〇〇〇は忘れずに!公務員として勤務初日にすべき3つのこと

SPONSORED LINK
公務員試験に合格し間も無く職員のアキラさん
公務員として採用され、辞令を受け取った初日は具体的にどんな1日になるのでしょうか?イメージしておきたいので教えてください。

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 公務員として採用され、辞令を受け取った初日のイメージがわかる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

 

職員として採用され、

辞令を受けた初日のことを考えたら

ドキドキしますよね。

 

「どんな1日になるんだろう?」と

思う方もいると思います。

 

今回は、そんな

「公務員として勤務する初日」について

説明していきます。

 

 

SPONSORED LINK


 

公務員初日におこなうこととは

大きくは下の2つです

  1. 辞令交付式に出席する
  2. 配属先、関係課での挨拶
  3. 勤務経路設定や保険証発行依頼、給与振込用の銀行口座の設定などの事務手続き

 

あっという間に終わると思います。

では、1つずつ見ていきましょう。

 

 

1.辞令交付式でおこなわれること

  • 配属先の発表
  • 成績首席であれば、宣誓の役割がある
  • 知事や市町村長からのメッセージ

 

この3つです。

配属先はこの日に発表されています。

約1時間ぐらいで終了すると思います。

 

 

2.配属先、関係課での挨拶

辞令交付式が終わると、

出先の事務所などの場合、

そこの職員が迎えにきてくれます。

 

役所内の部署であれば、部長に挨拶したり

配属される課で挨拶をしたりします。

 

そのあと、上司や先輩と一緒に

仕事に関係のある部署に移動して

そこでも挨拶周りをすることもあります。

 

 

3.勤務経路設定や保険証発行依頼、給与振込用の銀行口座の設定などの事務手続き

「勤務経路」というものがあるんですが、

簡単にいうと、家から職場まで

どんな交通機関を使って出勤するのかどうかです。

 

これを設定する理由は、

万が一事故にあったりケガをした時に

公務災害の認定に関わってくるからです。

 

職場の上司にも出勤するまでに

どれくらいかかるのかわかりますしね。

 

 

病院に通う時に使う健康保険証の

発行依頼も福利厚生の担当課へおこなう必要があります。

依頼する様式があると思うので、配属先の上司に聞いてくださいね。

 

 

あと、給与が振り込まれる銀行口座の設定など

事務手続きをすませるように指示があると思います。

 

決裁を回さないといけないので、

ハンコは必ず持っていくようにしましょう。

 

初日はこういった設定や、

自分の仕事内容を確認しているとあっという間に

昼休みになっていると思います。

 

 

初日のお昼ごはんはどうするか問題

お弁当を持っていくか

悩むかもしれませんが、

初日は持って行かない方が良いかもしれません。

 

というのも、

新規採用職員が配属された係では

係でご飯に行くことも多いからです。

 

ぼくも14年間勤めているうちに

新規採用職員が係に入ってきたことが

何度もありますが、初日は一緒に外や食堂に食べにいってました。

 

よっぽど食堂もコンビニもない

ところでない限りは、

お弁当持参しない方が良いと思います。

お昼を食べながら自己紹介もできますしね。

 

昼からは、

自分の仕事の前任を務めていた先輩がいたら

その人から教えてもらいながら

仕事を少しずつ進めしていく流れになると思います。

 

初日なので先輩もいきなり残業を迫ってくることもないですね。

定時を過ぎたら帰宅することになるでしょう。

 

 

まとめ

  1. 辞令交付式に出席して配属先を知る
  2. 配属先や、部長、関係課に挨拶周りをする
  3. 勤務経路など事務手続きを進める
  4. 決裁をする必要があるのでハンコは必ず持っていくこと
  5. お昼ご飯はなるべく持参しない
  6. 前任を務めていた先輩に聞きながら仕事を少しずつ進める

 

 

今思い出してみても、

初日はあっという間に過ぎました。(笑)

 

緊張感もすごいと思うので

夜も21時頃にはグッスリ眠れると思います。

 

初日を少しでもイメージできて

緊張感が和らいでもらえると嬉しいです。

くれぐれもハンコは忘れないようにしてくださいね。

 

では、今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

 

ハル(@harumizuki423

 

 

 

 

あわせて読みたい

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

下のリンク先で、

はじめに〜第1章(50ページ分)を無料公開中です。

公務員の仕事内容や業界・システムに

疑問がある人はぜひチェックしてください。

 

▼関連記事

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

 

▼関連記事

これからの時代も公務員は安泰?歴14年の元公務員が考えた定年までと定年後とは

公務員一年目でパワハラやいじめに合わないために必要な対策方法とは

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター