信頼される人はやっている!会話に取り入れるべき〇〇〇のチカラ

SPONSORED LINK
現役公務員のスズさん
今の職場になってから3ヶ月たちますがの人と信頼関係をつくれません。信頼される人がやっていることってどんなことでしょうか?

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 信頼される人がやっているホンネとタテマエの使い方がわかる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

毎日会う職場の人だからこそ

距離感が難しいこと、ありますよね。

仕事の時間は一日の約1/3。

毎日気持ちよく働けたら最高ですよね。

かといって新入りで場を仕切ることも難しい。。。

 

そんな中で悩んでいると思います。

 

今回は、信頼関係を育むために大切な

ホンネとタテマエの使い方について説明しています。

 

 

SPONSORED LINK


 

信頼されている人は、ホンネとタテマエの使い方が上手

人は理想(ホンネ)の

現実(タテマエ)の狭間で

日々感情が揺れ動いています。

 

当然、タテマエの話ばかり、

正論の話ばかりでは

人間味が感じられず、

堅苦しい人の印象になってしまいます。

 

じゃあどうするか??

 

 

「実はみんな思っているけど言えない」

っていうことを見抜き、認めることができると

男女も年齢も関係なく人を突き動かすことができます。

 

 

なので、まずは「傾聴」をして

聞き上手になることです。

 

▼一度身につけると一生モノの「傾聴」の仕方については下の参考記事をどうぞ!

パワハラ上司とも信頼関係を結べる?公務員が身につけるべき「傾聴」とは

 

 

事例:残業続きのあなたが話ていてうれしいのはAさんorBさん?

あなたが残業続きで

毎日終電帰りで疲れているとしましょう。

そんなあなたが次のようにAさんとBさんと

会話をしてくれました。どちらの方が嬉しいですか?

 

 

(例)タテマエ話ばかりのAさんとの会話

▼あなた

「最近仕事を抱えすぎて大変で…」

 

▼Aさん

最近あれこれ抱え込んで大変そうですね。ホント、頭が下がります。でもみんながんばってますからねぇ。

 

 

(例)人のホンネを理解できるBさんとの会話

▼あなた

「最近仕事を抱えすぎて大変で…」

 

▼Bさん

「〇〇さん、本当におつかれさまです。私も以前に〇〇さんと同じような状態になったことがあります。毎日終電で帰っていてヘトヘトでした。〇〇さんもホンネではもうこんなに多い仕事量を抱えるのは断りたいところだと思います。でもそう言えないのが雇われている側の職員ですよね。手伝えることがあったら気軽に言ってください!」

 

 

どうでしょう?

自分のホンネを認め、

言えないことを言ってくれる

Bさんの方が信頼できる人だと思いませんか?

 

会話の中には、タテマエだけでなく、

ホンネも入れて会話することが大事

であることがわかっていただけると思います。

 

 

 

 

まとめ

  1. タテマエと正論ばかりの人は信頼されない
  2. 人はホンネを認めてくれる人のことを信頼する
  3. 思い込みそうな時は、メンターに相談・確認してズレなく目標に向かって行動する

 

いくら雇われの身であれ人間ですから、

たまには労いの言葉をほしいもの。

「それくらいやって当たり前だ!」

思われてばかりでは理解されず辛いですよね。

 

 

ホンネを傾聴で見抜き、会話の中に

ホンネの話を取り入れて信頼関係を作ることで

朝スッと起きて足取り軽く出勤できる職場環境を

手に入れてみませんか?

 

 

それでは、今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

 

あわせて読みたい

職場の苦手な人との関係を改善するために必要なたった1つのこと

公務員としてのやりがいゼロ…。冷めた職場でもイキイキ働く3つの対処法とは?

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

下のリンク先で、

はじめに〜第1章(50ページ分)を無料公開中です。

公務員の仕事内容や業界・システムに

疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター