お色気で勝負できなくても大丈夫!有料ファンクラブでは〇〇〇〇を配信すべき

SPONSORED LINK
友人のゆたこさん
ハルさん、私「CHIP」っていうアプリで月額のファンクラブを始めたんですけど、どういった内容を発信していったら良いですか?色々考えてるんですけどまとまってないんです。どう思いますか?

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • ファンクラブで発信すべき内容がわかる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

ぼくも「CHIP」というサービスを利用して

月額のファンクラブを運営していたことがあります。

誰でも月額有料ファンクラブが作れちゃうんです。

 

▼CHIPのホームページ

CHIP 頑張る人を応援する新しいカタチのファンクラブ

 

 

これやってる時、

ぼくもめっちゃ悩みました!

「何を配信したら喜んでくれるのかな」と…。

 

 

結局ファンクラブは辞めてしまいましたが、

やってみたことの難しさと

「今だったらこういうふうに使うなぁ」

という考えがあります。

 

 

ということで今回は、

有料ファンクラブで配信していくコンテンツ

について書いていきます。

 

 

SPONSORED LINK


 

どういう人に向かって配信するか

ファンクラブといっても色々ですよね。

男性向けなのか女性向けなのか。

 

ファンクラブ運営者が女性で

男性のファンを増やしたい場合は、

セクシーな写真なども織り交ぜながら

配信していくと喜ぶかもしれません。

 

でも、

「異性同性問わず仲間を作りたい」

という場合だと、

そういうお色気攻撃はできないですよね。

 

 

女性アイドルのファンを見ての考察

女性アイドルのファンで

「私も〇〇ちゃんみたいになりたい!」

という人もいるかもしれません。

 

でも男性のファンもいますし、

ファンみんなが必ずしも

アイドルになりたいわけじゃないんですよね。

 

ここ大事だと思うんです。

 

これと同じように、

ダイエット企画を応援している人が

自分もダイエットに挑戦するとは限らないです。

 

受験企画を応援している人が、

自分も受験するとは限らないです。

 

 

ということは、

お色気が欲しいわけでもなく、

そのテーマについてのノウハウが

欲しいわけでもない。

 

違うことに魅了されていると

考える必要があります。

 

 

目標に向かって挑戦している姿にファンは魅了されたり応援する

応援される人には、

明確な目標、ゴールがあります。

 

それに向かって紆余曲折している姿

勇気をもらったり、稼働したり

驚いたりしているわけです。

 

紆余曲折しているから

励ましたりサポートしたりしています。

 

 

月1本の映画を作るイメージが必要

周りと比べることではなく、

「過去の自分よりも成長したいから

そのために〇〇に挑戦します!」

 

と言い放ち、

それをとにかくやり切る

ストーリー型のコンテンツが必要です。

 

 

ぼくが去年チャレンジした

著書を書籍化する38日間の

クラウドファンディングもこれと同じです。

 

▼関連記事

誰もが自分の思いをゴマ化さず、自分の人生を自分で決定できる社会にしていきたい!

 

有限の期間の中での

リアルタイムの

ドキュメントが大事。

 

 

こういったことから考えて、

ファンクラブは月額制だし、

月単位で何かに挑戦する企画を立ち上げて、

それに挑戦することが必要だと思います。

 

 

ワクワクする一歩先のラーニングゾーンに挑戦しよう

「ラーニングゾーン」をといって、

がんばったら手が届くエリアに挑戦しましょう。

簡単にいうと、「ワクワクすることをやる」ってことです。

いきなり大きな目標に挑戦しすぎると、

パニックゾーンまで行ってしまい、不安や恐怖を強く感じていまします。

 

まずは、ドーパミンが分泌されてワクワクできる

ラーニングゾーンを攻める。

 

このエリアをどんどん広げ、

自分という人間を太くしていく

イメージになります。

 

 

 

まとめ

  1. 目的によって、配信するコンテンツは変わる
  2. お色気やノウハウ提供でなくともストーリーのコンテンツは配信できる
  3. 目標を設定して挑戦する紆余曲折の姿に人は魅了される
  4. ワクワクする一歩先のラーニングゾーンに挑戦しよう

 

有料ファンクラブという

クローズドの空間以外にも

対外的に伝えていったほうがいいですが、

クローズドだからこそ出せる舞台裏、

濃いホンネはコンテンツになるのではないでしょうか。

 

 

それでは、今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

 

あわせて読みたい

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

下のリンク先で、

はじめに〜第1章(50ページ分)を無料公開中です。

公務員の仕事内容や業界・システムに

疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

 

▼関連記事

ルパン三世にヒントあり?フリーランスが仕事を生み出す方法とは

有料の商品を購入してもらえない時に確認すべき2つのポイント

 

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター