不安な気持ちに負けてたら、目標は一生達成できないけどそのままで良いの?

SPONSORED LINK

 

ハル
こんにちは、ストーリークリエイターのハル(@harumizuki423)です。みなさん、何か新しいことに挑戦する時、「うまくできるかな」「大丈夫かな」って「不安」を感じることありませんか?

 

ハル
例えば、特に転職や独立など、大きな変化がある時ってかなり不安になりますよね?ぼくも公務員からフリーランスになるときに「うまくいくかな?」って思ってました。今回は、「不安」ってなんのためにあるのか、夢・目標の達成のための第一歩を切るための思考についてシェアします。

 

SPONSORED LINK


 

 

今回の記事の内容を動画で視聴される方はこちらから

「安定を捨てての挑戦」「自己啓発」「公務員」をテーマに毎日配信しています。もし、動画の内容が参考になったら高評価・チャンネル登録をしてもらえると嬉しいです。

 

 

不安って良いもの?悪いもの?

不安ってなんのためにあると思いますか?

 

これ実は、自分がその行動を行うべきか否かのレーダーの役割なんです。

 

決して「行動するな!」っていうサインではないんです。

「情報が不十分ですよ?」って教えてくれてるんです。

 

やってみてどうなるかっていう結果を予測するために、「必要な情報をもっと増やしたほうがいいよー」っていうサインなんですね。

 

 

単に勇気を出すための、情報が足りないんじゃないですか?

転職するなら、興味のある会社をもっと深掘りしてしらべてみる。

独立するなら、お金の話、時間管理の話、経営するっていうマインドについてしらべてみる。

 

これをやると不安は少なくなります。

オススメは、本を読むこと。

ぼくも仕事を辞める前に読んだ本があります。

下のリンク先の記事で紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

 

関連記事:役所・会社を辞めたいと思ったら決断を下す前に読んでおくべきオススメ本8冊

 

 

 

最後に

ハル
不安な気持ち、少しスッキリしてもらえたでしょうか?今日も読んでいただきありがとうございました。「この記事良いな」って思ったら、Twitterやインスタグラムのフォローをぜひ!!

 

 

▼「記憶力に自信が無いなぁ」と思っている人は下の記事も合わせてどうぞ。

関連記事:記憶力に自信が無い全ての人へ(その1)

 

 

▼SNSでも発信しています!!

HARUのTwitter

HARUのInstagram

毎日配信しているYouTubeチャンネル「日刊ハルハルハ」

 

 

▼「公務員ってどんな仕事?どんな業界?」などの興味がある方へ

HARUの学生時代〜公務員時代〜退職までの軌跡『グッバイ公務員』

「いつか誰かが」ではなく「今自分たちが!」古都・奈良の公務員 高松明弘

 

 

▼あなたのビジネス、PRを応援する月刊マガジンもぜひ!!

『月刊ハルハルハ』最強のコンテンツは、”人生”だ—。 

▼HARUの仕事一覧はこちら

記事・映像制作の仕事依頼や発信方法で悩んでいませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター