【ボランティア資金でお困りの方へ】「polca(ポルカ)」で「地域活動2.0」するのはどうですか?

SPONSORED LINK

 

HARU
ストーリークリエイターのHARU(@harumizuki423)です。実は、ぼくは出身が奈良県で、もともと役所で働いていたこともあり、「奈良をもっとおもしろくするプロジェクト「編集奈良」に参加していて、その中の「ならマガ」というローカルウェブメディアの取材記事を制作しています。住んでいるのは大阪なので公務員退職後は定期もなくなり、自費で参加しています。 

 

地域活動に興味のあるTAKAくん
大阪だと交通費結構かかりますよね??ボランティアですか? 

 

HARU
奈良駅まで一往復すると2,000円くらいかかります。月一回顔を合わせて今後1ヶ月どう活動していくかなどの打ち合わせを行うために会議に参加しています。世の中には地域活動をする時には資金に困っている人がいるのではないでしょうか?学生も電車に乗って奈良市に集まってくれていたり、、、そろそろ活動を持続していく仕組みづくりが必要だなと感じています。

 

地域活動に興味のあるTAKAくん
なるほど。ウェブメディアだとPV数などあれば、取材費やスポンサーなどマネタイズできそうですね。それまでは自費で活動していく必要があるわけですね。 

 

HARU
「そんなに奈良が好きならに住めよ」って声も聞こえてきそうですが、子どもの学校の事情や奈良での家賃を払える余裕もないわけで、電車で参加しているんですが、この活動も続けていきたいので、フレンドファンディングの「polca(ポルカ)」を立ち上げました。ボランティア活動をおこなっている人の参考になるかと思い、記事にします。

 

 

まだまだ知らない人が多い??「polca」

身近な友だち同士ではじめる、 フレンドファンディングアプリ。 やりたい事を思いついたら、企画をたて、必要な金額を友だち同士で集めることができます。 ※フレンドファンディングとは、友だち(friend)と、資金調達(funding)を合わせた造語です。(ポルカ公式ホームページより

 

アプリをインストールして企画を投稿

 

企画内容

奈良のローカルウェブメディア「ならマガ」http://naramaga.in/ への月一の顔合わせ会議や、取材活動(こんなストーリー記事制作です→http://naramaga.in/node/372 )をしています。公務員時代は通勤定期があったのですが、退職したため奈良駅への往復一回で2,000円かかるようになりました。

生まれ育った奈良を元気にするためにボランティアで参加しているのですが、活動を継続したいため支援していただけませんか? リターンとしては、ぼくが月7,560円かけて受講しているメンター講座の内容を噛み砕いたテキストファイルをお送りします。 目標達成のための心づくりにお役立てください。※すでにnoteマガジンを購読されている方は内容が重複するためご注意ください

 

こんな風に「リターン(お返し)」を示して、企画を投稿したら、、、

 

上の画面のように支援をいただいた方と支援金額が表示されます。

共感いただき、支援いただいたみなさんありがとうございます。

このうちの「takamatsu」とは、「編集奈良」の代表であり、ぼくがドキュメンタリーを制作した、奈良市役所の広報戦略課の高松さんです。

 関連記事:「いつか誰かが」ではなく「今自分たちが!」古都・奈良の公務員 高松明弘(その1)

 

もはや「編集奈良」から支援(業務命令)を受けたと言っても過言ではありません。

 

▼「ならマガ」では、こんな記事をこれから作っていきます。

関連記事:奈良・生駒の珈琲焙煎士、天白隆洋さん 

 

地域の中に魅力的な人いっぱいいますよ。

 

通勤して働いて帰ってきたらもう夜。

土日は自分のしたいことをする。

 

そんな日々を過ごしている方に「いつもと違うこんな人に会ってみないですか?」とオススメしていけたらなと思っております。がんばりますので、「この企画ええやん」と思った方は、支援よろしくお願いします。

 

▼polca支援ページ

https://polca.jp/projects/wYS9gA0ddGj

 

 

 

奈良盛り上げたいね。

大阪、関西、西日本も。(意味深)

 

 

今回のまとめ

HARU
「自分がやりたいこと」を公表すればいいだけなので、地域活動、ボランティア活動をおこなっている人は「polca」で支援を募ってみてはどうでしょうか?公務員はダメでしょうね。それではまた!

 

 

あわせて読みたい

▼「公務員についてもっと知りたい」と思ったあなたはこちらのマガジンも合わせてどうぞ

関連サイト:HARUの学生時代〜公務員時代〜退職までの軌跡『グッバイ公務員』

 

 

▼公務員に興味がある人はこちらもどうぞ

関連記事:【公務員】役所内の職員同士の連絡は電話が中心??

 

 

▼SNSでも発信しています!!

HARUのTwitter

HARUのInstagram

毎日配信しているYouTubeチャンネル「日刊ハルハルハ」

 

 

▼あなたのビジネス、PRを応援するnoteの月刊マガジンもやっています

『月刊ハルハルハ』最強のコンテンツは、”人生”だ—。 

 

 

▼HARUの仕事一覧はこちら

記事・映像制作の仕事依頼や発信方法で悩んでいませんか?

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター