社会に対する奉仕者の心があり、行動する人はみな「公務員」という話

SPONSORED LINK
公務員志望のアヤさん
現役公務員として働いていますが、公務員ってなんなんだろうって悩んでいます。元公務員でフリーランスとして働いているハルさんから見た「公務員」ってどんな人だと思いますか??

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 公務員試験に受かった人だけが必ずしも公務員ではないというイメージが広がる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

最近周りで世の中のため、

特に子ども、学生のために

行動する人が多いです。

 

どんな人かというと、

  • 京都のカフェ&バーのスナックキャンディ京都のオーナーのぬまっちさん @tatsu_tatsu_n
  • 京都のパーソナルトレーナー 横田さん@OIMO13276982
  • 大阪の美容師の梅澤さん@charmhairresort

 

左からぬまっちさん、横田さん、梅澤さん

左からぬまっちさん@tatsu_tatsu_n、横田さん@OIMO13276982、梅澤さん@charmhairresort

 

片親世帯の子どもには無料で

食事を提供する子ども食堂を企画して

この月末に実施しようとしたり、

無料で髪を施術する行動をおこしています。

 

 

あとさらに、

彼らの想いに賛同し、

必要な食材やお菓子などを

はじめとして支援をしたいと

行動するみなさんもいます。

 

直接は行動できなくても

「いいね!」や「シェア」で

口コミや応援をしてくれる人も

関係者」です。

 

SPONSORED LINK


 

公務員試験に受かった人だけが公務員なのか?

ぼくは、過去に

「公務員ってなんなんだろう?」と

すごく考えた時期があります。

 

7、8年くらい

前のことになります。

 

 

そのころは、母が亡くなって、

「あんなパワフルだったお母さんも死ぬんだ、永久的に生きてると思ってたんだけどなぁ」

 

そんなふうに思ったし、

一番身近な人の

「死」に直面したことも

影響していたんでしょう。

 

「自分はこれからどう生きていくのか?」

 

そう思っていたら、仕事では、

奈良県の生駒市にある

エヌ・アイ・プランニングという

雑誌の出版やWebメディアを

している会社に民間企業派遣という形で

「役所の外」から役所を見ていました。

 

 

その会社で働いていた

当時20〜30代の社員は

「奈良を元気にする」と

がんばっていたし、

その姿はキラキラして見えました。

 

 

社長も若く、

「これから時代は大きく変わる」

「公務員も求められることが変わってくる」

「君はどう生きていくのか」

 

この時に自分と向き合う

機会をいただけて、

 

「公務員とは何か?」

「自分はどう生きるのか?」

 

考えて出た答えは、

漠然としていましたが、

 

「社会に対する思いがあり、行動する人はみんな公務員」

 

「公務員試験に受かった人」だけが

必ずしも公務員じゃないと気づきました。

 

この気持ちがある人は

みんな公務員なんだと。

超カッコよくないですか?。

 

 

全世界ではなく、半径5mへの奉仕から始まる

まず、生きていくにあたって

自分の生活が第一なのはみんな同じ。

ホンネはそうです。

でも、それが叶っているなら??

 

次は、「自分の周りの大切な人は

どんな状態なんだろう??」ってなるわけで。

 

いきなり

「世の中全ての人がハッピーに」とは

なかなか思えなくても、

 

自分や、家族以外の

大事な人が笑える

環境を作っていったり、

 

自分の人生で関わってくれる人が

ハッピーな世界を作れたら

それで十分じゃないかと。

 

「それをみんなでできたら

すごいなぁ」って思うんですよね。

 

絶賛もがき中ですけど、

少しずつできることを

増やしたいと思いながら

もがいてます。

 

おかげさまで少しずつ光が見えてきました。

これからも挑戦し続けます。

 

 

それでは、今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

 

 

あわせて読みたい

【公務員】オススメの本を組織内に広めたい時に実践すべきたった1つのこと

【公務員】つい飲み会に参加し後悔…。マイルールと選択と集中で人生を変える!

AIと共存できる公務員になれる!「主体的」になるための2つのコツ

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

下のリンク先で、

はじめに〜第1章(50ページ分)を無料公開中です。

公務員の仕事内容や業界・システムに

疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

ハルって誰?(自己紹介)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター