こうしてぼくは公務員を退職して好きなことを仕事にできました

SPONSORED LINK

2018年9月29日。

この本が完成したときに、元公務員(いまはフリーランスで活動中)のぼくは次のセリフを叫びました。

 

「もっと早くこの本があれば良かった…!」

 

なぜそう叫んだのかというと、現役公務員時代のぼくは「いつか公務員を辞めて自分の好きなことで働きたい」と思っていたものの、ここまで自分にピッタリくる本がなかったからです。

 

この記事を読んでいるあなたも「仕事を辞めて好きなことで働きたいけどがんばってなれた公務員の地位を失うのが怖い、不安、もったいない」と思っていませんか?

 

この「グッバイ公務員~チャンスの扉~」という本では、これから人口が急スピードで減っていく日本国内で働くことになる公務員の「安定」や「将来性」について、公務員歴14年のぼくの実体験をに元にご説明しています。

 

 

公務員を辞めたいけど退職できない最大の問題は「お金」

この「お金」の心配を無くすためには、「お金の正体」を理解することと、専門スキルを身につけてそれを武器に稼げる自分になることが必要です。

この本では、公務員からフリーランスになってわかった「お金の正体」について説明しています。

また、公務員として働きながら専門スキル・稼ぐ武器を作った方法や、新時代の職業「ストーリークリエイター」についてもご説明しています。

これがわかると大勢の人はお金に対する心配をしなくてすむようになります。

 

 

「グッバイ公務員」読者の声・感想

 

元公務員が14年の実体験を元にこれほどリアルに説明している本はありません

大げさな話ではなく、ここでしか手に入りません。

 

ぼくが公務員を辞める前後、TwitterのDMで100通を超える相談や意見のDMが届きました。

これほどニーズ・関心があるにも関わらず、このような本がなかったんです。

「本にして多くの人に公務員のリアルを伝えないといけない」と感じ、9ヶ月かけて制作・出版することができました。

 

この本は、全国の大型書店だけでなく、Amazon楽天ブックスで販売しているので、スムーズに購入していただけます。

 

全184ページの4章構成で、

第一章「ぼくが公務員になるまでのこと」

第二章「14年間公務員として働いて感じたこと」

第3章「公務員を退職した理由」

第4章「公務員退職後に挑戦すること」

について書いていて、薄めの本なので早ければ1日あれば読んでいただけます。

 

ちなみに電子書籍のnoteであれば、書籍よりも38.2%オフの600で購入いただけていますぐ読み始めることができます。

また、note版には著書には入っていないオリジナルエピソードやトークイベントの動画(今後も追加していく予定)も含んでいます。(エピソードを追加するにつれて、価格は徐々にアップする可能性もありますので興味がある方はぜひお早めに!

 

著書の導入部分「はじめに」と、目次無料で読んでいただけますのでいますぐどうぞ。

関連記事【無料公開】グッバイ公務員〜チャンスの扉〜「はじめに」

 

 

 

HARU(@harumizuki423

 

自己紹介公務員歴14年で退職しフリーランスへ。HARUの人生ストーリー

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター