公務員の人事異動と内示の出る時期【ちゃんと知ってますか】

SPONSORED LINK
現役公務員さん
公務員の人事異動の時期と内示のタイミングを知りたい。現在、公務員として働いているけど、いつ内示や異動があるのが一般的なのかあらかじめ知っておいて準備したい。あと、内示を拒否できるかも知りたい。

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事の内容

  • 公務員の人事異動の時期
  • 公務員の人事異動の内示が出る時期
  • 公務員の人事異動の内示は拒否できるか

 

 

この記事の信頼性

この記事を書いているぼくは、

元奈良県庁で公務員歴14年。

その経験を著書「グッバイ公務員」に

書いて全国出版をしています。(Amazon楽天ブックスでも取扱)

 

そして現在、

ストーリークリエイターという

肩書きで活動しています。

HARU(@harumizuki423)といいます。

 

 

人事異動は公務員として働く中でもビッグイベントです。

仕事内容はもちろん、一緒に働く職場の人も変わるし、ライフスタイル自体がゴロッと変わることもあるのでソワソワされると思います。

 

しかし、あらかじめ人事異動の時期と内示のタイミングを知っておけば心の余裕をもつことができます。

今回は「公務員の人事異動の時期と内示のタイミング」について解説します。

 

 

SPONSORED LINK


 

公務員の人事異動と内示の出る時期

結論からいうと次の3点になります。

  • その①:公務員の人事異動の時期は「4月1日付け」が多い
  • その②:公務員の人事異動の内示が出るのは異動の7〜14日前
  • その③:公務員の人事異動の内示の拒否は基本的にはできない

 

ちなみに、

その①は、「4月1日付け」などのように新しい職場に着任する日。

その②は、所属の課長から「4月1日付けであなたは観光課で働くことになります」と伝えられる時期のことを意味します。

 

 

公務員の人事異動の時期

公務員の人事異動の時期

圧倒的に「4月1日付け人事異動」が多いです。

この理由は、役所は年度ごとに動いていることや、新規採用職員もこの時期に入って来るので「心機一転みんなで頑張ろう!」となる時期がここだからです。

 

人事異動の実体験を少し紹介します

ぼくは14年間のうちに

  • 奈良医大の経理(3年勤務)
  • 奈良県庁の道路管理(3年勤務)
  • 精神保健(4年勤務)
  • 広報(3年7ヶ月勤務)
  • 生活保護(5ヶ月~退職)

の5つの部署を経験しましたが、

最後の生活保護の部署への異動以外は「4月1日付け人事異動」でした。

 

こう話すと、

「年度途中にも異動があるんだ」と思われると思いますが年度途中の異動はイレギュラーです。

 

年度途中の異動が発生する理由としては、

  • ビッグイベントが年度途中で終わった
  • 前任者の退職、病気休暇
  • 国の省庁や他の都道府県、市町村への派遣(大規模な災害発生など含む)

というような事態が発生した時くらいです。

ちなみに広報担当から生活保護担当になった時に人事異動があったのはたった7でした。

関連記事公務員でもあまり知らない?県庁から国の省庁や・市町村役場への派遣制度とは

 

 

 

公務員の人事異動の内示が出る時期

内示が出るのは人事異動日の7日~14日前

単身赴任・遠方の場合は準備が必要なので12ヶ月前に知らされることも。

公務員はだいたい3年周期で異動になります。

 

この時期に内示が発表される理由は、議会で人事異動についてお墨付きをもらう必要があるからです。

その後でしか発表できないんですね。

この短い期間の中で、自分の仕事の引き継ぎを後任者におこない、自分は前任者から引き継ぎを受けることを大慌てでおこなっていきます。

 

引き継ぎを受ける前に、所属の課長が異動先の課長に「ええやつやからよろしく頼むわ!」と挨拶してくれたりもします。

その後、異動先の課に行って課長に挨拶したり前任者から2〜3時間の間に大量の書類を見せてもらいながら新しい仕事を覚えていきます。

 

時間がないのでまずは直近で急ぎでやるべき仕事をリストアップするので精一杯ですね。

ぼくは初めて異動を経験した道路管理の課が恐ろしいほどの書類の数だったので圧倒されたのを覚えてます。

著書「グッバイ公務員」に書いていますが、新しい職場での勤務初日は駅まで泣いて帰りました。(笑)

 

 

公務員の人事異動の内示の拒否はできるか

単身赴任・引っ越しを伴う人事異動の場合は断ることができますが、断る人は少ないですね。

その理由は、「断ったらしんどいところへ飛ばされる」と思って言えないからです。

 

ぼくの後輩の例ですが、結婚したばかりの後輩が東京へ出向となりました。

「なんで断らなかったの?」と聞いたら「しんどいところへ飛ばされたら嫌なんで言えなかったです」と言ってました。

実際のところ拒否するのは難しいでしょうね。

 

しかし、家族に介護が必要な人がいたり個別の理由がある場合はしっかり説明しましょう。

家を出られないのをわかっているのにそんな異動を命じてくるのは明らかに嫌がらせですからね。

 

人事異動を拒否して懲戒停職処分になったケース

役所の仕事は広いので全く興味のない部署へ異動することもあります。

しかし、2010年に横須賀市で人事異動の命令に従わずに職場に居座った職員が1ヶ月の懲戒停職処分が下されたケースもあるんです。

この処分の根拠は、地方公務員法第32条です。

 

地方公務員法(法令等及び上司の職務上の命令に従う義務)

32条 職員は、その職務を遂行するに当つて、法令、条例、地方公共団体の規則及び地方公共団体の機関の定める規程に従い、且つ、上司の職務上の命令に忠実に従わなければならない。

 

不服があれば、以下の救済措置があります。職員でも知らない人が多いんじゃないかな

 

地方自治法(人事委員会又は公平委員会の権限)

第8条 人事委員会は、次に掲げる事務を処理する。

2 公平委員会は、次に掲げる事務を処理する。

1.職員の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する措置の要求を審査し、判定し、及び必要な措置を執ること。

2.職員に対する不利益な処分についての不服申立てに対する裁決又は決定をすること。

 

こういう制度はあるものの、実際は内示の拒否は難しいですね。

 

なかなか希望の部署に全然異動させてもらえない場合、「自分は組織の中で大切な存在だと認められてないのかな」「もう辞めようかな」と思われるかもしれませんね。

 

著書「グッバイ公務員」に書いていますが、人口減少時代に突入し、「すべての公務員=安定」という時代ではなくなりました。

当面は公務員として働き続けるにしても、「もう辞めようかな…」と思われている場合は、独立・転職の準備を進めていきましょう。

関連記事1日ください。公務員に転職する不安に終止符を打つ方法はこちらです

 

 

 

 

まとめ:公務員の人事異動の時期は圧倒的に「4月1日付け人事異動」が多い

記事のポイントをまとめます。

  • 公務員の人事異動の時期は圧倒的に「4月1日付け人事異動」が多い
  • 公務員の人事異動の内示が出る時期は人事異動日の7日~14日前
  • 単身赴任・遠方の場合は準備が必要なので12ヶ月前に知らされることもある
  • 公務員の人事異動の内示の拒否はできない
  • 単身赴任できない個別の理由がある場合は主張しよう
  • 希望の部署に異動できず「もう辞めようかな」と思っている場合は転職、独立の準備を

 

公務員の人事異動の時期は原則「4月1日付け人事異動」が多いですが、年度途中に突然異動となる例外もあります。

後任者に迷惑をかけないように、引き継ぎ書類は日頃から準備しておくことが必要ですね。

 

引き継ぎ書類の作り方については、記事「公務員の人事異動の引き継ぎ書類の作り方【この6つで大丈夫です】で解説しているので興味があればどうぞ。

 

 

HARU(@harumizuki423

 

自己紹介公務員歴14年で退職しフリーランスへ。HARUの人生ストーリー

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター