【公務員の人間関係】議論に勝つ最善の方法は、〇〇を避けること

SPONSORED LINK
現役公務員のサカキさん
カッとなる性格で議論になるとつい勝ち負けにこだわってしまいます。相手と理解し合えるようになるにはどういうマインドで臨むべきでしょうか。

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 議論は避け、誤解を解くことに集中できるようになる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

役所内のタテ割りや

部署間の都合などで

イライラしてしまう事があると思います。

 

今回は、議論を避けて

誤解を解くことに集中できる

マインドについて説明していきます。

 

SPONSORED LINK


 

【いきなり結論】議論に勝つ最善の方法は、議論を避けること

人間関係をテーマにしている

世界で500万部販売されている

名著「人を動かす」の中に

参考になる内容があります。

 

議論に勝つ最善の方法は、この世にただ1つしかないという結論に達した。

その方法とは、議論を避けることだった。

毒ヘビや自信を避けるように議論を避けるのだ。

議論は、ほとんど例外なく、双方に、自説をますます正しいと確信させて終わるものだ。

議論に勝つことは不可能だ。もし負ければ負けたのだし、たとえ勝ったにしても、やはり負けているのだ。

なぜかと言えば、仮に相手を徹底的にやっつけたとして、その結果はどうなる?

やっつけた方は大いに気をよくするだろうが、やっつけられた方は劣等感を持ち、自尊心を傷つけられ、憤慨するだろう。

「議論に負けても、その人の意見は変わらない」

(デール・カーネギー「人を動かす」より引用)

 

注目すべきは、

議論で勝っても好意は得られないし、

相手の意見も変えられないということです。

 

人は重要感を欲すると権威を振り回して

重要感を得ようとしますが、

これが認められるとたちまちに思いやりを

表現するようになるエピソードが

この本の中でも紹介されています。

 

 

誤解は議論をもってしては永久に解けない

リンカーンはある時、同僚とケンカばかりしている青年将校をたしなめたことがある。

自己の向上心を心がけているものは、喧嘩などする暇がないはずだ。

おまけに、喧嘩の結果、不機嫌になったり自制心を失ったりすることを思えば、いよいよ喧嘩はできなくなる。

(デール・カーネギー「人を動かす」より引用)

 

必要なのは、議論や喧嘩を

することではなく、

相手を理解しようとすること。

 

意見の不一致が生じた時の対策は、

  • 意見の不一致を歓迎せよ
  • 最初に頭をもたげる自己防衛本能に押し流されてはならない
  • 腹を立ててはいけない
  • まず相手の言葉に耳を傾けよ
  • 意見が一致する点を探せ
  • 率直であれ
  • 相手の意見をよく考えてみる約束をし、その約束を実行せよ
  • 相手が反対するのは関心があるからで、大いに感謝すべきだ
  • 早まった行動を避け、双方がじっくり考え直す時間を置け

という9つを実践することです。

 

言い負かすのではなく、

まず話を聞いてみる。

 

その中で賛成できる部分があれば認める。

 

自分が誤解していたり、間違っていると思うところは認めて謝る。

 

そうすることで相手の武装もとける。

 

お互いに早まった判断にならないか考える。

 

一時の感情でお互いにとって

よくない結果になることを

避けるように話し合いを進めたいですね。

 

 

 

まとめ

  • 議論に勝つ最善の方法は、議論を避けること
  • 誤解は議論をもってしては永久に解けない
  • 一時の感情でお互いにとってよくない結果になることを避けよう

 

勝ち負けになっていないか?

自分の正当性を主張しているだけじゃないか?

お互いにとってwin-winになるには?

 

そういう前向きな質問を自分におこない、

相手の立場も踏まえて考えることで、

組織内に味方も増えて大きい仕事ができるように

なっていくのではないでしょうか。

 

それでは、今回はこのへんで。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

 

今回参考にした本

 

 

 

あわせて読みたい

【公務員人間関係】誤りを指摘するときに注意すべきたった1つのこと

タテ割りでモメてしまう…。公務員に欠かせない言葉の表現力とは

【公務員】「税金泥棒」と言われた時のマインドを保つたった1つの方法とは

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター