公務員が一人暮らしした時に出る「住宅手当」とは

SPONSORED LINK
公務員志望の武田くん
ハルさん、公務員っていろんな手当が出るみたいですが、ぼくは親と昔から仲が悪く、社会人になったら一人暮らしがしたいです。寮とか社宅ってあるんですか?給料や手当で生活していけますか?どんな手当や制度があるか教えていただけると嬉しいです。 

 

こういった疑問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 公務員の住宅手当の基本的なことがわかる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(harumizuki423)です。

 

 

社会人になったら家を出たいんですね。

その気持ち、わかります。

 

自立というか、

自由というか。

 

ぼくも一人暮らしをする時に

ワクワクする気持ちになったものです。

 

 

今回は、

公務員が一人暮らしをした時に

出る「住宅手当」について

説明していきます。

 

 

SPONSORED LINK


 

 

1.住宅手当の目的・仕組み

アパートやハイツ、マンション、一戸建て等を

賃借して住む場合の「家賃」に対して

補助されるものです。

 

 

敷金や礼金については

自費負担となります。

 

 

あと、同居している人が

公務員であったり、

夫婦両方が公務員であったとしても、

「契約者本人」にしか手当は出ません。

 

 

 

基本給与とは別に出ます。

ぼくの場合、毎月最大で27,000円出ました。

 

 

「最大」ってどういうこと?

って思う方もいると思うので

具体的に説明していきますね。

 

 

 

2.住宅手当の計算

例えば、家賃が55,000円の家を賃貸した場合、

27,000円の住宅手当が出ます。

 

50,000円の家賃だと、

25,000円。

 

30,000円の家賃だと

15,000円。

 

 

こんな感じです。

駐車場の賃借については

手当は出ません。

 

 

3.マイホームのローン返済には住宅手当は出ない

持ち家に対しては手当・補助は出ません。

 

市町村役場に勤める場合は

マイホーム購入も良いと思いますが、

県庁に勤める場合は、

県内の病院や水道局や学校や

土木事務所などの出先機関に

配属されることもあるので、

通勤が大変だったりもします。

 

 

あと、これからは人口が減っていき、

先行きも不安な時代なので、

住宅ローンを組むよりも、

住宅手当をもらいながら

賃貸で暮らした方が

その時々のライフスタイルに適応できるし

いいんじゃないかなと思ったりもします。

 

 

結婚や出産、

子どもが大きくなったり、

社会人になって出て行ったり。

 

子どもの時代では、

海外に仕事に行くのが

当たり前になっているかもしれないですね。

 

 

 

4.寮や社宅はない

民間企業だとあるところもありますが、

役所には寮や社宅はありません。

 

「へぇ、意外!」という方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

まとめ

  1. 基本給与と別に「賃借の家賃」に対して毎月最大27,000円の手当がある
  2. 契約者本人にのみ手当される
  3. マイホームのローン返済には住宅手当は出ない
  4. 住宅ローンを組むときは慎重に
  5. 寮や社宅はない

 

 

ぼくは4月、5月、6月の給料と

6月のボーナス9万円を敷金や礼金に充てて

一人暮らししました。

 

この手当があるので

地方であれば、

4万円〜5万円の家賃でも

不安なく暮らすことができますよ。

 

 

 

では、今回はこのへんで。

ありがとうございました。

 

ハル(harumizuki423

 

 

補足 2019 2/15


 

 

 

あわせて読みたい

▼関連記事

【第1章(50ページ無料公開中)】公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴ったハルの著書「グッバイ公務員」

公務員の仕事内容や業界・システムに疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

 

▼関連記事

公務員になることで得られる5つのメリット(デメリットもあり)

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTubeチャンネル「HARUのメンターroom

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター