公務員になればゴール…?幸せに生きるために欠かせない1つのこと

SPONSORED LINK
就活生のナミさん
親や周りの人から「公務員になれば幸せになれるよ」と言われています。公務員になれば本当に幸せになれますか?

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 幸せを決定するものが何かを知ることができる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

 

「公務員になればラクができる」と

ぼくも公務員の専門学校に通っている時に

講師の先生からそう聞いたし、

ぼくも親もそう思い込んでいました。

 

公務員といっても

つまらなそうに毎日を

過ごしている人もいれば

「毎日が最高」と過ごしている人もいます。

 

この差はなんなのか?

 

今回は、幸せを決定するものは

なんなのかについて説明していきたいと思います。

 

SPONSORED LINK


 

幸せは自分の気の持ち方1つでどうにでもなるものである

ハーバード大学の教授だった

ウィリアム・ジェイムズは、

次のように言っています。

 

動作は感情に従って起こるように見えるが、実際は、動作と感情は並行するものなのである。

動作の方は意思によって直接に統制することができるが、感情はそうはできない。

ところが、感情は、動作を調整することによって、間接に調整することができる。

従って、快活さを失った場合、それを取り戻す最善の方法は、いかにも快活そうに振る舞い、快活そうにしゃべることだ

(デール・カーネギー「人を動かす」より引用)

 

先ほども同じ公務員で

財産と地位を持っているのにもかかわらず

一方は幸せで、もう一方は幸せでない。

 

幸福は外的な条件によって得られるものではなく、

自分の気の持ち方1つだということです。

 

そして、

気の持ち方は、動作で工夫することができるということ。

 

つまり、笑う。

笑顔を大事にするということです。

 

 

人は幸福になろうとする決心の強さに応じて幸福になれる

全世界で500万部突破の

ベストセラー「人を動かす」の

著者のデール・カーネギーも

次のように言っています。

 

私はニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルスなどアメリカの大都会で

空調設備のある快適なオフィスに働く人たちの楽しそうな顔を目にしてきたが、

それに劣らぬ楽しげな顔を、熱帯の酷暑の中で原始的な道具を使って働く貧しい農民の間でも見たことがある。

「物事には、本来、善悪はない。ただ我々の考え方いかんで善と悪が分かれる」

これはシェイクスピアの言葉である。

(デール・カーネギー「人を動かす」より引用)

 

こういった労働環境の違いがあっても

人は幸福になろうとする決心の強さに応じて

幸福になれるということですね。

 

よく身体に障害があると「かわいそうだ」と

いう感想を持つ人がいますが、

 

ぼくの友人で全盲のママがいますが、

私にとってはこの生活が不幸だとは思ってないと話しています。

 

世間が勝手に

「かわいそうだ」と

思っているだけなんです。

 

 

まとめ

  • 幸せは自分の気の持ち方1つでどうにでもなるものである
  • 気の持ち方は、動作で工夫することができる
  • 人は幸福になろうとする決心の強さに応じて幸福になれる

 

 

公務員になったからと言って

100%幸せになれるかというと

そうではありません。

 

いかに毎日笑顔で過ごせるかというと

笑顔を大切にして人と接することがカギになります。

 

笑顔のパワーは偉大です。

 

快活になりたければ快活に話し、

幸せになりたければ、笑顔で過ごす。

 

特定の職業がどうというよりも、

それが大事なのではないでしょうか?

 

それでは、今回はこのへんで。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

 

今回参考にした本

 

 

 

あわせて読みたい

公務員になるか民間企業に就職するか迷われている大学生のあなたへ

【公務員の人間関係】人に好かれたいなら、心からの〇〇を示そう

【公務員の人間関係】信頼形成するためには〇〇を覚えること

 

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター