元公務員の無名フリーランスがツテがゼロの状態から全国出版をした道のりとは

↓ 豪華プレゼントがもらえるLINEメルマガ ↓

フリーランスのトモさん
私も本を出したいです。ハルさんはどうやって全国出版ができるようになったんですか?元々ツテがあったんですか?

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 全国出版までの道のり、イメージがわかる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

SNSもあり、

誰もが自分の活動を

発信できる個人の時代なので、

本とか自分の作品を持つのって大事ですよね。

 

物としてできあがると

やった実感がすごく湧くし。

その中でも本の出版に

興味がある人もいるのではないでしょうか。

 

 

今回は、ツテがゼロの状態から

全国出版までの道のりについて説明していきます。

 

SPONSORED LINK


 

ハルの全国出版までの道のり、流れとは

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

最初は自費出版しようと思っていました。

実際に行動した手順をいうと、、、

 

①執筆

②自費出版のための印刷費の見積書をとった

③クラウドファンディングに挑戦

④出版社の目にとまった

⑤出版社と打ち合わせ

⑥出版社と契約

⑦出版社の編集者さんと校正

⑧全国流通

という、①~⑧の流れで進みました。

 

これを1つずつ説明していきます。

 

 

①執筆について

自己満ではなく、

「社会意義」のある内容を

書くことが必要です。

 

なぜかというと、後で説明しますが、

クラウドファンディングに挑戦する

ステップがあるからです。

 

自分の趣味だけで終わるのは

共感が生まれないので

全国出版は難しいですね。

 

 

②自費出版のための印刷費の見積書をとった

3社見積書を依頼しました。

 

印刷費用はロット(冊数)

によっても変わってくるので

最低3社は取りましょう!

 

 

③クラウドファンディングに挑戦

必要経費を算出して

2018年の6.237.30までの

38日間クラウドファンディングに挑戦しました。

 

プロジェクトの文章については、

本のターゲットの属性に近い友人に

客観的に感想をもらいながら

何度も何度も書き直しました。

 

 

④出版社の目にとまった

クラウドファンディング挑戦中に

配信していた動画が目にとまりました。

 

動画を見てくれたのは、

以前に奈良のイベントで

同じグループになっていた

京阪奈情報教育出版の編集者の加藤さん。

 

加藤さんが社長に提案していただき、

クラウドファンディング達成後に

打ち合わせをおこなうことになりました。

 

 

⑤出版社と打ち合わせ

執筆した内容を全文お渡しし

読んでもらったところ、

「うちでぜひ」と言っていただいて

今後の出版までのスケジュールを詰めていきました。

 

 

⑥出版社と契約

初版の取り決めと、

2版からの印税の話など

細かいことを詰める段階です。

 

双方納得上、

正式に契約しました。

 

 

⑦出版社の編集者さんと校正

3回くらいは

紙面を郵送してもらい

双方でチェックしました。

 

ここが最後の山場ですね。

 

 

⑧全国流通

誕生日である

11/25に全国流通をする

スケジュールで進めていただきました。

 

初版で2000部発行

してもらったんですが、

そのうち540冊は

買取をおこなうことになっていたので、

自分で手売りや郵送で販売をおこなっています。

 

 

初版が売り切れたら

追加で第2版を刷ってもらえるようになります。

 

 

 

まとめ

まず、自費出版するぐらいの

勢いで執筆することですね。

 

書き終わったら

「なぜこの本を作りたいのか」を

しっかりと整理して、

クラウドファンディングに挑戦する。

 

期間中にSNSやブログで

発信することでチャンスをつかめる可能性もあります。

 

 

出版社としても、

クラウドファンディングの

リターン先が決まっているのは

ゼロからの出発ではないので

ハードルが低いのではないでしょうか。

 

 

「差異」のある作品をつくり、

「理解」を高めることで

「価値」を感じてもらう。

 

これは

出版だけに限らず

大事なことですね。

 

 

挑戦していることは

ドンドン発信していきましょう。

 

 

あなたの挑戦を

見てくれている人はきっといます。

 

 

それでは、今回はこのへんで。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

あわせて読みたい

フリーランスが人脈を作る際に必要不可欠な2つのポイント

これからの時代にフリーのライターが身につけておくべき2つのチカラ

言葉が仕事になる…?フリーランスが見落としがちなサービス制作の価値観とは

 

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

9800円の豪華プレゼントがもらえるLINEメルマガ




LINEメルマガ登録で無料プレゼント!
自己理解の最強ツール
「自分史の教科書」

「やりたいことがわからない」「目標はあるけど継続できない」というあなたの”人生の軸”を再発見し、心から達成したい目標を形にする画期的な教材です。(定価9800円)期間限定で無料でプレゼントキャンペーン中!




▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター