約1週間で引継ぎを済ませるってホント?公務員の人事異動発表の時期とは

SPONSORED LINK
現役公務員のタナカさん
公務員は3〜4年に人事異動があるようですが、異動の内容が決定するのはいつ頃なんでしょうか?年度途中の異動もあるのでしょうか?教えてください。

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 役所の「人事異動」の時期のパターンがわかる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

 

人事異動の時期としては

毎年3月に発表されるものが

大規模です。

 

役所は年度単位で動くので

4月1日付けの人事異動が

一番多いんです。

 

しかし、この時期以外にも

人事異動はあります。

 

今回はそんな

「人事異動の時期」について

説明していきます。

 

 

SPONSORED LINK


 

人事異動の時期とは

大きくは下の2パターンです

  • 3月の第4週に発表される異動
  • 年度途中に発表される異動

 

人事異動の内容は議会にも

取り上げられるため、

議会終了後に発表されます。

 

地方新聞にも人事異動の内容が

掲載されていました。

 

 

 

3月の第4週に発表される異動とは

「第4週」と書きましたが、大体3月23日以降に

4月1日付の人事異動の内容が発表されます。

 

ここで

「え!?一週間ちょっとしかないじゃん!」と

思った方…そうなんです。

 

この期間の間に、

自分の仕事の引継ぎを後任者におこない、

次に自分がおこなう仕事の引継ぎを前任者からしてもらうことになります。

短いですよね…。

あっという間に過ぎます。

 

「自分は今年異動はないだろう」と

思っていたら異動になったり、

「自分は今年は異動だろうな」と

思っていたら、異動がなかったり。

 

だからいつでも引継ぎをできる状態に

しておくのが望ましいですね。

 

 

 

年度途中に発表される異動とは

年度途中で退職者が出たり

メンタルを崩した職員が

病気休暇に入った場合など、

少数ですが、人事異動がおこなわれることがあります。

 

ぼくも退職する5ヶ月前に

広報担当から生活保護担当になりましたが

その時に異動したのはたった7人。

 

2017年の11月1日付け異動。

事前には何も相談されることはありませんでした。

 

 

国や市町村、他機関への出向や派遣の場合は事前に内示が出ることも

単身赴任や引越・転居を伴う場合は

職員の負担がすごいため、

事前に教えてもらえる場合もあるみたいです。

これは例外中の例外ですね。

 

▼関連記事

公務員でもあまり知らない?県庁から国の省庁や・市町村役場への派遣制度とは

 

 

 

まとめ

  1. 大規模な人事異動は3月第4週目に発表される
  2. 年度途中の異動もある
  3. 国や市町村、他機関への出向・派遣の場合は例外的な対応もある

 

そろそろ人事異動の時期ですね。

ドキドキしている職員も

多いのではないでしょうか。

 

希望している部署に行けると良いですね!

 

 

人事異動を調整する人事担当者は

本当に大変だと思います。

 

新規採用職員のこともあるし、

何百、何千人の職員を

適材適所の職員配置にするわけなので。。。

途方もない仕事量ですね。

 

 

高松市が実施ている

「保育所への入園希望者の割り振り作業」のように

AIが導入されるとかなり変わるんでしょうか。

 

▼関連記事

1ヶ月かかる仕事が50秒で終わり?AI導入で変わる公務員の働き方とは

 

 

職員が少しでも働きやすい

環境になると良いなと思います。

 

それでは、今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

 

ハル(@harumizuki423

 

 

 

 

あわせて読みたい

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

下のリンク先で、

はじめに〜第1章(50ページ分)を無料公開中です。

公務員の仕事内容や業界・システムに

疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

 

▼関連記事

これからの時代も公務員は安泰?歴14年の元公務員が考えた定年までと定年後とは

公務員一年目でパワハラやいじめに合わないために必要な対策方法とは

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター