これからの時代にフリーのライターが身につけておくべき2つのチカラ

↓ 豪華プレゼントがもらえるLINEメルマガ ↓

現役公務員のツバサさん
公務員退職後はフリーランスとして、インタビュー取材をして記事を制作する仕事をしていきたいと思っています。注意点や身につけておいたほうがいいスキルってありますか?

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • ライターとして活動していく上で必要な「深さ」と「幅」の視点を持つ機会となる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

公務員時代は37ヶ月、

フリーになってから1

密着取材をして動画と記事を

制作して発信することを

仕事にしています。

 

 

出会いの数だけ新しい価値観や

エピソード、ストーリーを

感じられて新しい世界を知ることができる

とても勉強になるし楽しい仕事です。

 

 

しかし、活動していて

「あぁ、これは時代から求められてることだな」と

強く感じることがあります。

 

 

今回は、ライターの仕事をしていきたい人が

身につけておくべきことについて説明していきます。

 

SPONSORED LINK


 

フリーランスのライターが身につけるべき2つのチカラ

ぼくが思うこれからの時代の

ライターが必要な力は下の2つです。

 

  1. 取材対象者の人柄や専門性を伝えるための「深さ」を作る力
  2. 取材後に記事を多くの人に読んでもらえる「幅」を取る力

 

 

「深さ」と「幅」については

『人生の勝算』や

『メモの魔力』を出版されている

SHOWROOMの代表の

前田裕二さんもおっしゃっていることです。

 

 

この考えにすごく共感したし、

「この説明すごく上手だな」と思ったので

このことについて1つずつ説明していきます。

 

 

価格・品質に差がなくなる時代では、「ストーリーの深さ」で差がつく

ぼくはよくトークイベントで

「あるトマト農家さん」の話をさせていただいてます。

 

公務員時代に取材・発信した方です。

30年間トマトだけを作ってきた

この農家さんの思いや農業に向き合う姿を

発信したところ、

 

 

職場に

「あの人のトマトはどこで買えるの?」

連絡が入ってきたんです。

 

 

つまり、

トマトはトマトでも、

その農家さんのトマトが

食べたくなったということです。

 

3年ほど前のぼくからすると、衝撃でした。

 

スーパーで売っているトマトと

その農家さんのトマトは

同じトマトでも価値が違うんだと。

 

 

誰がどんな思いで

作ったトマトなのかが

しっかりと伝われば、

売れ方が変わるんだと

思い知った出来事です。

 

 

どんな人柄なのか、

どんなこだわりを持って

自分の仕事に向き合っているのかの

ストーリーが商品に乗っかった時に

人は「深さ」を感じ、

驚きや感動が生まれて行動する。

 

 

その「深さ」をどこまで

創り出せるか。

 

 

ここはインタビューをおこなうライターの

編集能力にかかっています。

これが「深さ」です。

 

 

記事を書き、届けるまでが作品。「幅」の必要性とは

記事ができても、

読まれないと発信効果はゼロです。

 

自分の記事を楽しみにしてくれている

フォロワーや、ブログなどのメディアの

発信・影響力がどれだけあるのか。

 

厳しいですけど、

ここまで出せないとダメなんですよね。

 

 

だから、ライターであっても

SNSやブログ、YouTube

自分を発信することが大事です。

 

 

生み出す価値が変わるということは

ここで受注件数や単価にも

影響してきますよね。

 

 

自分のメディアを強化して

情報発信の「幅」を身につけておきましょう。

 

 

まとめ

  1. 価格・品質に差がなくなる時代では「どんな人」がやっているのかで差がつく
  2. 記事を書き、届けるまでが作品
  3. 自分をメディアにし、情報発信の「幅」を身につける

 

「深さ」と「幅」は両輪です。

 

両方とも身につけるには

とても時間がかかるし

努力する必要がありますが、

 

この2つを身につけられれば無敵ですね。

いっしょにがんばりましょう!

 

 

それでは今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

 

あわせて読みたい

言葉が仕事になる…?フリーランスが見落としがちなサービス制作の価値観とは

【ブログ】ノウハウ記事を求める時代から、〇〇〇〇まで求める時代に。

 

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

ハルって誰?(自己紹介)

 

9800円の豪華プレゼントがもらえるLINEメルマガ




LINEメルマガ登録で無料プレゼント!
自己理解の最強ツール
「自分史の教科書」

「やりたいことがわからない」「目標はあるけど継続できない」というあなたの”人生の軸”を再発見し、心から達成したい目標を形にする画期的な教材です。(定価9800円)期間限定で無料でプレゼントキャンペーン中!




▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター