公務員の仕事はデスクワークばかりでつまらない?それ思い込みです。

SPONSORED LINK
公務員志望の堺くん
公務員はデスクワークばかりでつまらないイメージがありますが、実際のところどうでしょうか?デスクワーク以外の仕事もありますか?

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 公務員の仕事内容がわかる
  • デスクワーク以外の仕事もあることがイメージできるようになる
  • なぜ公務員として働くのかを考える機会になる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(harumizuki423)です。

 

 

ぼくも役所に入る前は、

デスクワークが中心なんだろうなと

思っていました。

 

 

しかし、その認識は

間違っていました。

 

今回は、公務員の仕事内容について

説明していきます。

 

 

SPONSORED LINK


 

 

【いきなり結論】内部管理はデスクワーク中心だけど住民向けの仕事では役所外の現場の仕事もある

なので、部署によって違います。

 

公務員の仕事は大きく分けて

次のようなものになります。

 

  • 総務・人事
  • 職員健康管理
  • 広報
  • 観光・地域振興
  • 医療・福祉
  • 人権・青少年
  • こども・家庭
  • 農林
  • 土木
  • 産業・雇用
  • 教育委員会
  • 水道局

 

基本的には、

国の省庁や県庁の組織に沿って

部署がツリー状に設置されています。

 

イメージとしては、

  • 厚生労働省→福祉部・生活保護課
  • 国土交通省→土木部・道路管理課・土木事務所
  • 文部科学省→教育委員会・学校
  • という感じですね。

 

全体の大きなシステムの中で

動いているということです。

 

 

なので、例えば

職員の健康管理を担当するような部署では

デスクワークが中心で大量の書類と

向き合うことになります。

 

 

一方、道路や河川の現場の管理を行う

土木事務所に配属になると、

用地買収や現場の復旧対応などもあるので

現場に出ることも多いですね。

 

 

 

机上だけでは現場のことはわからない

ぼくの上司(人生の師匠)の口癖で

「答えは現場にある」という

「踊る捜査線」に出てくるような

言葉の通り、デスクワークばかりを続けていると

「わかったつもり」になってしまうことも多いです。

 

 

ぼくは精神保健・自殺予防の仕事をしている時、

患者さんを精神科病院に車で連れていくことも多かったです。

4年で600件ほどは行ったと思います。

 

資料では、

「〇〇病院に〇〇〇名が入院中」

となっていますが、

実際に病院の現場に行かないと

どんな病状の方がどうしているのかは

わかりません。

 

そこに入院されるまでにどういう経緯があったのか、

家族や地域、社会の問題点を直に感じることができました。

 

それを強く感じながら、

しっかり現場を理解して

政策を考えないと、

実態に合わない政策になってしまいます。

 

 

 

大事なのは、どんなマインドで仕事をするか

公務員といっても、

人間です。

 

  • 虐待
  • ニート
  • 自殺
  • 生活保護

 

その人というより、

そのジャンルに対する

偏見は誰もが持ってしまうもの。

 

 

でも、公務員はこの偏見を

なるべく持たないようにしないといけない

ポジションです。

 

 

そのためには、現場に行って

実態を知ること。

 

 

大事なのは、デスクワークと現場の比率。

ここに尽きると思います。

 

 

 

まとめ

  1. 内部管理はデスクワーク中心だけど住民向けの仕事では役所外の現場の仕事もある
  2. 机上だけでは現場はわからない
  3. 大事なのは、どんなマインドで仕事をするか

 

 

公務員の人事異動周期は3〜4年と

言われています。

 

 

希望する部署に

配属されないこともありますが、

「ここでどんな経験ができるんだろう」と

能動的なマインドで臨むことで、

3年後の自分の経験値が大きく変わってきます。

 

 

今回の記事が参考になれば

嬉しいです。

 

では、今回はこのへんで。

ありがとうございました。

 

ハル(harumizuki423

 

 

 

あわせて読みたい

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

下のリンク先で、

はじめに〜第1章(50ページ分)を無料公開中です。

公務員の仕事内容や業界・システムに疑問がある人はぜひチェックしてください。

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

 

▼関連記事

ぼくが公務員を目指したきっかけは、「〇〇の価値」が高かったから

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTubeチャンネル「HARUのメンターroom

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター