公務員業界でいうパート、アルバイト的存在?「日々雇用職員」とは

↓ 豪華プレゼントがもらえるLINEメルマガ ↓

公務員パート興味ありの2児のママさん
ハルさん、役所で働いてるパートさんっているんですか?主人から前に「定時で上がれるだろうしラクそうだからやったら?」と言われて気になってました。試験とかあるんですかね?知りたいです。 

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 公務員のパート(日々雇用職員)の制度や仕事内容が知れる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(harumizuki423)です。

 

 

役所に務めるパートさんと言われているのは

正式には「日々雇用職員」といいます。

非正規の職員になります。

 

今回は、この

「日々雇用職員」の制度について

紹介していきます。

 

 

SPONSORED LINK


 

日々雇用職員とは

非正規の職員で、公務員試験は必要としません。

募集はハローワークを通じて行っています。

ハローワークを通じて応募するものになります。

 

面接から採用まで人事課ではなく、

所属でおこないます。

 

【賃金等概要】

  • 賃金:日給:6,500円程度
  • 交通費:支給あり
  • 勤務時間:8時45分から17時15分が一般的
  • 休日:土日祝、年末年始(12/29〜1/3)
  • 資格:パソコン技能(一太郎・ワード・エクセル等)、中型自動車免許(8t限定可、AT限定不可)

 

 

14年役所で働いていた肌感覚としては、

女性が多かったです。

土日祝日が休みなので、土日を家族と過ごしたい人だと

ライフスタイル的には合っていると思います。

 

 

 

仕事内容は採用される部署によって様々

ぼくは医大の経理や

道路管理や

精神保健・自殺予防や

広報、

生活保護

などの担当課で働きましたが、

出会ってきた日々雇用職員さんの多くは、

デスクワーク中心で、

ワードやエクセルなどでの

データ入力をよくお願いしていました。

 

数年に渡って働いている人は、

人事異動でやってくる職員よりも

職場の人間関係や資料の場所に

熟知されている人もいました。

 

職員の気遣いをしてくれる優しい人が

多かった印象を持っています。

 

 

勤務時間中はバリバリ働き、お昼休みはゆったり。

定時で退庁できますし、

サッと帰っても何も言われたりはしません。

 

 

ぼく的には

職員以上に働く人も見てきたので、

本当にデキる日々雇用職員さんは

希望すれば、公務員になれる制度が

あればいいのになぁと思っていました。

 

 

 

 

まとめ

  1. 配属される部署にもよりますがパソコンでのデータ入力が基本
  2. 土日祝日、年末年始を休みたい人はピッタリ
  3. パワハラ的な職員がいる場合、気を遣う面も(これはどこでもあり得ますね)

 

個人的には、

一度この日々雇用職員として働いてから

よければ公務員を目指すというのもアリだと思います。

役所の業界や雰囲気を実感できますよ。

 

募集がないかはちょこちょこ

ハローワークや役所のホームページを

みてみてくださいね。

 

 

それでは、

今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

 

ハル(harumizuki423

 

 

 

 

あわせて読みたい

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

下のリンク先で、

はじめに〜第1章(50ページ分)を無料公開中です。

公務員の仕事内容や業界・システムに

疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

▼関連記事

公務員として働くときは常にスーツ?服装についての考え方とは

公務員の仕事現場ではAIの導入が進んでる?

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTubeチャンネル「HARUのメンターroom

 

9800円の豪華プレゼントがもらえるLINEメルマガ




LINEメルマガ登録で無料プレゼント!
自己理解の最強ツール
「自分史の教科書」

「やりたいことがわからない」「目標はあるけど継続できない」というあなたの”人生の軸”を再発見し、心から達成したい目標を形にする画期的な教材です。(定価9800円)期間限定で無料でプレゼントキャンペーン中!




▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター