公務員は勝ち組…?元公務員歴14年フリーランスが思う公務員の印象とは

SPONSORED LINK
公務員志望のマコさん
元公務員のハルさんに質問です。公務員試験に合格して最初1年くらい勤務した時、どんな気持ちでしたか?今の気持ちと比較して教えてください。

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

・実際公務員になった時からの心の動き、変化がイメージできる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

公務員になったのは、

今から15年ほど前のことになります。

 

 

当時は、

センター試験受験者数も

毎年増えて国公立大学を

志望する学生も増えていました。

 

 

有効求人倍率は0.45ほどの

就職氷河期真っ只中。

誰もが

「挑戦」よりも

「安定」を求めて

少ない椅子を奪い合っている

ように見えていました。

 

 

それから

時は立ち、15年。

 

 

今でも

「公務員は勝ち組」という人もいます。

 

 

今回の記事は、

時代の変化やぼくの価値観の変化を合わせながら、

あらためて公務員は勝ち組かどうかを考えていきます。

 

SPONSORED LINK


 

正直な話、公務員になった当初は勝ち組だと思っていた

公務員になった当初、

勝ち組だと思っていた理由は、

  • 当時21歳で周りが大学生だったのでぼくの方が収入があった
  • 雇用が安定しているので車が買いやすかった
  • 収入が毎年上がっていくので将来に対する不安がなかった

というような感じです。

 

時代背景もありましたが、

お金や物の豊かさばかりに

視点が向いてましたね。

 

ゴシップガールとかセックスアンドザシティなど

セレブものの海外ドラマばかり見てました。

自分の見えていた世界があまりにも小さかったなぁと思います。

 

 

 

安定したものの、人生にワクワクが無くなった公務員4年目

そんな中、25歳頃から

ロックバンドを始めました。

 

もともと14歳の頃から

ベースを弾き始め、

それから毎日ベース漬けの日々を

過ごしていたのですが、受験を期に音楽をやめました。

 

 

その後、受験、公務員試験勉強と

勉強漬けの日々になっていき、

忘れていた思いがこの24歳の時に再燃したんです。

 

 

ライブハウスには、

音楽を、自由を求めている

イキイキとしているバンドマンがたくさんいて

その姿がとても羨ましく思えたんです。

 

 

安定していて収入はあるけど、

フリーターの彼らより

時間がない、自由がない。

 

このギャップの中で

モヤモヤしていました。

 

 

 

大事なのは物事のとらえ方……自分やあなたの人生はもうすでに素晴らしい

その後、母の死をきっかけに

バンドを辞め、ワクワクのない日々に

戻りましたが、その1年後のことです。

 

「公務員の仕事」に対する価値観が

劇的に変わる上司との出会いがありました。

 

 

その人のおかげで、

「公務員の仕事ってカッコいいことなんだ」

心から思えるようになったんです。

(この時のストーリーは、著書の「グッバイ公務員」に書いています)

 

 

 

気づいたのは、

自分のとらえかた次第で、

世界はガラッと変わるということ。

 

 

人と比較するのをやめ、

いかに自分の人生を

自分自身が素晴らしいと思えるか。

そこにしか自分の幸せはないんだなと思いました。

 

 

 

まとめ

  1. 「安定」が勝ちではなく、人生を素晴らしいと思えているかどうかで絶対的に勝っている
  2. 世間がいう公務員の印象・イメージは思い込みなので気にしないで良い

 

公務員自身が一番

「公務員ってこうだよね」

「公務員だからそれはダメ」

と、思い込んでいるところがあります。

 

 

世間がいう価値観に付き合う必要って

そもそもないと思うんです。

 

 

結局は、住民や社会のために

なる行動以外、意味をなしません。

 

住民と役所がwin-winになることをしていれば

世間体は対して気にする必要はないですね。

 

 

 

それでは、今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

あわせて読みたい

ちょっと待って…!公務員を志望する前に確認すべきたった1つのこと

他人の意見を気にせずに生きるために必要なたった1つのこと

地方公務員試験初級(高卒程度)採用者1年目の手取り給料・ボーナスの金額とは

 

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

下のリンク先で、

はじめに〜第1章(50ページ分)を無料公開中です。

公務員の仕事内容や業界・システムに

疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター