記憶力に自信が無い全ての人へ(その3)FINAL

SPONSORED LINK

 

ハル
こんにちは、ストーリークリエイターのハル(@harumizuki423)です。この記事は、「記憶力」「効果的学習」に関する連載の第3回目、最終話になります。

 

【連載一覧】

記憶力に自信が無い全ての人へ(その1)

記憶力に自信が無い全ての人へ(その2)

記憶力に自信が無い全ての人へ(その3)【今回】

 

 

SPONSORED LINK


 

 

今回の記事の内容を動画で視聴される方はこちらから

「安定を捨てての挑戦」「自己啓発」「公務員」をテーマに毎日配信しています。もし、動画の内容が参考になったら高評価・チャンネル登録をしてもらえると嬉しいです。

 

 

Times(回数)については、前回の動画をご覧ください。

前回までの動画で、記憶をサイエンス的に考えるとImpression(印象)とTimes(回数)の2つがポイントになっていることをお伝えしました。

 

 

記憶・学習を高めるImpression(印象)とは?

みなさん、ドラマとか映画とかお笑いとか見ていて、驚いたり、笑ったりしますよね?

記憶は、情報を受け取る時のインパクト、印象で高めることができるんです。

たまに友達とかで「好きなことならいくらでも覚えられるのになぁ」って言っている人いますよね?

そりゃそうなんですよ。

インパクトが強いから!

 

だから、興味・好奇心を持てることに取り組む乗ってめっちゃ良いんです。

成長するためにも興味、好奇心は持った方が良いんです。

 

このImpression(印象)とTimes(回数)の2つ、IT理論を使うと意図的に成長が可能になります。学ぶことができるのはスキルです。

 

 

こういうアクティブ・ラーニングや自己啓発の記事や動画を配信する個人的理由

ぼくは高校時代に赤点5つとるほどのバカでした。勉強できないのが、コンプレックスでした。大学入試にも失敗して「自分はダメだ」って思ってた人間です。

 

でも、それは自分から学んでいく学習方法ではなかったからです。

この記憶学習のIT理論については、ハーバード大学の講師経験もある、「アクティブ・ラーニング」のパイオニア、羽根拓也さんの一冊の本やYouTubeで配信されている動画です。セミナーにも参加したことがあって、その時に知りました。

 

アクティブ・ラーニングを知ってからは今は学ぶのがすごく楽しいです。

みなさんもどんどんやっていきませんか?

 

 

最後に

ハル
今日も読んでいただきありがとうございました。「この記事ええな」って思ったら、Twitterやインスタグラムのフォローをよろしくお願いします!

 

 

▼「漠然ともっと成長したい!」と思っているあなたへのオススメ記事はこちら

関連記事:流されない生き方に必要な「失敗しない自己投資」のやり方(その1)

 

 

▼最新情報はTwitterでツイートしています

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター