“大学生Aさん”に『グッバイ公務員』を届けたい

SPONSORED LINK

 

ハル
こんばんは、ストーリークリエイターのHARU(@harumizuki423)です。

昨日から、『グッバイ公務員』という本の予約販売を「HARU Online Store」で開始させていただきました。

 

予約申込をいただきありがとうございます

ありがたいことに本の予約申込をしていただいています。

本の価格は900円(税別)で書店に並ぶのは11/25ですが、サインを入れて郵送させていただくので郵送代とBASEのサイト使用料で305円をいただき、1,277円で予約販売させていただいています。

 

そして何よりうれしいのがみなさんからのリアクション。

 

 

 

 

▼クラウドファンディングで支援をいただいたオクラちゃんが『グッバイ公務員』の先読み特典後に書いてくれた記事

関連記事:グッバイ公務員 HARUさんの生き様 

 

 

ぼくはこの本を次のような大学生「仮名:Aさん」に向けて書きました。

 

Aさん(20歳)

漫画やゲーム、バスケットボール、軽音楽などいろんなことに興味はあった。

しかし、「とりあえず大学に入っとかないとダメだ!」と親や先生に言われ塾に通うようになる。

受験のために好きなことを我慢し、「点を取るための勉強」をして大学に入ったものの、自分がどんな仕事をしたいのかよくわからない状態になっている。将来について親に相談するが、「公務員ならクビもないだろう」と言われるが、公務員がどんな仕事をしているのかわからない。

自分との向き合い方もわからず、社会人の知り合いも少ない。

漠然とした不安を抱えている。

 

 

ぼくが”大学生Aさん”に向けて本を書いた理由

「今の学生は本を読まないよ」

 

そういう声もありました。

少子高齢化が進む日本で若者に向けて書いても人口比率的にも少ないので売れないんじゃないかとか。

 

でもね、これはもう「売れる」とかそういう問題じゃないんですよ。

Aさんのような学生に、「届けていかないといけない」内容なんです。

 

 

「とりあえず大学」

「とりあえず就職」

 

 

ぼくが高校1年生だった約20年前からこの波の流れは依然として存在しています。

教育のあり方から変えないとこれは変わりません。

じゃあどこからなら介入できるか?

義務教育と高校での教育を終えて、「とりあえず大学生」になった人たちにしか介入できません。

 

「とりあえず大学」

「とりあえず就職」

「就職したらとりあえず3年は我慢」

 

ここで、25歳になります。

 

公務員、会社員として働くことがダメと言っているのではありません。

「本当にそれで納得して生きているのかどうか?」です。

 

ぼくは2004年から14年間公務員をしてきました。

その経験を伝えることもできます。

それに、それだけではなくて、「本当に納得して公務員としてやっていくんだね?」と問いかけることができます。

 

テーマは「公務員」だけど、本当に伝えたいのは「自分らしい生き方」であり、「自分に成ろう」ということ。

折り合いをつけた「なんとなく」ではなく、「これこそが自分の望んでいることだ!」とホンネを理解してる状態になることって大事です。それで初めて、どうやったらその夢を実現できるかを考えてトライしていけますからね。

 

こういう思いを伝えたい。

考えてもらいたいと思っています。

 

昨日より今日、今日より明日。

日々ワクワクしたいし、より良い世界が見たいじゃないですか。

 

 

現役公務員の方にも予約販売をいただいています。

今自分の人生に疑問を感じている人に読んでいただき、内容がよければAさんのような学生に一緒に届けていただけるとうれしいです。

 

 

HARU

 

 

▼予約申込はこちらから

関連サイト:『グッバイ公務員』HARU Online Store

関連記事:【無料公開】書籍『グッバイ公務員』の「はじめに」全文

 

 

あわせて読みたい

▼「公務員」と「自分らしい生き方」を考える3時間!「公務員解体新書」の詳細な内容はこちらから

関連記事:【イベント10/6(土)】安定の象徴「公務員」を元公務員と現役公務員が徹底解剖

 

 

 

▼SNSでも発信しています!!

HARUのTwitter

HARUのInstagram

YouTubeチャンネル「日刊ハルハルハ」

 

 

▼あなたのビジネス、PRを応援するnoteの月刊マガジンもやっています

『月刊ハルハルハ』最強のコンテンツは、”人生”だ—。 

 

 

▼HARUの仕事一覧はこちら

記事・映像制作の仕事依頼や発信方法で悩んでいませんか?

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター