公務員から自営業になって気づいた!好きなことを仕事にするために必要な4つのこと

SPONSORED LINK
現役公務員のマチさん
公務員を辞めて自営業になりたいと思っています。安定を捨てて挑戦する中で得たものや価値観の変化について参考に教えてください。

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 公務員を退職してカフェバーを経営している人が得た気づき、価値観の変化を知れる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

今回の質問については、

自営業、特に飲食店経営者の

経験談が参考になると思うので、

 

元大津市役所歴9年で、

現在は京都でカフェ&バー

「スナックキャンディ京都」の

オーナーをしているぬまっちさんに話を聞いてみました。

 

今回はその内容を紹介します。

 

 

SPONSORED LINK


 

公務員から自営業になり、変化した働くことへの価値観とは

カフェ&バー「スナックキャンディ京都」のオーナー ぬまっちさん

カフェ&バー「スナックキャンディ京都」のオーナー ぬまっちさん(@tastu_tatsu_n

 

公務員という職業から身を退き、

現在は、飲食店経営や作家、

ラジオパーソナリティ、

イベントクリエイターとして

活動しているのですが、

今日は改めて”働くこと”について深く考えてみました。

 

 

”好きなことで生きていきたい”

”やりたいことを仕事にしたい”

誰でも1度は考えることではないでしょうか。

 

 

テレビに映るスポーツ選手や

俳優さんを見て、

雑誌に映るモデルを見て、

大好きな作家さんの本を読んでみて、

ユーチューブに映る楽しそうな動画を見て、

SNSで流れるブロガーさんの投稿を見て、

 

「でも、どうせ自分には無理だ…こんなことで生きられるのは限られた人だけだ…」

 

「好きなことで生きたい!働きたい!」

と願っては、

 

自分にはできないと考えてしまい、

なかなか一歩が踏み出せない。

 

 

でも結局それって、

”自分ではない誰かが

やっていること”だって気づいたんですよね。

 

 

目に映る景色に惑わされすぎで、

その良い部分にしか目がいってないなって。

 

僕は自分の心の奥にある想いや

感情の方が大切だと思っています。

 

 

矢印を外ではなく内側に向ける感じです。

そうするとあることに気づいたんです。

 

 

 

ぬまっちが考える”働き方”についての4つの大切なもの

  1. 繋がり
  2. 体験
  3. 笑顔

 

この4つが揃えば、

全て”仕事”になると思いました。

 

 

”仕事(働く)”とは、

自分の命を全うすることで、

本来、”人の想い”が形になっているものだからです。

 

 

自分の想いに素直になり、

”いいな”と感じたこと、もの、

人に飛びついていく。

 

それが”自分だけのオリジナルな体験”となり、

ふと自分の気持ちに気づけたり、

自分の感情と向き合うことができるようになります。

 

そして、

その体験やリアルな感情というのは、

他の誰にも感じることのできない貴重な宝物になるんです。

 

僕は、体験っていうのは

経験に自分の感情が

上乗せされているものだと思ってます。

 

 

その貴重な体験から感じ取った想いを

深掘り(見つめる、回帰する)すると、

そこに自分が本当にやりたかったことや

好きなことが見つかるものだと気づいたんです。

 

 

自分の足を使い、

体験したことの中に自分の好きなこと、

やりたかったことが詰まっているんだなと。

 

 

だから、チャレンジした分、

その好きなことや、

やりたかったものが見つかる確率は高いと思いました。

 

 

やりたいこと、

好きなことは

”探す”のではなくて。

 

やりたいこと、

好きなことは、

”自分の中に眠っている”んじゃないでしょうか。

 

 

”働く”とは”生きる”こと。

どう働くかはどう生きるか。

 

何かを始める理由なんて

何でもいいと思います。

 

チャレンジした分だけ

可能性は広がるものだと思います。

 

 

 

まとめ

  1. 人、繋がり、体験、笑顔の4つが揃えば、全て”仕事”になる
  2. ”仕事(働く)”とは自分の命を全うすることで、本来、”人の想い”が形になっているもの
  3. やりたいこと、好きなことは”自分の中に眠っている

 

 

働くスタイルは変わったものの

自分自身の看板で勝負する中で

見えたことをシェアしてもらいました。

 

ぬまっちさんも言ってますが、

やってみないとわからないことって多いですよね。

 

興味が少しでもあることは

とにかくやってみる。

 

そうして経験値を増やし

自分自身の感情を深掘りすることで

自分の本当の気持ち、

価値観に気づけるのではないでしょうか。

 

最後は、「これを仕事にする」と

決意するプロセスがありますが、

自分の道を歩む上で必要なことではないでしょうか。

 

 

それでは、今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

あわせて読みたい

志望動機には〇〇〇〇を忘れずに!元公務員が紹介する面接試験対策とは

ちょっと待って…!公務員を志望する前に確認すべきたった1つのこと

安定か挑戦か…?元公務員が退職時に考えていたこととは

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

下のリンク先で、

はじめに〜第1章(50ページ分)を無料公開中です。

公務員の仕事内容や業界・システムに

疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター