公務員がブログ副業で「記事のクリック率」を上げる方法

SPONSORED LINK
現役公務員
現在、公務員として働いているけどブログで毎月プラス5万円収入をアップさせたい。ブログ記事を読んでくれる人、クリックしてくれる人を増やす方法を知りたい。

 

こういった質問について、お答えします。 

 

 

この記事の内容を読んで実践すると

  • あなたが書いた記事が読まれるようになる

  • Google Adsenseやアフィリエイト収入がアップする

 

 

この記事の信頼性

この記事を書いているぼくは、元奈良県庁で公務員として14年働きました。

また、その経験を著書「グッバイ公務員」に書いて全国出版をしています。(Amazon楽天ブックスでも販売)

 

そして現在はストーリークリエイターという肩書きで、密着・インタビュー取材をして記事や動画を制作する活動をしています。

HARU(@harumizuki423)といいます。

 

 

令和に突入しましたが、公務員は基本的に副業ができません。

ネット副業をするにしても、顔出しや声出しもしにくい立場です。

「動画の時代」と言われていますが、YouTuberにもなることはできません。

 

そうなると、勝負できるのはブログくらいです。

ブログで得意なこと、好きなことを発信して収入を得る。

 

しかし、すでにブログを始めている方で「記事を書いてるけど読まれていない」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、ブログ副業で「記事のクリック率」を上げる方法をお伝えします。

 

 

SPONSORED LINK


 

 

公務員がブログ副業で「記事のクリック率」を上げる方法

ブログで収益を上げる公式は、「記事閲覧数×広告クリック率×成約率=売上」です。

 

例えば、あなたが書いた「ある記事」を、1200人が読み、3%の人が広告をクリックし、さらに3%の人が商品購入や資料請求(1100円)をした場合、1件の成約で100円の売上になります。

 

この3つのうち、まず「記事閲覧数」を上げることができると売上につながっていきます。

今回は、この数値をアップさせるための解決策をお伝えします。

 

 

記事のクリック率を上げるには「タイトル」が超重要

あなたが「ブログ副業」の本を買うために、本屋にいることを想像してください。

次の2つのうち、どちらのタイトルのものを手に取りますか?

 

 

確実に「ブログ飯」ですよね。

 

 

このように雑誌・新聞・ネットニュース問わず、人はまず「タイトル」を見るからです。

 

 

 

ここでさらに1つ質問です。

 

あなたはこれまでに、「人の興味を引くタイトルのつけ方」を学びましたか?

 

情報・メディア関係の学科や心理学系の学科を専攻していない人は、基本的に学んでいないはずです。

ブログ記事も同じで、「お、これ気になるな!」と思ってもらえる「タイトルのつけ方」を学ぶ必要があります。

 

 

 

【解決策】「ザ・コピーライティング」を読んで「タイトルのつけ方」を学ぶ

 

著者のジョン・ケープルズ氏は49年間コピーライターとして活動されていました。

特に「通販広告」で人の興味を引き、売上につなげるコピーライティングをとことん研究し続け、結果を出し続けてきました。

本書には、そのジョン・ケープルズ氏のノウハウが詰め込まれています。

 

この本を読めば、読者の注意・関心を引く「タイトルの付け方」を学ぶことができます。

 

そういうタイトルが付けられるようになると、SEO(検索エンジン)の結果一覧や、SNSで発信した時のクリック率も変わってきます。記事にやってきてくれる人の数も増えますね。

 

大事なことなので繰り返しますが、ブログで収益を上げる公式は、「記事閲覧数×広告クリック率×成約率=売上」です。

 

この本の内容を学び、「記事閲覧数」を高めましょう。

メンタリストDaiGoさんも「この本には価格の10枚以上の価値がある」と大絶賛の内容です。

 

タイトルの付け方について少し紹介すると、次の5つのポイントが入っているとクリックされやすいです。

  1. お得・有益情報
  2. 新情報
  3. 好奇心が湧く
  4. 簡単・手軽さ
  5. 信憑性

 

 

 

まとめ:記事クリック率、記事閲覧数を高める方法

  • 記事のクリック率を上げるには「タイトル」が超重要
  • 「ザ・コピーライティング」を読んで「タイトルのつけ方」を学ぶべき

 

ぼくもこの本を読むまでは、インターネット上の「広告」や「キャッチコピー」は胡散臭いと思っていました。

しかし、この本を読んでからは、「広告」は本来、「読者の望んでいることを明確にし、必要な商品・サービスを届けて、生活をより豊かにするもの」だという価値観に変わりました。

 

 

ちなみにぼくはこの本を読んで実践したところ、noteマガジン「人生を変えるメンターの力〜前向き思考で行動し続ける方法〜」(750円)を購読いただくことができています。「継続力」を高めたい方はぜひ「はじめに(無料公開)」を読んでみてください。

 

 

この本を読んで、「読者の注意・関心を引くタイトルのつけ方」を学び、記事閲覧数を高めていきましょう。

 

 

副業解禁されない公務員のリスクについては下の記事で書いています。興味のある方はぜひ。

関連記事実は手取り収入は下がってる…?副業解禁されない公務員のリスクとは

 

 

HARU(@harumizuki423

 

自己紹介公務員歴14年で退職しフリーランスへ。HARUの人生ストーリー

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター