【公務員】「税金泥棒」と言われた時のマインドを保つたった1つの方法とは

↓ 豪華プレゼントがもらえるLINEメルマガ ↓

就活生のアヤさん
公務員として働いている時、「税金泥棒!」って文句言われたことありますか?そんなふうに批判されたらどういうマインドで保っていましたか?

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 「税金泥棒」とののしられた時のマインドの保ち方がわかる

 

 

元奈良県庁職員、

公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

「税金泥棒」は、

クレームの電話でもだし対面でも

言われたことがあります。

一生懸命働いてるのにこれを

言われたらかなり切ないものです。

まぁ、けっこうヘコむわけですが、

そんな時のマインドの保ち方について今回は書いていきます。

 

 

SPONSORED LINK


 

【いきなり結論】どう評価してくるかはコントロールできない「他者の課題」

「アドラー心理学」ってご存知ですか?

嫌われる勇気」という本にも

書いてあることなんですけど、

自分がどう行動しようと

周りがどう評価してくるかは

その「他者の課題」であって、

自分がどうこうできる「課題」ではないっていう内容が載ってました。

 

 

 

これを読んだ時、

メッチャスッキリしたんですよ。

 

「あー確かに周りの人の評価を操作しようとしていたなぁ」と

自分を振り返ったんですけど、

そもそも他人を操作なんてできないっすよね。

 

自分がどうこうできるものじゃないんです。

ここにまず気付くことですごく心がラクになります。

 

 

結局は、自分自身が職業に誇りを感じられてればOK

現役公務員のあなたは

公務員についてどんな

イメージがありますか?

 

ラクしてると思います?

 

してないですよね?

 

サボってますか?

 

サボってないですよね?

 

 

仕事内容は世の中を

良くするもののためのものだし、

良いことやってるんですよ。

 

 

だから、自分次第なんです。

どう思うかは。

 

 

それは「他者の課題」ではなく

「自分の課題」なんです。

 

 

こう思えるようになるには、

最初思考の習慣をつけることが

必要になると思いますが、

続けてたら自然に

自動的に思えるようになります。

 

 

「自分は世の中のために働いてる」って。

 

 

確かに仕事っぷりを評価してくるのは

「他者の課題」です。

自分が「ぁぁ、ここまだまだだなぁ」と

できてないことも

受け入れることは大事ですけど、

これからできるように

なっていけば良いし、

必要以上に自分で自分を否定する必要はないです。

 

 

まとめ

  • どう評価してくるかは「他者の課題」
  • 自分自身が職業に対して誇りを感じられていればOK

 

嫌われる勇気」は、

仕事だけじゃなく、家庭や

プライベートの人間関係にも

応用できるので、

人間関係で悩んでいる人は

一度読んでみてはどうでしょうか。

 

今日より気持ちが明るくなって

よりよい人生を歩めるようになりますよ。

 

それでは今回はこのへんで。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

今回参考にした本

 

 

 

あわせて読みたい

公務員になるか民間企業に就職するか迷われている大学生のあなたへ

【公務員VS民間】就活生必見の「公務員だからこそできること」

3年後の自分はどんな自分…? 公務員の安定か好きなことへの挑戦か

 

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

ハルって誰?(自己紹介)

 

9800円の豪華プレゼントがもらえるLINEメルマガ




LINEメルマガ登録で無料プレゼント!
自己理解の最強ツール
「自分史の教科書」

「やりたいことがわからない」「目標はあるけど継続できない」というあなたの”人生の軸”を再発見し、心から達成したい目標を形にする画期的な教材です。(定価9800円)期間限定で無料でプレゼントキャンペーン中!




▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター