【公務員】県庁で一番忙しい部署は「〇〇課」で異議なし

↓ 豪華プレゼントがもらえるLINEメルマガ ↓

就活生のタケくん
県庁の中でも特に忙しい部署はどこですか??

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 県庁の中でも特に忙しい部署がわかる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

 

これから公務員になる人からすると

どんな仕事内容があるのかも

イメージしにくいと思いますし,

 

数多くある部署の中でも

どこが一番忙しいのかは

気になると思います。

 

 

今回は、県庁の中でも

特に忙しい部署について説明します。

 

SPONSORED LINK


 

【いきなり結論】県庁で一番忙しいのは、財政の担当課

財政課とは、

県の予算全体を管理し

予算編成をおこなう部署のことです。

 

  • 医療・福祉部
  • 土木部
  • 農林部
  • 地域振興部
  • 教育委員会
  • 警察 など

 

いろんな部局がありますが、

財政課の職員はこの部局ごとの担当になります。

 

土木部の担当になったら

そのほかの部の担当にはなりません。

 

 

秋からは

予算編成業務が

始まるのでものすごく忙しくなります。

 

 

土木部の中でも

  • 道路管理課
  • 道路建設課
  • 河川課
  • 砂防課
  • 建築課 など

 

いろんな課がありますが、

担当課の必要予算の根拠や

正しい積算がなされているかを

ヒアリングで確認していきます。

 

想像しただけでも

気が遠くなる作業ですよね。

 

 

帰るのが深夜になることもあるし、帰れないこともある

予算編成が始まる秋から

次年度の予算が確定する

3月下旬までは残業は当たり前で、

帰るのが深夜になることもあります。

 

電車が動いていないので

車通勤をしている人もいます。

 

これだけ過酷な仕事ですが、

ここの仕事を経験した職員は

係長になるのが早いです。

 

 

ぼくの同期でも

係長になっている人もいました。

 

 

 

まとめ

  • 県庁で一番忙しいのは、財政の担当課
  • 帰るのが深夜になることも、帰れないこともある
  • 財政課出身だと出世スピードがはやくなる

 

 

「財政課には行きたくない」

という人が多かったですが、中には

「早く出世したいから財政課を希望した」という人もいます。

 

 

数字が苦手な人や

内部管理より対外的に

組織外に向かって仕事がしたいという人は

向いていないですね。

 

それでは、今回はこのへんで。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

あわせて読みたい

公務員になるか民間企業に就職するか迷われている大学生のあなたへ

内部管理の部署ばかり異動もありえる…?公務員の人事異動事情とは

あまり知られていない公務員の(県庁)広報の仕事とは

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

9800円の豪華プレゼントがもらえるLINEメルマガ




LINEメルマガ登録で無料プレゼント!
自己理解の最強ツール
「自分史の教科書」

「やりたいことがわからない」「目標はあるけど継続できない」というあなたの”人生の軸”を再発見し、心から達成したい目標を形にする画期的な教材です。(定価9800円)期間限定で無料でプレゼントキャンペーン中!




▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター