公務員として働くには自動車の運転免許は必須?無くても大丈夫?

SPONSORED LINK
公務員志望のキヨさん
公務員はデスクワークのイメージがあります。だから自動車の運転免許が無くても大丈夫そうと思っているんですが実際運転することはありますか?ペーパードライバーなので気になっています。。。

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 役所が所有する公用車と公務員の運転事情についてイメージが広がる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

 

役所には、

「公用車(こうようしゃ)」

と言われる自動車があります。

 

 

ちなみに

公務員試験を受ける際に、

自動車の運転免許は

必須ではありません。

 

 

ぼくも公務員試験の受験時に

自動車の運転免許は持ってませんでした。

この不安な気持ち、

めちゃくちゃ気持ちわかります!

 

 

どんな時に運転する必要があるのかも

よくわからないと思います。

 

 

今回は、役所が所有する

公用車と公務員の運転事情について

説明していきます。

 

 

SPONSORED LINK


 

 

公用車とは

官公庁や地方自治体などの公的機関が業務に使用する自動車の総称。企業における社用車に相当する。 (Weblioより引用

 

種類は、普通乗用車や

軽自動車のものもあれば、

場合によっては軽トラが

あるところもあります。

 

 

どんな時に運転することになるのか

県庁職員として言えば、

職員の健康管理や

会計・経理や庁舎管理などの

内部管理の部署であれば

ほとんど自動車を運転する機会はないでしょう。

 

 

しかし、

土木部や農林部や

まちづくり、福祉担当課や

出先機関の保健所や

土木事務所などでは

現場や市町村役場や病院や警察や企業などに

自動車で行くこともあります。

 

 

市町村役場で働くにしても、

住民さんや地域の関係者の方々と

一緒に働く場合は、自動車で

現場に向かうこともあるでしょう。

 

 

人事担当課が配慮してくれる

まず、採用時にも

自動車の運転免許があるかどうかは

確認されますし、

毎年人事異動調書を出す時にも

確認されます。

 

なので、

日常的に自動車の運転免許が

必要な部署には

異動させたりはしないでしょう。

 

配属先でも、自動車の運転免許が

必要でない係に配属されることと思います。

もし出張が必要でも、電車やバス移動で

出張に行くことで事足りるでしょう。

 

 

突発的にどうしても

自動車での出張が必要な場合は、

係の人や上司が運転してくれます。

 

 

ぼくも最初は、

医大で経理をしていて、

月一回県庁に荷物を持って

出張しないといけないこともありましたが、

先輩が運転してくれましたよ。

 

お礼さえしっかり言えば

大丈夫です。

 

 

 

まとめ

  1. 公務員になるにあたり自動車免許は必須ではない
  2. 免許がなければ運転が必要ではない部署や所属に配属するように配慮される
  3. 万が一突発的に運転が必要な場合、係の人や上司に相談しよう

 

 

「公用車」という存在も

あまり知らなかったかもしれませんが、

イメージが広がったでしょうか。

 

よっぽど電車やバスが

通っていないローカルであれば

自動車がないと不便かもしれませんが、

そこも踏まえてどこの役所を受験するのか

考えた方が良いですね。

 

 

それでは、今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

 

ハル(@harumizuki423

 

 

 

 

あわせて読みたい

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

下のリンク先で、

はじめに〜第1章(50ページ分)を無料公開中です。

公務員の仕事内容や業界・システムに

疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

 

▼関連記事

公務員一年目でパワハラやいじめに合わないために必要な対策方法とは

ヘアカラーならOK?ハイブリーチは?公務員の茶髪事情とは

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTubeチャンネル「HARUのメンターroom

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター