重要なことにどれだけ自分が労力を注いでいる状況かを理解する
  2. 緊急でないけど重要なことにしっかりと労力を注ぐマインドを持つ
  3. 15分でもアクションを起こす習慣を身につける

 

人間1日は24時間ですし、

お金、資金の差はあるにせよ、

何かしら行動はできますよね。

 

緊急でないけど重要なことに

しっかりと労力を注ぐマインドを持って

「点」を打ちまくって今を変えていきましょう!

 

それでは、今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

あわせて読みたい

有料の商品を購入してもらえない時に確認すべき2つのポイント

ルパン三世にヒントあり?フリーランスが仕事を生み出す方法とは

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

下のリンク先で、

はじめに〜第1章(50ページ分)を無料公開中です。

公務員の仕事内容や業界・システムに

疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター