公務員は無駄な仕事してる人が多い…?いや、それシステムの問題です

SPONSORED LINK
公務員志望のハルカさん
公務員は民間企業と比べて「機械的な人」や「サボる人」が多いってよく聞きますけど、本当ですか?

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 公務員の働き具合のイメージが広がる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

 

ぼくの後輩で、民間企業から

公務員に転職した、Iさんがいます。

(著書「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」にも書いていますが)

 

 

その人と仲良くなって

いろいろ話しているうちに

民間企業と公務員を対比させていると

意外なことがわかったので、

それを今回はシェアしたいと思います。

 

 

SPONSORED LINK


 

【いきなり結論】公務員だからといって特別、機械的だったりサボる人が多いというわけではない

公務員が特別機械的な人が多かったり、サボる奴が多いってわけじゃないってのが逆に意外でした。

ある程度の規模の会社ならサボったり仕事ができない人はそれなりにいます。

真面目で一生懸命な人が多いし、「ラクできて良い」というより、地域を良くしようと思っているものの、悩みながら働いてますね。(後輩Iさん)

 

ぼくは専門学校卒で

いきなり公務員になったので

この対比ができなかったんです。

 

「ある程度の規模の会社なら

サボったり仕事ができない人は

それなりにいる」っていう感想が新鮮でした。

 

ニュースでコメンテーターが

「公務員はサボれてラクできて良い」

ということを話しているのを見ますが、

大半の職員は上司の指示や命令を受けて

真面目に働いています。

 

公務員だけに限らず日本の生産性が低いのはシステムの問題

「日本は労働時間の割には

生産性が低い」と

言われていますよね。

 

 

コメンテーターの

みなさんがいっている

「サボり」は、労働時間の量や

勤務態度ではなく、

「どれだけの価値を生み出したか」を

言っているのだと思います。

 

 

「価値」を生み出すということは

上の図で言う、②であり、

緊急ではないけど、重要なこと。

 

 

住民や地域の実態、事実把握をして

それを解決できる政策を作ったり

関係者とのつながりを作って

みんなで解決していくような仕事です。

 

本当はここに一点集中できれば

ガラッと地域は変わります。

 

 

職員が力を入れるべきなのは

緊急で重要な

「締め切りのあるもの」や

「理不尽なクレームへの対応」や

「災害復旧対応」などでもない。

 

 

緊急でもないし重要でもない

会議のテープ文字起こしや

相談業務の文字起こしや

スタンプリレーのような決裁手続きではないわけです。

 

①、③、④の仕事が

おそろしく多いので、

②に集中できていないんですよ。

 

 

役所の経費で大きいのは人件費。

職員が②に力を注ぎ、

やりがいを感じられる事業の仕分けや

人事評価システムがあれば

かなり生産性は変わると思います。

 

 

学歴もあって、

マジメな職員が多いですからね。

 

 

 

まとめ

  1. 公務員だからといって特別機械的、公務員だからサボる人が多いというわけではない
  2. 公務員だけに限らず日本の生産性が低いのはシステムの問題

 

大事なことなので

もう1度言いますが、

今必要なのは、

公務員や会社員にダメ出しすることではなく

働きやすいシステムを

作ってあげることです。

 

 

日本の生産性が低いのは、

公務員だけじゃなく、

企業でも②に力を注げない

システムになっている会社が

多いっていうことですから。

 

 

それでは今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

 

あわせて読みたい

AIと共存できる公務員になれる!「主体的」になるための2つのコツ

公務員は勝ち組…?元公務員歴14年フリーランスが思う公務員の印象とは

 

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

下のリンク先で、

はじめに〜第1章(50ページ分)を無料公開中です。

公務員の仕事内容や業界・システムに

疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

ハルって誰?(自己紹介)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター