いじめ・パワハラはシステムが生み出す。役所で働く公務員の対処法とは

SPONSORED LINK
公務員のTさん
職場でいじめ・パワハラにあっています。どう対処したら良いでしょうか。

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 職場いじめ、パワハラが生じやすいシステムだと客観視できる
  • 問題にどう対処すべきかイメージが広がる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

昨日、下のツイートをしました。

 

これは作り話ではなく、

「アイツは心が弱いから潰れた」と

悟りながら言っている職員もいました。

 

 

これは企業・公務員とわず

みんな言ってることだと思っています。

 

 

特定の誰かが悪いとかではなく、

日本のシステム・文化、環境の問題が大きいです。

問題が発生しやすい状況ってことですね。

 

 

 

SPONSORED LINK


 

イジメやパワハラに合う方が悪いのか?

潰れた後輩と昔いっしょに

中華料理屋で飲んだことがあります。

明るくて元気で、よく笑う子でした。

 

 

でも、人事異動で

自分が苦手な事務の担当になり

そこの上司からパワハラを受けました。

 

会うと

「しんどいです

「異動したいです

そう言ってました。

 

 

しかし、異動できず、

上司と事務のダブルパンチに苦しみ続けました。

 

 

弱さに気づけてたのならなぜ助けられなかったのか

「アイツは心が弱いから潰れた」と

悟っているなら助けられたはずじゃ?

 

 

いや、気づけなかったから

助けられなかったんです。

 

 

潰れた理由の後付けです。

 

 

みんな忙しいシステムの中で手一杯。

「また潰れたのか」とその文化に慣れていて

継承してしまってるわけです。

 

 

「あの上司は〇人潰した」と

みんながわかっているのに

管理職のポジションのままで

あらたにまた職員を潰していく人もいます。

 

こういうシステムは本当に

改善した方がいいですが、

自浄作用が働かないシステムになっていることもあります。

 

 

ぼくは外部コンサルを

入れて働き方改革をしながら

イキイキと職員が働ける

職場環境を作っていくことが

ベストだと思っています。

 

 

税金がここに投入されることになりますが、

こういった事情も踏まえて理解していくことが必要です。

 

 

いじめやパワハラにあった時の対処法

パワハラによる自殺のニュースを

見かけることが多いです。

最悪の事態を避けるために、

相談できる人を見つけておきましょう。

 

 

相談相手を選ぶ時に大事なのは、

親しさよりも、その問題(いじめやパワハラ)について

先入観、偏見のない人に相談すること。

 

距離感よりも傾聴力があって

客観的に見てくれる人です。

 

その対話によって、

自分が置かれている状況を

理解することが大事なポイントです。

 

 

親や家族、組織内部の人に

相談しにくければ、

 

  • 友人・知人
  • 市町村の自殺対策担当課
  • いのちの電話協会

に相談しましょう。

 

組織内なら、

  • 組合
  • 人事

に相談しましょう。

 

 

事実把握をしてもらうことが大事なので、

スマホを駆使して状況証拠をおさえましょう。

 

 

 

まとめ

  1. みんな忙しさで手一杯
  2. 「また潰れたのか」とその文化に慣れて継承してしまう
  3. 自浄作用が働かないシステムに陥っているなら外部コンサルを導入すべき
  4. いじめやパワハラ問題に先入観、偏見のない人に相談しよう
  5. 事実把握してもらうための証拠はおさえておこう

 

1対多数ではなかなか勝てません。

逃げるが勝ちです。

 

一人で悩まず

相談できる人に相談しましょう。

 

 

それでは、今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

 

あわせて読みたい

人は変われる!公務員として失敗を気にせず挑戦するために必要なたった1つのこと

仕事に追われる公務員が緊張感から解き放たれるために必要な習慣とは

信頼される人はやっている!会話に取り入れるべき〇〇〇のチカラ

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

下のリンク先で、

はじめに〜第1章(50ページ分)を無料公開中です。

公務員の仕事内容や業界・システムに

疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター