【公務員】上司が話を聞いてくれない時にチェックすべきたった1つのこと

SPONSORED LINK
現役公務員のアキさん
上司が私の言うことに耳を傾けてくれません。かなりストレスです。どう対応したらいいでしょうか?

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 上司との関係がうまくいかない時にチェックすべきポイントがわかる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

 

意見や感想を聞いてくれないとか

こちらに興味がない上司と

人間関係が悪いと

毎日の出勤もおっくうになりますよね。

 

 

信頼されていないとかプライドも

傷つくものです。

 

今回は、上司との人間関係が

うまくいっていない時にチェックすべき

1つのことについて書いていきます。

 

 

SPONSORED LINK


 

チェックすべき1つのこと:あなたは上司の話を聞いていますか?

ついつい忘れがちなのが

上司といっても人間だということです。

 

人間は、自分の話を

聴いてくれない人や

理解してくれない人の話は

なかなか聞けないものですよね。

 

 

「上司=部下の話を聴くもの」という価値観は、

逆に上下関係を主張していることにもなります。

 

 

上司と部下の関係は、

立場は違えどフラットが

理想的だと思うんですね。

 

 

フラットな人間関係には、

傾聴・共感がカギとなります。

 

 

なかなか部下からは

アプローチしにくいかもしれませんが、

 

下の記事を参考にして

「あ、これ取り入れてみよう」

と思うところがあれば、

実際に上司とコミュニケーションを取る時に試してみてください😌

 

傾聴・共感で信頼関係を作る際の参考記事

パワハラ上司とも信頼関係を結べる?公務員が身につけるべき「傾聴」とは

 

まとめ

  1. 上司といっても人間であることを前提にしましょう
  2. あなたは上司の話を聞いているかチェックしてみましょう
  3. 「2」で詰まっていたら傾聴・共感でフラットな人間関係を作ってみましょう

 

今回の記事は、少しあなたを

非難しているような耳の痛い話

だったかもしれません。

 

この記事を書いた理由は

過去にぼく自身が

上司の話をあまり聞けていなかったことや

「上司=部下の話を聞くもの」と思っていたからです。

 

 

上司になったからといって

アニメ「こち亀」のホンダさんみたいに

ガラッと人格が切り替わるわけもありません。

 

 

変えられるのは自分だけ

コントロールできるのも自分だけなんですよね。

 

ん〜、、、歯がゆい。

 

 

でも、その状況はあなたにとっても

今のあなたに必要だから起こっているのかもしれません。

あなたの挑戦を応援しています。

 

それでは今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

ハル(@harumizuki423

 

 

 

あわせて読みたい

これって公務員業界だけ?資料作成で細かいことばかり言ってくる上司の対応方法

AIと共存できる公務員になれる!「主体的」になるための2つのコツ

「人脈」の意味わかってる…?人生を変える「人間関係の三方向の力」とは

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

ハルって誰?(自己紹介)

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター