公務員を退職して独立する場合にやっておくべき5つのこと

SPONSORED LINK
現役公務員のタカコさん
公務員を辞めてフリーランスになりたいです。収入の目処がたってから辞めたほうがいいですか?

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 実際に公務員を退職してフリーランスになった人の失敗談が読める

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

自分の今後の収入がどうなるかは

とても気になりますよね。

 

自分の経験から言うと、

もっと現役公務員時代に

用意しておくべきポイントがあったので説明させていただきます。

 

SPONSORED LINK


 

公務員を辞めるまでにやっておいたほうがいいこと

  1. フリーランスとして活動したいことを全力でがんばってSNSで発信
  2. 専門知識と体験を含む記事をブログに300記事以上書く
  3. 自分の作品を作っておく
  4. メンターを見つける
  5. リアルな話、1年間赤字でもいけるくらい貯金はしておこう

 

これらのことについて1つずつ説明していきます。

 

1.フリーランスとして活動したいことを全力でがんばってSNSで発信

フリーランスになって

一番大事なのは

人とのつながりです。

 

ぼくがそう思うのは、

仕事も情報も人脈を通じて

入ってくると思っているからです。

 

あと、応援してくれる人がいると

モチベーションが保てます。

 

SNSなどのオンラインでも

リアルな場所でも、

フラットな関係で

つながりを作っておくことが大事です。

 

そういった中から

企業との契約や、

クライアントとのつながりを

作っておくことができるようにしておきましょう。

 

 

2.専門知識と体験を含む記事をブログに300記事以上書く

300記事ほど書かないと

グーグルの検索エンジン経由で

あなたの存在や活動内容を

見つけてもらいにくいのが実感です。

 

独立前にできれば

10,000PVはつけておきたいですね。

 

あなたと会ったことがなくても

あなたの知識で役立つことができるはず。

 

「偶然見つけたんですけど」

っていうチャンスも大事ですよね。

 

 

3.自分の作品を作っておく

商品・サービスって形になってないと

評価できません。

ぼくの場合でいうと、

制作した動画や記事を公開していないと

「密着取材や動画編集や記事って

どれくらいのクオリティのものを

作ることができるの?」

って思われて当然だと思います。

 

「オファーをもらえたら作れると思っている」

という状態では不十分なんです。

 

公務員をしながら無償でもモニターを募集して

その人に良い影響を与えることができます。

 

モニターの方から良い感想をもらうことや

インパクトのあるビフォー・アフターを

表現できれば「オファーしてみようかな」と

思ってもらえたり、興味を持ってもらえますよね。

 

これは公務員を辞める前に

やっておいた方がいいです。

 

 

4.メンターを見つける

メンターとは何かというと、

自分のホンネを明らかにしれくれて

目標設定や課題整理、

モチベーションアップや

メンタルケアをおこなってくれる相談相手のことです。

 

フリーランスになって

大事なのは、

毎日コツコツとやることなんですが

 

「ダメだ」

「無理かも」

と弱気になってしまうことがあるんですね。

 

 

負の感情に支配されると

行動量が減って、結果も

うまく出せなくなってしまうんです。

 

 

こうなった時に

相談できるメンターを見つけておきましょう。

 

 

5.リアルな話、1年間赤字でもいけるくらい貯金はしておこう

実家暮らしであれば

親に相談して

お世話になることもできますが

一人暮らしの場合、

お金がないと余裕がなくなって

ポジティブに物事を考えるのがかなり辛くなります。

 

 

フリーランス1年目は

種まきの時期になるので、

最低1年間は赤字でも

続けられるように貯金しておきましょう。

 

 

 

まとめ

  1. フリーランスとして活動したいことを全力でがんばってSNSで発信
  2. 専門知識と体験を含む記事をブログに300記事以上書く
  3. 自分の作品を作っておく
  4. メンターを見つける
  5. リアルな話、1年間赤字でもいけるくらい貯金はしておこう

 

 

特に5つ目のお金の話は

かなり切実な問題になります。

生活に直結しますからね。

 

 

フリーランスになる場合は

この5つをおさえて準備していってください。

 

それでは、今回はこのへんで。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

あわせて読みたい

公務員を退職する前に必ず確認しておくべき1つのこと

【公務員退職希望者向け】あなたにあった働き方を一緒に考えます

退職した元公務員への直球質問!「もう一度公務員として働きたい?」

 

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター