これからの時代も公務員は安泰?歴14年の元公務員が考えた定年までと定年後とは

SPONSORED LINK
公務員志望の越智さん
「公務員になると一生安泰だよ」と親から公務員になることを勧められます。元公務員のハルさんからみて、公務員業界の今後はどう見えますか?安泰だと思いますか?

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 公務員が今後も安泰かどうかのイメージが広がる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

 

「公務員になると安泰だよ」

「一生幸せだよ」という言葉を

信じて公務員になって辞めた人が

ぼくの友人でいます。

よければ参考にしてみてください。

結構記事読まれてます。

 

▼関連記事

なぜ彼女は公務員を退職したのか?元草津市役所職員 吉川真実

 

 

「安泰」とか「一生幸せ」という言葉を分解し、

次の2点について今回は、説明していきます。

 

  1. 定年まで働けるか
  2. 定年後はどうか

 

それでは、よろしくお願いします。

 

 

SPONSORED LINK


 

 

公務員は今後も定年まで働けるか

まず、人口減少で自治体が消滅しないかどうかの

チェックが必要です。

ぼくも公務員時代下の本を読んで驚きました。

 

このままでは896の自治体が消滅しかねないー。

減少を続ける若年女性人口の予測から導き出された衝撃のデータである。 (著書より)

 

人口がどうなっていくかは、

経済がどうなっていくのかよりも

見通しの精度が高い。

 

出産は女性しかできないので、

若年女性の人口予測を元に考えるからです。

 

 

 

公務員試験を受験する自治体もしっかり選ばないといけない

財政破綻した夕張市では、

課長級の給料が17万円だという

記事を読んでこれも衝撃でした。

 

▼関連記事

夕張市破綻から10年「衝撃のその後」若者は去り、税金は上がり…

 

「このまちをなんとかしたい!」という

強い思いを持っている人であれば、

目的が変わってきますね。

 

 

でも、共通して言えるのは、

「まちの安定なくして、

公務員の安定はない」

ということです。

 

 

人口が減ると税収も減ります。

住民が「お客さん」ばかりだと、

職員のマンパワーも予算も疲弊します。

 

一緒にまちを経営していってくれる

仲間としての市民を増やさないといけない。

まちのコーディネーターとしての公務員が

これから求められてきます。

 

顔の見えるフラットな関係性で

ポジションをとりあって

みんなでまちを経営する時代なわけです。

 

定年まで働けるかどうかは、

ここにかかっています。

すごく大事な職業です。

 

 

 

定年後はどうなるか

「年金がもらえるだろうし

絶対に大丈夫だ!」と

思っている人は、

この記事をとじてもらって大丈夫です。

ありがとうございました。

 

 

「十分な年金がもらえないかも…」と

思っている方にお話ししていきます。

共済年金の財源がいつまでどれくらいあるかご存知ですか?

 

公務員等が加入していた共済年金については、

2015年10月に厚生年金に統合(一元化)され、

「廃止」されました。

 

公務員だから特別ではなく、

会社員と一緒の年金制度になったということです。

とても期待しにくいですよね。

 

 

そうなると、

自分で稼いでいくチカラが必要なわけです。

 

世の中では副業を解禁していく会社が

増えてきていますが、

公務員の副業解禁はまだ先のことです。

(神戸市・生駒市では一部NPOなどの活動はOK)

 

 

役所ではスペシャリストが育ちにくい

14年勤務していて感じていたのは、

3〜4年周期で人事異動があるため、

その間に専門家レベルまで知識をつけて

実践しないとスキルが身につきません。

 

「3年我慢して次に希望の部署にいけたら良いな」

というイヤイヤな気持ちでやっていてもダメってことですね。

 

 

逆に3〜4年周期で異動する部署で

専門性・スキルを身につけて

情報発信力も掛け合わせることができたら

強い武器になっていくでしょう。

 

 

商品やサービスを作り出し、

必要な人に届けられる発信力があると

道は開いていきます。

 

 

まとめ

  1. 受験する自治体が消滅する可能性が高いかどうかは事前にチェックすべき
  2. まちの安定なくして公務員の安定はない
  3. 思い描いている暮らしに十分な年金がもらえるかどうかはわからない
  4. 配属先の部署で3年以内にスペシャリストになる意識を持って働き続けると掛け算が起こり退職後の武器になる可能性がある

 

 

結構ショッキングな内容だったかもしれません。

しかし、定年まで働けるかどうかで

就職先を判断する時代は終わりました。

 

定年後も、どんな暮らしがしたいか、

そのために自分の商品・サービスは

どんなものが作れるかを考えていく

必要があるのではないでしょうか。

 

 

「こんなはずじゃなかったのに」

思わないで生きていきたいですね。

 

 

それでは、今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

 

ハル(@harumizuki423

 

 

 

 

あわせて読みたい

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

下のリンク先で、

はじめに〜第1章(50ページ分)を無料公開中です。

公務員の仕事内容や業界・システムに

疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

 

▼関連記事

公務員一年目でパワハラやいじめに合わないために必要な対策方法とは

ヘアカラーならOK?ハイブリーチは?公務員の茶髪事情とは

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTubeチャンネル「HARUのメンターroom

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター