【公務員の退職】上司に辞表を出す時期は?いつまでにいうべき?

SPONSORED LINK
現役公務員のリョウさん
公務員を退職します。上司に退職の意思を伝えるなら辞める日から何ヶ月前に伝えるべきでしょう?ハルさんはいつ言いましたか?

 

こういった質問について、お答えします。 

 

この記事を読むメリット

  • 公務員だからこそできることのイメージがわかる

 

 

元県庁職員、公務員歴14年の

ストーリークリエイター

ハル(@harumizuki423)です。

 

公務員を辞めて

1年になろうとしています。

 

辞める時は色々と

モヤモヤしていました。

 

退職後のこともそうですが、

係のことや課の上司にどう

説明しようかと思っていました。

 

そんなぼくの体験をもとに

退職を告げる時期について

書いていきたいと思います。

 

SPONSORED LINK


 

 

【いきなり結論】退職希望日の3ヶ月以上前にはいうべき

なぜ3ヶ月前なのかというと、

  • 後任者の異動を人事課に調整してもらう必要がある

 

これが最大の理由です。

 

3月末に辞めるのに

2月末に辞表を出しても

人事課からしたら

「聞いてないよ」と

ビックリさせることになります。

 

毎年4月1日付けで

大きな人事異動がありますが

そこで自分の後任者が来ないと

欠員になってしまいます。

 

こうなると残された係員に

負担を与えてしまいますよね。

 

ここは注意すべきポイントです。

 

 

年休の取得については上司・係と調整を

ぼくの場合は、

上司や係の寛大な協力のおかげで

独立に向けて準備をするために

年休は全て取らせてもらえました。

 

このためにも早めに退職の意向を

伝えておくことで、調整してもらいやすいのではないでしょうか。

 

 

まとめ

  • 退職希望日の3ヶ月以上前にはいうべき
  • 年次有給休暇については上司・係と調整を

 

 

ぼくの場合は、

退職の意思は1225日に伝え、

2月頭に正式に辞表を出しました。

 

退職するかどうか

悩んでいる人からすると

早めに辞表を出すのは

怖いかもしれませんね。

 

後任者の欠員が

出ないようにだけ注意し、

ゆっくり進めていきましょう。

 

それでは、今回は以上となります。

ありがとうございました。

 

 

ハル(@harumizuki423

 

 

 

あわせて読みたい

安定か挑戦か…?元公務員が退職時に考えていたこととは

なぜ彼女は公務員を退職したのか?元草津市役所職員 吉川真実

公務員歴14年の35歳が退職してフリーランスになって請求される住民税の金額とは

 

 

 

▼ハルのSNS

Twitter

Instagram

YouTube

 

 

 

公務員歴14年の経験とこれからの生き方を綴った

ぼくの著書「グッバイ公務員」を全国の大型書店、

アマゾン、楽天ブックスなどで販売中です。

 

「グッバイ公務員〜チャンスの扉〜」

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

▼この記事を今すぐSNSでシェアする▼

ABOUTこの記事をかいた人

HARU/ストーリークリエイター

35歳、2児の父だけど公務員歴14年で退職してフリーランスに。著書『グッバイ公務員』を書籍化するためクラウドファンディングを行ったところ、38日間で115人から609,806円を支援してもらいSUCCESS!!/”安定を捨てての挑戦”を身をもって示します。職業:ストーリークリエイター