ピンチ発生時も大丈夫!不安に陥ったフリーランスに必要な心のあり方とは

SPONSORED LINK
フリーランス志望のタカさん
フリーランスとして活動していて結果を出すまでってかなりキツイ思いをされていませんか?そんな時に大事にしている考え方、心の持ち方について教えてください。

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • フリーランスとして活動していて辛い時、結果を出すまでの山登り段階で大事にすべき思考、心の持ち方がわかる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

 

おっしゃる通りで、

フリーランスとして活動していくのは

常に目標に向かって進むことが大事です。

 

役所時代は、

配属先も担当する仕事内容も

一緒に働く人も自動的に決まっていました。

 

ここの差はかなり大きいです。

自分で「あの山登るぞー!」って決めて

登山を始める感じです。

 

本を書き始め、

クラファンに挑戦し、

その後、出版社と一緒に校正し、

全国出版した時の達成感はすごかったです。

 

登り終えた時の

達成感はすごいですが、

登っている時は辛いときもあります。

 

 

過去を悔やんだり、

未来のことを考えて

不安になることは誰しもが

あることだと思います。

 

 

今回は、

フリーランスとして活動していて

辛い時、結果を出すまでの

山登り段階で大事にすべき思考、

心の持ち方について説明していきます。

 

 

SPONSORED LINK


 

 

フリーランスとして活動する上で忘れてはいけないこと

フリーランスといっても業種は様々ですが

基本的には好きな仕事をさせてもらっている人

挑戦させてもらっている人ですよね。

 

そういう立場なのであれば、

次の3つのことは忘れてはいけないなと思います。

 

  1. 好きなことに挑戦させてもらっていることに感謝する
  2. ピンチでさえもオモロがる心をもつ
  3. ゴールに向かっている時に起こることに向き合う

 

 

 

1.好きなことに挑戦させてもらっていることに感謝する

日本では大半が会社員ですよね。

働く先としては十分にあると言われています。

 

そんな状況・環境の中で

好きなことをさせてもらえている

というのは、すごいことですよね?

 

  • 職場のことを考えたら…
  • 家族のことを考えたら…

 

と思いながら、

我慢して社会のために働いている人も

多いはず。

 

いくら辛くても、

まずは感謝すべきですよね。

この気持ちは忘れたらダメだと思います。

 

 

 

2.ピンチさえもオモロがる心をもつ

今ぼくは3/20までの間に残り221記事を

書き上げる挑戦、山登りをしています。

 

1日あたり8〜10記事です。

インプットとアウトプットの繰り返しで

頭がパンクしそうな時もあります。

 

でも、記事数が増えたり

PV数が上がったり、

新しい読者さんが現れたり

少しずつ成果が出てきています。

 

 

辛いことの反対側には

メリットがある。

 

ピンチだから、

チャンスなんです。

この状況をいかにオモロがることができるか?

悩む時間を減らし、行動してアウトプットをしていくか?

 

状況や環境は変えられなくても、

思考を、物事の捉え方は自分の自由です。

ここで大きな差が出てくると思います。

 

 

 

3.ゴールに向かっている時に起こることに向き合う

先ほどの話と似たところがありますが、

起こること、見たり聞こえてくることは

そのゴールを目指す自分に必要だからこそ起こります。

 

 

ドラクエでも、

魔王のところを目指していると

モンスターが現れたり、

新しい武器を買ったり

新しい仲間ができたり、

途中で中ボスが現れたりしますよね。

 

全ては冒険に必要だからこそ

起こると思って、否定せずに受け入れ

向き合って行くことが大事です。

 

 

 

まとめ

  1. 好きなことに挑戦させてもらっていることに感謝する
  2. ピンチでさえもオモロがる心をもつ
  3. ゴールに向かっている時に起こることに向き合う

 

フリーランスとして

活動し始めてまもなく1年になります。

 

「起業に必要なのは何ですか?」と

聞かれることもありますが、

今回書いた内容を答えています。

心のあり方ですね。

 

 

心は、花で言うなれば

「種」です。

 

 

ゴールに向かって進む中での縁は

光や水です。

 

 

それで、どんな花が咲くか?

 

「ヒマワリの種を植えたはずなのに

チューリップだった」って不満をいうのは

最初の自分の「種」を植え間違えてるから。

 

それぐらい心の在り方って

大事だと思います。

相談できる人を作って定期的に

心のあり方をチェックしてもらえる

「メンター」を作っておくのってすごく大事なことだと思います。

 

 

参考になったでしょうか?

それでは、今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

 

あわせて読みたい

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

下のリンク先で、

はじめに〜第1章(50ページ分)を無料公開中です。

公務員の仕事内容や業界・システムに

疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

 

▼関連記事

ルパン三世にヒントあり?フリーランスが仕事を生み出す方法とは

有料の商品を購入してもらえない時に確認すべき2つのポイント

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター