公務員の「モチベーション低下」は〇〇ができてないせい?その理由と対策とは

SPONSORED LINK
現役公務員のナカさん
公務員として働いていますが、どうもモチベーションが上がらなくて…。元公務員のハルさんとしてはモチベーションをどうやって上げていましたか?考えがあれば教えてください。

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 公務員としてモチベーション高く働けるようになるために必要な知識が得られる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

 

モチベーション下がることありますよね。

特に変化のないルーチンワークを

している時によく下がってました。

 

どうやったらモチベーションが上がるか?

いきなり結論からなんですが、

このツイートを見てください。

 


このツイートにあるように

「消費」と「生産」

キーワードです。

 

 

今回は、このキーワードを元にして

公務員としてモチベーション高く

働くにはどうすればいいか

説明していきます。

 

 

SPONSORED LINK


 

2つのキーワード「消費」と「生産」とは

ぼくが思う「消費」と「生産」

次のようになります。

 

消費とは

時間を使っているものの「成果」が見えず、

経験値が上がっていることを実感できない行為。

 

具体的には、

  • 上司のこだわりに沿って資料作成に付き合うこと
  • 音声データはあるのに文書主義のための文字起こしをすること

 

 

生産とは

時間は使うものの「成果」が見え、

経験値が上がっていることを実感できる行為。

 

具体的には、

  • ブログの記事のように、後からでも利用できる「ストック(資産)」を生み出すこと
  • 住民・お客さんにお礼を言われること

 

 

意識の高い公務員が求めるのは生産行為

消費メインだと、

仕事はお金を変換手段ですが、

生産メインだと、

仕事そのものが生きがい。

 

 

このブログでいうと

記事はストック(資産)になり、

必要な人が見つけて利用してくれます。

数字としても「記事数+1」になります。

 

 

対して、単純作業のルーチンワークは

ストックにはなりません。

最初は新鮮ですが、いつか慣れます。

そして飽きます。

 

 

 

飽きている消費行為はモチベーションを下げる

「ラーニングゾーン」をご存知でしょうか?

(このブログの他の記事でも伝えているので

被っていたらすいません)

 

「ちょい難」で、がんばったら手が届く

エリアに挑戦することで、ドーパミンが分泌され

ワクワクした状態になります。

 

難なくできるルーチンワークは

「コンフォートゾーン」内の行為です。

ワクワクもしないし飽きています。

(「パニックゾーン」は、

恐怖や不安を強く感じるエリアなので注意しましょう)

 

 

脳科学的にも

モチベーションを上げるには、

生産行為でなおかつ「ちょい難」なことに

挑戦することが必要ということですね!

 

 

しかし、意識高くて

チャレンジングな職員の声で多いのが

「上司が失敗を怖がって挑戦させてくれない」ということ。

 

職員のモチベーションを上げるには、

マネージャーのマネジメント力や

コーチング力はとても重要ですね。

 

 

 

まとめ

  1. 生産とは時間は使うものの「成果」が見え、経験値が上がっていることを実感できる行為
  2. 意識の高い公務員が求めるのはストック(資産)を生み出す生産行為
  3. 「ちょい難」なことに挑戦することが重要
  4. 部下の挑戦を許容する上司の理解が必要

 

「あと◯時間で仕事が終わる♫」

「あと◯日で週末だ♫」

という時間を消費していく働き方から

 

「今日は〇〇を生み出せた!」という

やりがいを感じられる働き方に

チェンジしてみてはどうでしょうか。

 

 

それでは、今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

あわせて読みたい

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

下のリンク先で、

はじめに〜第1章(50ページ分)を無料公開中です。

公務員の仕事内容や業界・システムに

疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

 

▼関連記事

パワハラ上司とも信頼関係を結べる?公務員が身につけるべき「傾聴」とは

メリット?デメリット?公務員の「人事異動」の活かし方とは

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTubeチャンネル「HARUのメンターroom

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター