これはあなたのお子さんが「幸せな公務員」になる方法です

SPONSORED LINK

子どもには将来の不安がない、安定した公務員になってほしいなぁ。でも、公務員ってどんな仕事内容で、どんなふうに働くことができるんだろう?」と思っていませんか?

 

この「グッバイ公務員~チャンスの扉~」という本には、14年公務員として働いたぼくの経験をもとに、公務員の仕事内容や業界のことを書いてあります。

 

この本を読むと、

  • 9時~17時勤務
  • 残業なし
  • デスクワーク中心でラク

などの「世間が思っている公務員のイメージ」が変わり、リアルな現場での勤務の様子がどのようなものかわかるようになります。

 

 

男の子の親の5人に1人、女の子の親の10人に1人が「子どもを公務員にしたい」と思っていることが調査結果でわかっています。

出典:株式会社クラレ調査 2019年版 新小学1年生の「将来就きたい職業」、親の「就かせたい職業」

 

しかし、ぼくが役所で働いていた時、

「公務員はもっとラクだと親や先生から聞いていた」

「思っていたのと違った」

とギャップを感じている1年目の職員が毎年大勢いましたし、中には辞めてしまった後輩もいました。

公務員になるために勉強した時間・学費がパーになってしまうこともあるのです。

 

 

 

「公務員」といっても安泰な時代ではない

これからこの日本では人口がものすごいスピードで減っていきます。

住民がいなくなれば、その自治体は消滅し、「公務員」といっても絶対的に安定、安泰な時代ではなくなっていきます。

そんな時代で求められる公務員像も書いてあります。

 

あなたがもしお子さんを公務員にしたいと本気で思われているのであれば、この本を読んでから「公務員ってこんな仕事みたいだよ」とお子さんとお話してからでも遅くはないのではないでしょうか。

 

 

「グッバイ公務員」読者の声・感想


 

元公務員が14年の実体験をもとに、公務員のことをリアルに説明している本はこれまでにありません。

他では手に入りません。

 

ぼく自身、2年制の公務員の専門学校で勉強して公務員試験を受験して合格できましたが、かかった学費は220万円

大学の学内講座や予備校であれば10万円以上かかります。

 

その学費に比べ、この本の価格は900円+税

学内講座や専門学校の授業料に比べると100〜2000分の1の価格です。

 

全国の大型書店だけでなく、Amazon楽天ブックスで販売しているので、スムーズに購入していただけます。

 

全184ページの4章構成で、

第一章「ぼくが公務員になるまでのこと」

第二章「14年間公務員として働いて感じたこと」

第3章「公務員を退職した理由」

第4章「公務員退職後に挑戦すること」

について書いていて、薄めの本なので早ければ1日あれば読んでいただけます。

 

ちなみに電子書籍のnoteであれば、書籍よりも38.2%オフの600で購入いただけていますぐ読み始めることができます。

また、note版には著書には入っていないオリジナルエピソードやトークイベントの動画(今後も追加していく予定)も含んでいます。(エピソードを追加するにつれて、価格は徐々にアップする可能性もありますので興味がある方はぜひお早めに!

 

 

著書の導入部分「はじめに」と、目次無料で読んでいただけますのでいますぐどうぞ。

関連記事【無料公開】グッバイ公務員〜チャンスの扉〜「はじめに」

 

 

 

HARU(@harumizuki423

 

自己紹介公務員歴14年で退職しフリーランスへ。HARUの人生ストーリー

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター