公務員試験に落ちたからといって負け組ではないたった1つの理由

SPONSORED LINK
現役公務員のタエさん
公務員試験に落ちてしまい、親も残念そうにしているので、ヘコんでいます。これからどう働いていけばいいと思いますか?

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 公務員試験に受験し、これからリスタートするマインドがつく

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

 

公務員試験勉強のために

毎日がんばったのに結果が

出なくて残念でしたね。。。

 

 

自分自身もですけど、

周りの、特に親の残念そうな

顔を見たら余計に気分が

落ちてしまうと思います。

 

 

しかし、

「公務員になれば幸せになれる」

「一生安泰だよ」

というような言葉を親や周りが

言っていたから公務員試験を

受けたという人には、

 

むしろチャンスだとぼくは思います。

今回はその理由について説明していきます。

 

 

SPONSORED LINK


 

親や周りの公務員への価値観は15年前から変わっていない

「公務員=安定」

「公務員=ノルマなし」

「公務員=終身雇用」

「公務員=ラク」

 

ということは、

ぼくが公務員になる前から今も

 

ズーーーーーーッと

 

 

言われていることです。

 

 

昔はそうだったかもしれませんが

今はもうかなり変わってます。

時代が変わったんです。

 

 

どんなふうに変わったのかというと、、、

 

 

人口が減って消滅する自治体に安定も終身雇用もないし、ラクもない

自治体(まち)にも、

消滅するところと

消滅せずに残るところが

出てくるということです。

 

 

人口がゼロになったら

当然、職員はゼロになります。

 

 

理由は、住んでいる人がいないからです。

 

 

 

その状況で

「今から人を!まちに呼び戻そう!」

って言ってできるのであれば、

そうなる前にもできてたはず。

 

まちに人が戻る可能性は極めて低いですよね。

 

 

そういう状態になる前にまちを安定・発展させないといけない

「まちを安定・発展させる」

っていうことを具体的にいうと、

  • 住んでいたい
  • 訪れたい
  • まちの今後が楽しみ

という感情が湧くまちにするということ。

 

これは相当難しいし

ラクなことではないですよね。

 

ここまで説明しただけで、

そんなことになるなら

もう公務員を目指すのは

やめておこうってなる人もいれば、

 

「受験する役所はしっかり選ばないと

ダメなんだなと思う人もいれば、

「このまちが大好きだから、

未来に残せるようにがんばる!」

いう人もいるでしょう。

 

 

あなたはどうですか??

まだ公務員を目指しますか??

 

 

時代の変化に対応して自分を変えていけるのかが一番大事

これからAIが導入されてくる時代では、

公務員であれ会社員であれ、

フリーランスであれ、

 

決められたことや

言われたことに従ってばかりでは

変化のスピードがものすごい時代に

対応することができません。

 

 

公務員になると、

言われたことに

従うように指示や命令を

されることもあります。

 

 

公務員になっても、

それに慣れてしまっては

ダメなんです。

 

 

役所の看板で自慢するのではなく

自分の看板を磨き、

自分自身のブランドで

勝負していかないと、

自治体が破綻した時に生きていけません。

 

 

これからの時代は、

自分の頭で考え主体的に働ける人が

生き抜いていけると、

メンタリストDaiGoさんも言っています。

 

 

 

変わっていくことに慣れよう

順風満帆で余裕をこいていた人は

普段から変化する必要はないし

自分磨きをしていないので

いざ時代の変化が襲ってきた時に対応できません。

 

 

でも、挫折を経験したことで

絶えず自分を磨くために

時間とお金を注いでいる人は

変化を乗り越えていくことができます。

 

 

DaiGoさんも大学受験で挫折し、

宅浪して、東大に入れずに

慶應に入って、

 

「このままだとマズイ」

「周りと違うことをしないと」

 

と思って、

メンタリストの活動を始めたそう。

 

 

そこからはご存知の通り、

テレビに出て活躍し、

そのあとはビジネス系のセミナーや

コンサルティングを行い、

今は、ニコニコ動画で有料動画配信をして

540円の会費で7万人ほどの会員数を獲得しています。

 

 

絶えず、自分を磨き、

新しい挑戦して、

乗り越えていくことこそが

今の時代で一番求められていることです。

 

 

公務員試験の挫折があったと思いますが、

ここからまたリスタートをきってもらえたらと思います。

 

 

 

まとめ

  1. 親や周りの公務員への価値観は15年前から変わっていないから気にしなくていい
  2. 時代の変化に対応して自分を変えていけるのかが一番大事

 

 

公務員試験と大学受験って

似てますよね。

 

 

今回は、最後にDaiGoさんの

大学受験に失敗した人向けの

動画を紹介して終わります。

 

勇気をもらえますよ!

 


それでは今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

 

あわせて読みたい

公務員は勝ち組…?元公務員歴14年フリーランスが思う公務員の印象とは

ビジネス・対人関係の悩みにはこの1冊!D・カーネギーの著書「道は開ける」とは

【5分でわかる書評】「学びを結果に変えるアウトプット大全」/樺沢紫苑

 

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

 

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

ハルって誰?(自己紹介)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター